人気ブログランキング |

ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 14日

SHOPができる!<建具屋さんの匠の巻>


先月は、日本的な暑さを記録更新した、わっしらの住む群馬東部。
あの、台風9号が通過した以降、めっきりと秋めいて来ました。
朝晩日中の気温はもちろんの事、真っ赤に燃える夕焼け空や虫の声、や〜っと来た秋の夜長を満喫しとります。
この辺りは、まだまだ田舎だからこんな風情も楽しめているんですよね。

そんな過ごしやすくなった秋晴れの空に、今日もヒノデカニSHOP建築のカナヅチの音が元気よく響いていますよ。
で、いよいよSHOP建築も大詰め。今週は建築物に色を添える建具屋さんが入りました。
建具屋さんには、SHOPのドアや窓などを、スギの木を中心に製作していただきました。
同じ太田市内で営んでいらっしゃる、『松月建具店』さんが請け負って下さいました。
まずは、建具屋さんの匠お2人をご紹介します。

◆松月康弘さん:松月建具店の社長さん。<写真左>
  ご趣味:今はお子さんと遊ぶ事だそうですが・・・以前は、スキーに銀細工、そして驚いた事には茶道にはまっていたとか。
  職人という職業柄なのか、先天的なモノなのか、やりだすと追求しちゃう熱中人なのだそうです。
  特に、茶道のキャリアは長く、今の仕事にも随分役に立っているそうです。侘び寂びの部分、通じるものがあるんでしょうね。
◆沢崎益造さん:<写真右>
  ご趣味:山菜採り、そして盆栽。で、この盆栽の事について語り始めると、益造さんとにかく熱い!!
  盆栽の中でも、老鵜柿の育成をなさってるんです。要するに、秋の季語でもあるあの柿(カキ)の盆栽です。
  魅力は、何と言っても盆栽の持つスタイルと、その柿の実の色!!
  今では、バイテクを駆使した何百種類もの種類があり、新種改良しながらみんなで品評会を楽しむのだとか。
  社長に勝る熱中人で、話を聞いていて楽しい楽しい!!

こんな、熱中人の匠たちに製作していただいたこだわりの作品がこれ!
入口ドア、カフェのウィンドウ、トイレのドアです。
材料になる木材(ヒノデカニはスギ材)を丸太から選定し、自宅で約1年間自然乾燥させた後に、木の中心部を省き製材する。
そして、一つの建具を同じ木から製材した材料を使用し、丹念に手で仕上げて行く。
出来上がったこれ見て下さい、すべての角がピチッと研ぎすまされた、この建具たちを・・・。
本当に木で作ったモノなんですかぁ?って確認したくなるほどの出来映えには感動です!!
しかも、この建具に合わせた真鍮製の金具類のマッチングセンスのよさ!!絶品です。

SHOP開店後、みなさまにこの素晴らしい建具たちを直接触れていただき、どんな感想を持っていただけるのか、今から楽しみにしています。
そして、みなさんに触れていただく事で、どんどんその表情(アジ)を深め、成長していって欲しいなぁ〜・・・なぁんて思っています。
みなさん、是非彼らに会いに遊びに来てあげて下さいね!お待ちしております!!

んじゃ、またね!

 c0123295_1124731.jpgc0123295_11243990.jpg

c0123295_1125122.jpgc0123295_11251862.jpgc0123295_11253532.jpg


by crabcraft | 2007-09-14 11:27 | ◆SHOPができる! | Comments(0)


<< FIAT595がやってきた!      SHOPができる!<こだわりパ... >>