人気ブログランキング |

ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Gibson Les Paul ( 3 ) タグの人気記事


2015年 08月 15日

ギターアホのギター自慢!!


このところ朝夕でやっと涼しくなってきました。
今日は夕方凄い雷雨に見舞われ、おかげで今夜はとても涼しい夜を迎えています。
でも、天気予報を見ると、明日はまた暑さが戻るのだとか??
もぉいいよ〜40℃近い気温は!!
このまま秋に突入しよ〜よ!!
そんなコト思いながら、涼しい部屋でブログを書いております。
窓を開けると涼しい〜〜、そんな季節に一日も早くなって欲しいモンですね。
も〜少しかなぁ??


***

***


おぉ〜、ギターアホ仲間のマロンちゃんがギター持っていらっしゃいましたぞ!!

ん?2本持って来たの?2本買ったん??

早速1本目を観せていただきましょ♪

Gibsonのエレキ?新しいタイプのハードケースだねぇ!
c0123295_1213980.jpg

このスタイルのケースって、中身一体なんだろ??

ジャ〜ン!!
c0123295_1221216.jpg

 『Gibson LesPaul100』さんです。
c0123295_1244324.jpg

キレイなチェリーサンバーストのボディカラーですねぇ。

まさに、The Gibson LesPaulと呼ぶにふさわしいカラーリングです。

しかも、トップのメイプル材にトラ目がビッチリ入ってますねぇ〜♪♪

で、ボディの裏側を見ると、アレ?
c0123295_1231629.jpg

ヘッドのこのペグのとこ何か機械が付いてる?
c0123295_1233735.jpg

わぉ!!これって噂の『ロボットチューナー』ですかぁ!!

要するに、各弦のチューニングをこのロボットチューナーくんが、オートマチカルにやってくれちゃう訳ですよ!!

しかも、マロンちゃん曰くレギュラーチューニングはもちろんのこと、マロンちゃんが多用するOPENチューニングまでも瞬時に合わせてくれちゃう。

凄い!!便利!!欲しい!!

早速、チューニングを狂わせてロボットチューナーくんに合わせてもらいましょ。

ギュイーンってな軽快な音とともに、ほんと僅かな時間でペグを回転させ合わせてしまいました。

いいなぁ〜、便利だなぁ〜、これいいなぁ〜、わっしチューニング嫌いだからなぁ〜。

しかも、フロント側のリア側トーンつまみの部分にあるトグルスイッチが付いていて、何とブーストスイッチになっているそうです!!
c0123295_1241028.jpg

これもまた、わっしのようにエフェクターを足で操作するのが苦手な人にはほんとありがたい装備なのであります。

なんとこのLesPaulさん、マロンちゃんの次男くんがコンテストでベストギタリスト賞の商品で頂いたモノなのだとか。

次男くん、すっげ〜〜!!でも、このギター興味ないってコトで、マロンちゃんのギターとトレードしたんですって!!優しい息子を持って幸せだねぇ、マロンちゃん。

今度、このLesPaul使ってライブやろうね♪

楽しみにしてっからね!!

さてさて、次のギターを観せてもらいましょっかねぇ♪

ん?これは、Fenderのギターですかぁ?オーソドックスなスタイルのギターですねぇ。
c0123295_126417.jpg

 『Vanzandt Bronson(ヴァンザント ブロンソン)』さんです!!
c0123295_1271917.jpg

ちょいと見は、Fender Mustangさんにとても似たスタイルです。
c0123295_1283778.jpg

白いピックアップカバーとか、ベッコウ柄のピックガードとか、とってもレトロチックなデザインに好感がもてますよね。
c0123295_1264985.jpg

ボディは軽量に設計されていて、指板材にマダガスカル・ローズウッドを使用したり、ハンドワイアリング・ピックアップを搭載。

'50~'60年代の塗装剤と同じ「ニトロセルロース・ラッカー」を下地から使用してるので、塗装の厚さが現在のものより薄く仕上げられて「木の鳴り」をダイレクトに響かせちゃう。
c0123295_1274348.jpg

地味な印象は受けるものの、なかなかどうしてとっても拘った作りになっています。

そして24インチ・スケールは、マロンちゃんのスライドギターにはピッタリのスペック。

こりゃ楽しいサウンドが出来ちゃうよねぇ、マロンちゃん♪

こりゃ、シブクリカンのライブが楽しみになって来たぞ!!

マロンちゃん、ライブの時には出し惜しみしないで、ステージにギターいっぱい並べてね。

わぁ、ほんとにライブ楽しみになって来たぞ!!

早く練習し〜よおっと♪


***

***


珍しくマロンちゃんにしては、超まともなギターでしたね。
早く、この2本をライブで弾くマロンちゃんの姿、早く観たいですよね。
楽しみだなぁ♪
あ?その時わっし何のギター弾こうっか?
考えておかなきゃ!!
って、その前に曲作って練習してだよな。
んし、がんばるべ!!

んじゃ、まったねぇ〜!!


by crabcraft | 2015-08-15 01:37 | ◆GUITER'S | Comments(0)
2013年 07月 27日

ステキな刺激貰っちゃった!!


もの凄いデカい雷鳴を響かせ、たった今雷が通過して行きました。
ここ、群馬の雷は想像を絶するデカさ!!
特に今日のは、デカかったぁ〜。
大地を引き裂くような、バリバリバリドッシ〜ン!!ってな雷鳴は
さすが群馬の子供達もビビっちゃうでしょ。
他県からいらしてこれを体感したら、きっと即時泣いちゃうよね。
あのサウンドは、再現できねぇ〜だろ〜なぁ!?
それくらい凄い雷が通過して、今はちょっと涼しくなりました。
ん〜、夏到来ですな!!


・・・

・・・

先日、また凄いの持って来て下さった方がいらっしゃいます。

世界中に、コイツのサウンドに魅了されたヤツらが居ます。
c0123295_19142688.jpg

   『Gibson Les Paul Delux』さんです。

オーナーさんのお話で、1970年代後期に購入したモノみたいです。

おぉ〜、使い込まれていい味でてるじゃん!!

カラーは、タバコサンバースト。

オリジナルのミニハムバッカー・ピックアップから
c0123295_1916079.jpg

オーナーの嗜好でP-90シングル・ピックアップに改装されています。

いい趣味なさってる!!わっしも、迷わずそうしますな。

で、もう1カ所の改装はペグ。
c0123295_19155529.jpg

オリジナルのシャーラーから、グローバーに改装。

これも、オーナーさんの趣味で交換したものです。

ネックのヤレ具合、飴色に変色したバインディング
c0123295_19164657.jpg

そして、ピックガード上部にピッキングでの塗装剥がれなどなど。
c0123295_1916453.jpg

40年近くオーナーさんの歴戦を物語る、ステキなステキな証しの数々。

これって、誰にもマネ出来ないオンリーワンなモノなんですよねぇ。

かっこいいなぁ〜!!

これからも、ずっと大切に弾き込んであげてくださいねぇ。

で、もっとボロくなったら、また見せてあげて下さいね。(がはは!失礼)

ありがとうございました♪


・・・

・・・


あ!オーナーさん、あのレスポールでどんな曲弾いてんだろ?
忙しくて聴き忘れちゃったよ。
まいっかぁ、次回いらっしゃって下さったら聴いてみよ。
あそこまで使いこなすと、ほんとカッコイイよなぁ。
わっしも、がんばって使い込んであげなきゃ!!
ステキな刺激貰っちゃったなぁ。
ありがとうございました!!

んじゃ、まったねぇ〜!!


by crabcraft | 2013-07-27 19:32 | ◆GUITER'S | Comments(0)
2012年 07月 02日

レスポールが重た過ぎたんだろ!【Gibson Les Paul 特集】


いやぁ〜、晴れましたなぁ〜!!
梅雨の合間の快晴ってことで、たまにはいいですよねぇ。
梅雨後半のこれから、雨降らないと作物が参っちゃうからそれはダメ。
例年通り『普通』の梅雨であればいいですよね。
最近、この『普通』ってえ基準がどこだか解んなくなって来ちゃった。
わっしがガキの頃に、最高気温40℃!!なんてありませんでしたから。
これって、繰り返すと『普通』になっちゃうよね。
あ〜、恐い恐い、地球ど〜なちゃってんだろ?
ま、わっしらがそうしちゃったコトに間違えはないんですけどね・・・。


さぁ、またしてもやってまいりました。
前回は、ジャパン・ヴィンテージのGreco特集で、クオリティー高く珍しいギターを持って来て下さったレミン先生。
あぢゃ〜、今回も強烈なモノ持って来ちゃいましたよぉ〜!!

御託はいいから、ちゃっちゃと紹介しろですって??ハッシー校長厳しいなぁ〜。
んじゃ、早速ちゃっちゃと紹介致しましょう。

【Gibson Les Paul Standard】
c0123295_18594039.jpgc0123295_1859595.jpgc0123295_1901495.jpg

わぉ〜、きれいなチェリーレッド。バースト・カラーでないレスポールさんって珍しいですよね。
ビートルズのジョージ・ハリソンが弾いていたレスポール『 Lucy』さんのレプリカ・モデルです。
本物は57年12月出荷のPAF付ゴールドトップでビグスビー仕様だったモノを、SGのチェリーレッドに塗替えたもの。
映画『Let It Be』のセッションで見ることが出来ます。特徴はセンターから大きくずれたトップのシーム位置。
本家本元Gibsonが出したリイシューモデルって、やっぱスゴいや!!

■ボディー/メイプル&マホガニー
■ネック/マホガニー
■指板/エボニー
■ペグ/グローバー102N
■PU/PAF
■フィニッシュ/チェリーレッド


【Gibson Les Paul Custom】
c0123295_1905444.jpgc0123295_191143.jpg

ま〜た、スゴいの出て来ちゃったよぉ〜!!
そう、『ブラックビューティー』の愛称で有名なレスポール・カスタムさんの登場だぁ。
愛称の通り、ボディカラーはブラック。そして、オールマホガニーボディーだけに与えられた愛称でもあるんです。
上のスタンダードさんに続き、またしても1957年製のカスタムさんのリイシューしちゃいました。
もちろんGibson社のCUSTOM SHOP製で、『 Historic Collection』として発売されたものです!!
*BACKの撮影し忘れました!ごめんなさい。

■ボディー/マホガニー
■ネック/マホガニー
■指板/エボニー
■ペグ/Vintage Tulip Tuners
■PU/BurstBucker
■フィニッシュ/ブラック


【Gibson Les Paul Standard80】
c0123295_1933166.jpgc0123295_193509.jpgc0123295_19489.jpg

レスポール80(エイティー)と呼ばれる、80年代初期製造のHeritage シリーズのレスポールさんです。
ブラウン・サンバーストがシブさを醸し出してますなぁ!!しかも、トラ杢もキレイです!!
50年代レスポールのリイシューモデルとして登場。たしか80年と81年の2年間だけの生産だったかな?
完全にオリジナルスペックを意識したモデルとして、80年代としてリイシューモデルの先駆けとなったレスポールモデルです。

■ボディー/メイプル&マホガニー
■ネック/メイプル
■指板/ローズウッド
■ペグ/Vグローバー102N
■PU/NEW PAF
■フィニッシュ/ブラウン・サンバースト


【Gibson Les Paul Standard】
c0123295_1943098.jpgc0123295_1943760.jpgc0123295_195692.jpg

タバコ・サンバーストのスタンダードさんの登場です。
80年製のボディへ、デマジオのPUに改装されたそうです。
ボディトップとネックが、メープルの3P。ベージュ系のバインディングとピックガードが、ボディカラーとジャストマッチでお洒落♫
バックのカラーリングも、バーストカラーにしてあるんですよねぇ〜。
ラージヘッドが特徴の、お洒落なスタンダードさんでした。

■ボディー/メイプル&マホガニー
■ネック/メイプル
■指板/ローズウッド
■ペグ/Gibson製オリジナル
■PU/デマジオ
■フィニッシュ/タバコ・サンバースト

いやぁ〜、如何でしたかぁ?レミン先生の『Gibson Les Paul 』特集!
びっくりですよねぇ!!何がって、同じレスポールなのにこの違い、そしてこの本数!!
レミン先生、レスポール話になると深い深い!!ほんと、勉強になります。
ひとつのモノを探求するって、その時代の経済背景とかが製品に反映したりと話しているとほんと楽しいんだ。
また、お話聞かせて下さいね♫楽しみにしとりますぞ、レミン先生。(はっきり言ってビョーキです!!がはは!!)

【Gibson Les Paul Case Collection】*わっしはやっぱ、ブラウンケースが好き!!
c0123295_19223296.jpgc0123295_19224987.jpgc0123295_1923751.jpgc0123295_19232059.jpgc0123295_19234715.jpg

以上、これで『Gibson Les Paul 』特集終わり・・・

って思うでしょ!?
でも、実は『Gibson Les Paul 』特集のおまけとして、別のギターもご紹介いたします。
もちろん、レミン先生のコレクションです。がはは!
【'91 Epiphone Les Paul Model with f-hole】
c0123295_197997.jpgc0123295_1973733.jpgc0123295_1975710.jpg

『これってあり得ないでしょ?!』初対面のわっしの感想です。
レスポールさんにfホール付けて、フォローボディにしちゃいけないでしょ!!
こりゃあ、レスポールって呼べないよね、ROCKじゃないよね!って思ってました。
が・・・AMPでサウンド・チェックしてみたら・・・あれれ、これってありかも!!
心地よいMIDサウンド、しかも軽い(いけね!)。これ、大好きになったかも???

■ボディー/メイプル
■ネック/メイプル
■指板/ローズウッド
■ペグ/Epiphone製オリジナル
■PU/??ハンバッキング
■フィニッシュ/チェリー・サンバースト


【'96 Epiphone Casino】
c0123295_1982169.jpgc0123295_1983977.jpgc0123295_1985383.jpg

そうそう、以前backnumberの依与吏くんの購入したギターとして紹介したカジノさん。
フル・フォローボディにシングルPU(P-90)を2基搭載した、セミアコースティック・ギターです。
ジョージ・ハリスンが映画『レット・イット・ビー』でリンゴ・スターに「アイ・ミー・マイン」を生音で聴かせているあのギターです。
サンバーストカラーがポピュラーですが、このブラックカラーは珍しいですよね。

■ボディー/メイプル
■ネック/マホガニー
■指板/ローズウッド
■ペグ/Epiphone製オリジナル
■PU/シングルコイル(P-90)
■フィニッシュ/ブラック


【'89 Tokai TLS100S(オールマホガニー)】
c0123295_1991551.jpgc0123295_1993915.jpgc0123295_1995722.jpg

ま〜た、スッゴイの来ちゃいましたよ!!日本のTokai製レスポール・モデルなのにヘッドにGibson!?
しかも、ボディカラーはご自身でダークブラウンに塗替えちゃった!!も〜、とことんGibson Les Paulにしたかったのね、レミン先生。
オールマホのレスポールって言ったら、イーグルスのジョー・ウォルシュも使ってたんだよね。
でもねぇ、さすがTokaiさんの高級機種('84当時10万円)で素晴しい材質と工作精度の高さには脱帽です。

■ボディー/マホガニー単板
■ネック/マホガニー
■指板/ローズウッド
■ペグ/クルーソン風
■PU/ディマジオPAF
■フィニッシュ/ダークブラウン


【'91 Greco EG600??】
c0123295_19103483.jpgc0123295_1910567.jpg

オーラスはこちら!グレコのレスポール・モデルさんです。
でもねぇ、モデル名は不明??レモンドロップのカラーリングが、めちゃめちゃヴィンテージ!!
トップのメープルもステキなトラ杢で、これぞヴィンテージ・レスポールってカンジの1台ですよね。
しかも、重量もしっかりとどっしりしてました!!
最近わっしもね、『生意気なヤツだったのに なんだか素直になったな レスポールが重た過ぎたんだろ』って、キヨシローが言うように・・・
まだまだ重く感じてなんかいねぇ〜ぜ!!
*BACKの撮影し忘れました!ごめんなさい。

■ボディー/メイプル
■ネック/マホガニー
■指板/ローズウッド
■ペグ/クルーソン風
■PU/??ハンバッキング
■フィニッシュ/レモンドロップ


今回もたっぷり楽しんでいただけたでしょうか?
また近々、ギターの話題でブログしたいと思っています。
さて、次はどんなギターがいらっしゃることか??
お楽しみにね!!

んじゃ、まったねぇ〜!!



by crabcraft | 2012-07-02 17:22 | ◆GUITER'S | Comments(0)