タグ:GUITAR ( 28 ) タグの人気記事


2016年 06月 30日

マサル、ありがとな♫


ベトベトと、湿度が身体にまとわりつく夜です。
ま、梅雨の時期だからしかたないっすけどね!
寝苦しいので、最近飲めないお酒を少しだけ飲んでます。
『梅酒サワー』♫
もともと、梅酒の梅は大好きなので抵抗はありませんが、今回買った梅酒が美味しい♫
最近発売された、透明な梅酒です。
これを、炭酸で割ってシュワー♫って飲みます。
いや〜、これがほんとに美味しくってね。
ほろ酔いして、パタって寝ます。熟睡です。
んな訳で、とうとうこの夏わっしはほろ酔いのブルースマンになります♫
がはははは♫


***

***


先日、お店の『カニキン』の日に、音楽のお友だちがいらっしゃって下さいました。

秋もっちゃんとアキさんのお2人♫

2年前くらいに、とってもビックリする出会いでお友だちになったお2人なんです。

あるライヴへ出かけた時、とっても懐かしい曲を耳にしました。

何の曲?誰の曲だぁ??って、ぞわぞわしてたら......解ったんです!理由が!!

わっしが20代の頃、地元でよく一緒にライヴしていたBAND『波千鳥』の曲だってことが!!

でも、何で?どうして?

あのBANDは、全曲やつらの曲を演ってんのよ??意味不明??

・・・

『波千鳥』、マサルとしんちゃんのフォークデュオ。

メインヴォーカルとギターがマサル、リードギターとコーラスをしんちゃんが。

マサルの書く曲は、ちょっと暗めの詩にとてもメロディアスなメロディー。

それを、二人のキレイなコーラスで仕上げられていました。

3コードでストレートなブルースを唄うわっしには、マサルの曲は憧れでした。

特に同い年のマサルとは、お互いがソングライターってことで、いつの間にか音楽以外のことも話し合う仲になっていて。

で、いつかは二人で組もうぜ!なんて夢も話してました。

ほんとに夢になっちゃいました...

マサル、病気で逝っちゃったんです。20代初めにして...

・・・

そんな『波千鳥』の曲をカヴァーして唄ってたのが、秋もっちゃん率いる『REAL(レアル)』ってBANDでした。

あまりにもビックリで、そのライヴが終わってから秋もっちゃんに声をかけてからのお友だちです。

そして先日お店の『カニキン』の日に、アキさんの提案で当時マサルの使ってたギターを一緒に連れて来て下さったんです!!

秋もっちゃんが後に、マサルのギターを手に入れて下さってたんです。

秋もっちゃん、正真正銘『波千鳥』のファンですね!(ありがとう)

マサルのギターを紹介しますね。
c0123295_041319.jpg

『YAMAHA N-1000』です♫

秋もっちゃんの手元に来た時は、随分と痛んだ状態だったそうです。
c0123295_044985.jpg

それを、相当な修理代を掛けて、秋もっちゃんがここまで復元して下さいました!!

"中島みゆき"がデビュー当初使用していたことで有名なこのN-1000。
c0123295_052228.jpg

『波千鳥』の2人が購入した当時のコトも、わっしはしっかり覚えています。

このN-1000はハカランダ前期仕様、オリジナリティに溢れた外観も大きな魅力ですよね。
c0123295_054674.jpg

【SPEC】
 ・トップ/スプルース単板
 ・サイド/ハカランダ
 ・バック/ハカランダ3P
 ・ネック/マホガニー
 ・指板&ブリッジ/エボニー

いや〜、40年振りの突然のマサルのギターとの再会に言葉もありません!

当時2人で過ごせた時間が、一気にフラッシュバックしました。

記念として、当時わっしがカスタムしたギターと一緒にパシャ。(マサルとの記念撮影です♫)
c0123295_061567.jpg

そして、現在オーナーの秋もっちゃんと一緒にパシャ。(一緒にセッションもしました♫)
c0123295_063377.jpg

秋もっちゃん、アキさん、素晴らしいサプライズを本当にありがとうございました!!

ほんとステキな時間をプレゼントして下さって感謝致します!!

そして、これからもずっとこのギターでヤツらの曲唄い続けて行って下さいね♫


***

***


音楽演ってて良かったなぁ〜!
BAND演ってて、ほんと良かったなぁ〜!
色んなステキな友達が出来て、ほんと良かった!
マサル、ありがとな♫
きっとお前がそこから、わっしらみんなをコントロールしてくれてんだろ?
サンキューな♫
お前に言われた通り、唄えなくなるまで3コードでブルース演ってくから。
安心して観ててくんな。
あ〜、ほんと音楽演ってて良かった♫

んじゃ、まったねぇ〜!!

[PR]

by crabcraft | 2016-06-30 00:38 | ◆GUITER'S | Comments(0)
2016年 03月 09日

イッパチ夢の競演♫♫


春めいて来ましたぁ〜♫
今日はロンT一枚でも過ごせるほど、ポッカポカ陽気。
こりゃ、公園のサクラも今年は早く開花しそうだぁ。
着ている服が軽くなる分、気持ちも軽やかになって来ますよね。
そうそう、先日ギター仲間のウッシーに連れられてギター弾きに行って来ました。
c0123295_1515385.jpg

県内前橋市にあるキシンさんってお店です。
いや〜、無謀にも練習なしでステージへ!!
当然、最低最悪の出来で帰宅後の風呂で泣きましたよ。
悔しいなぁ〜、次回はちゃんと練習してから行くぞ!!
弾き語りって、ほんと力量必要だよね。反省、反省。


***

***


ギター仲間の誉はんが、ギター持って遊びにいらっしゃって下さいましたぞ♫

おぉ〜、おNEWのケースじゃないですかぁ〜!

で、で、出ました!
c0123295_147339.jpg

『YAMAHA FG-180 50TH』さんです。

この3月1日に発売の、ヤマハギター50周年記念限定モデル(400本)のFG-180さんです。

FG-180(以降イッパチ)さんと言えば、1966年に誕生したヤマハにとって初めてとなる国産ギター。

このブログでも何度かご紹介してきたので、ギターアホの皆さんはもう十分ご存知ですよね。

早速、約50年前のわっしのイッパチ(1968年製)と並べ比較してみましょ。

おぉ〜、一緒に並べても寸分違わないように見えますぞ!(左:1968 右:2016)

トップ材は、68がスプルース合板、16がシトカスプルース単板(A.R.E.)です。

で、サイドバック材は、68がマホガニー合板、16がマホガニー単板です。16さん、単板仕様で贅沢な仕上げです!
c0123295_148284.jpg

ヘッドのYAMAHAロゴは、68が長体ロゴ、16が平体ロゴです。16さん、最初機を見事に表現しています。
c0123295_1481996.jpgc0123295_1483757.jpg

ロッドカバーは釣鐘型と呼ばれるタイプで、16はちょっぴりファットかな?

ペグは、68は改装品ですが、16は最初機からのオリジナルFGオープンギアタイプが装着されています。
c0123295_1485957.jpgc0123295_1491196.jpg

ネックのヒールキャップは無いですが、16はローズウッドキャップが付いており若干丸みを持ったデザイン。
c0123295_1493144.jpgc0123295_1494432.jpg

ピックガード周りはほぼ同様形状ですね。
c0123295_150282.jpgc0123295_1501717.jpg

ブリッジの材質は共にローズウッドで同様形状。68のブッリジは色が薄めですね。
c0123295_1503690.jpgc0123295_1504725.jpg

で、気になるサウンドはと言うと、とても纏まりのある立上がりの速い、マホガニーボディ特有のカラッとしたサウンド。

しかも、50年経過した68に負けないサスティーンの長さと高音のキレイさは単板ならではの特徴でしょう。

50年の歳月を経て、ほぼ発売当初と同じSPECで再生産して下さるなんて、YAMAHAさんって何て素晴らしいメーカーさんなんでしょ♫

また惚れてしまいました!!

この50周年記念限定モデルのイッパチいいです!!最高に素晴らしい出来です!!(欲しい)

誉はん、見せびらかしに来て下さってありがとうございます。

また、持って来て一緒にイッパチ競演しましょうね♫

楽しみにお待ちしております。


***

***


あれだけ忠実に50年前の製品を復刻して下さるって、なかなかありませんよねぇ〜。
例えばシューズとか服などはあるのでしょうけど、クルマ、バイク、など高額のものはリスク高くてやらないでしょ?!
今回のイッパチさんは、ほんと今でも愛されていなきゃ復刻しないですよね!
しかもですよ、販売日の3月1日の前に400本完売ってど〜ゆ〜こと??
凄まじい人気ですよね!!ビックリです!!
その400本の内の1本を、友達が購入しているなんて、わっしも幸せモンでしょ!?
あ〜楽しかった♫

んじゃ、まったねぇ〜!!



[PR]

by crabcraft | 2016-03-09 02:14 | 未分類 | Comments(0)
2016年 02月 04日

『初心忘るべからず』だよね!!


今夜はね、こんな音楽聴きながらデザインのお仕事してます。
c0123295_138387.jpg

そう、皆さんご存知ボブ・ディラン!!
300曲以上流しっ放し。
1962年のデヴュー作(Bob Dylan)から、2006年の作品(Modern Times)まで。
弾き語るディラン、バンドで唄うディラン、カントリー、ブルース、ロック、そんな色んなモノ吸収しながら自分の歌を唄い続ける。
モノラルの時代からステレオの時代、そしてデジタルの現代まで、ず〜っと唄い続けてるんです。
凄い、やっぱり凄い人物なのです!!
インスパイアーされるのです!!
ん〜〜〜、デザインがんばらなきゃいけないと思うんです!!


***

***


ハッピーハシモト・ギター塾教頭のりちゃんが、何やらギターケースを持っていらっしゃいました♫

出ましたぁ!!
c0123295_1385989.jpg

『YAMAHA FG110(ヒャクトウ)』さんです。

ご存知ヤマハのアコースティックギター(当時はフォークギターと呼称)の歴史は、このFGシリーズから始まりました。

そのFGシリーズの中でも、この110さんの製造開始は1967年からとYAMAHAフォークギター製造の初期からのモデルとして発売されました。

このブログで何度も出場しているのですでにご存知の通り、初期YAMAHAフォークギターのサウンドホール内に付けられた赤いモデルラベル。
c0123295_1393098.jpg

この110さんももれなく『赤ラベル』です!(赤ラベル最終年の1972年製かな?)

さて、110さんのスペックを記述しておきます。

●ネック/指板:ナトー/ブビンガ
●ボディー  :スブルース/トップ
  楓/サイド&バック
●ブリッジ :ブビンガ
●当時定価 :12,000(1967/04-1972)
●スタイル  :ヤマハ・オリジナル・フォーク・スタイル

当時の定価は12,000円と、FGシリーズ一番の廉価でスチューデントモデル(学生用)として発売されました。

でもねぇ、当時廉価なギターでボディに楓(メイプル)を使っていたメーカー無いから!!

概ねがマホガニーボディで、楓(メイプル)使うとちょっとお高い設定でしたよね。

ネックの握りは、オールドFGの代名詞のごとく太め。

若干、トライアングル・ネック気味で、エレキで言うところのソフトVシェイプ・タイプ。
c0123295_1395686.jpg

サウンドはですねぇ、カラカラと枯れた中高音が特徴の心地よいもの。

決して低音は期待出来ないのはボディサイズからも納得ですよね。
c0123295_1404172.jpg

これねぇ〜、軽くて弾き易くてとってもいいのですよ♫

エレアコ化して、即弾き語りのライヴで使いたくなる気にさせてくれるのですよ!!!!

ディラン、ブルース、そしてフォークソングとか唄いたくなっちゃった訳ですよ。

そんな気持ちにさせてくれる、そうだよね高額のギターでなくてもさぁ十分楽しく唄うことをサポートしてくれる。

さすがYAMAHAの赤ラベルシリーズ、参りました♫

しっかし、この110さんのキレイなボディ、またしても教頭の目利きに脱帽です。

教頭、今度校長と三人で赤ラベル使って唄いましょ〜ねぇ♫
c0123295_141536.jpg


*教頭、顔がやたらマジでっせ!がはは♫




見せびらかして下さって、ありがとうございました!!


***

***


フォークギターで弾き語る。
ギターを弾き始めた頃、それが当り前のことだった。
それからバンドが演りたくてエレキを持った。それはそれで楽しいことで。
でも、やっぱ自分で作った歌を唄いたくて、またフォークギターで弾き語ってた。
110さんに触れて、また弾き語りたくなってきた。
きっとそのスタイルが自分にとって一番自然で楽しいことなんだと思う。
今作っている曲が出来たら、弾き語りに出かけてみよ。
『初心忘るべからず』だよね。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2016-02-04 02:09 | ◆GUITER'S | Comments(0)
2015年 11月 05日

マロンはヴォックス!!


今日は秋晴れで、いい天気でしたぁ♫
雲ひとつない、抜けるような青空!!
しかも、風がなくとっても穏やかでした。
こんな天気の日が、ず〜〜〜〜〜っと続いてくれたらいいのにねぇ。
からっ風さえ吹かなきゃ、過ごし易い所なんですけどねぇ。
隣県の新潟県側で雪が降りだす頃、吹き出すんですよ!!ヤツがね。
また、そんな冬が訪れて来ます。
せめて、今年も風邪だけはひかないように過ごしましょ。


***

***


おぉ〜、マロンちゃんがギターケース持っていらっしゃいましたぞ!!

ん?ちょっとイカしたケースだねぇ。
c0123295_0225274.jpg

1960年代のビザールなギターが、こんなヴァイオリンタイプのケースだったんだよね。

中身は!?
c0123295_0231624.jpg

『VOX ACE(以降、エース)』さん、1965年製です。

またまた、訳の分からんギター持って来ちゃったねぇ、マロンちゃん。
c0123295_0234384.jpg

アンプで有名なイギリスはVOX社のエレキギターです。

そうそう、わっしの大好きなストーンズのブライアンジョーンズも、VOXのヘンテコなエレキ弾いてたっけ!!
c0123295_024169.jpg

エースさん、カラーリングがとってもレトロチックでキレイ。

パステルブルーのような水色。
c0123295_0243759.jpg

特徴あるデザインのヘッドには、6連のペグ。
c0123295_0251171.jpg

ホワイトのボタンが、ちょっと飴色になって来て貫禄です!!
c0123295_0253287.jpg

2つのシングルピックアップには、3wayのタップスイッチと1ヴォリューム1トーンのノブが。
c0123295_0261087.jpg

しかもこのノブ、アルミ製のしっかりした造り!!丁寧な仕事しています。

そう言えば、アルミ製のストラップピンや、トレモロアーム先端の凝った造形のノブに至まで、とても丁寧に作られていますよね。
c0123295_026293.jpg

ショートスケールなのでとっても抱え心地もよく、Fender社のテレキャスターに似たプレイヤビリティの良さを感じました。

残念ながら、アンプを通してのサウンドチェックは出来ませんでしたが、生音の心地よさからかなり気持ちいいサウンドと予測出来ます。

今度、アンプ通して弾かせてね。

ハイ!ラストは相棒と一緒にパシャ!
c0123295_0264618.jpg

いや〜、ステキなギターでしたぁ♫



って、マロンちゃん、もうひとつギターケース持ってんじゃん!!
c0123295_0271416.jpg

しかも、さっきのエースさんと同じヴァイオリンケースじゃん!!

え!?まさか、エースさんの予備機かい?

ん〜〜、変態マロンちゃんのことだから、それもあり得る。

さ〜て、そして中身は・・・じゃ〜ん!!
c0123295_0273433.jpg

『VOX Serenader(以降、セレナーダー)』さん、1965年製です。

かわいいパーラーモデルのアコースティックギターが出て来ちゃったよぉ♫
c0123295_0275050.jpg

しかも、さっきのエレキと同じVOX社のアコギです。
c0123295_0281495.jpg

でも、ヘッドの裏にはメイドイン・イタリーの文字が!
c0123295_0283472.jpg

このセレナーダーさん、バックはなんとアーチトップ。
c0123295_028599.jpg

しかもネックはデタッチャブルネックです。
c0123295_030554.jpg

小振りのセレナーダーさん、きっと当時のスチューデントモデル(学生用)だったのだと思われます。

サウンドは、枯れたとてもライトなサウンドで、ブルース弾くにはうってつけね♫

マロンちゃんは、ガラス製のボトルでスライドギター弾いてくれたけど、枯れてていいねぇ〜。

似合うじゃん、マロンちゃん!

これからのライヴの相棒になりそうですね、楽しみ♫

それじゃ、相棒と一緒にパシャ!
c0123295_0304674.jpg

見せびらかしてくれてありがとうございました♫


***

***


マロンちゃんって言えば、この秋の栗食べてないよなぁ。
茹で栗喰いたいなぁ〜!
運動会の時期だもんねぇ、茹で栗喰う頃って。
そっか、先月だったんだなぁ〜。まだ、あるのかなぁ?
スーパー行って観て来よ!

んじゃ、まったねぇ〜!!

[PR]

by crabcraft | 2015-11-05 00:45 | ◆GUITER'S | Comments(0)
2015年 09月 16日

ギターアホのギター自慢!!


涼しくなっちゃいましたねぇ〜。
もう夜に窓を開けて寝るなんて、そんな無謀なこと出来ないくらい涼しいっすよね。
夜の作業がはかどるはかどる!
ん〜、体調崩さないように注意しなきゃですよね。

秋はいい季節だなぁ。


***

***


校長、どしたん?嬉しそうな顔して。

校長、な〜にかいいコトあったみたいですぞ。

ん?何そのウクレレサイズのケースは??

じゃ〜ん♫取り出したモノはこれ。
c0123295_1391667.jpg

『YAMAHA サイレントギター SLG110S』さんです!!

がはは♫ど〜したの、購入しちゃったの?

初めてじゃない?こんな最新カテゴリーのギターを購入するの?

意外過ぎて驚いちゃったよ!!
c0123295_1474831.jpg

お仕事で海外出張が多い校長、海外滞在中の相棒として購入したのだそうです。

だよなぁ〜、出張中ギターと触れあってなきゃ体調崩しちゃうよね。

とても素晴らしい判断だと思います!!
c0123295_1415841.jpg

このギター初めて触れましたが、以外と重量感あってアコギ抱えてるカンジしますね。

しかも、めちゃめちゃプレイヤビリティー高いじゃないっすかぁ!!

ん??これってプリアンプも付いてんの?エフェクトも出来るんだ!!
c0123295_140143.jpg

やべ〜、ライブで十分使えちゃうねぇ♫

これなら出張先の夜、ヘッドフォンしてギターで楽しく遊べるわ。

いやいや、予想外に素晴らしいギターにビックリです!!(わっしも欲しい)

しかも、こうやってボディが分解出来てコンパクトに収納出来ちゃう。
c0123295_1404764.jpg

最高な相棒に出会えて良かったねぇ、校長。

うんうん、そっか、今月末また行って来るんだね。

くれぐれも体調管理に気をつけて、無事に帰国して下さいね。

でまた、ここで笑顔でお会いしましょうね♫

見せびらかして下さってありがとうございました!!


***

***


陽が暮れる時間が、本当に早く感じられるようになりました。
秋の夜長、みなさんどんな風に過ごされますかぁ?
そうそう、秋の味覚も楽しみ。
今日は美味しいブドウを食べました。
ん〜、秋の果物たらふく喰いたいですなぁ〜。
今年の秋も、ステキな時間を過ごしましょ〜ね。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2015-09-16 01:43 | ◆GUITER'S | Comments(0)
2015年 08月 31日

ギターアホのギター自慢!!


あっちゃ〜、今日でもう8月終わりじゃん!!
早いねぇ〜、明日から9月だよ。
学生の夏休みも今日で最後かぁ、宿題に追い込んでるんだろなぁ〜。
この所涼しい天候が続いているから、宿題もはかどるね。
がはは♫みんな〜がんばれ〜!!


***

***


お!お店のマスコットボーイのハルボンがいらっしゃったぞ♫

ん??背中に何か担いでるやん??
c0123295_1426678.jpg

しぶ『ハルボン、いらっしゃ〜い♫背中に何担いで来たの?』

ハル『しぶさん、こんにちは。これねぇ、ベース持って来た♫』

しぶ『ん?ハルボンのベース?』

ハル『そうだよ♫買ってもらったん♫』

しぶ『おぉ〜、すげ〜なぁ〜!しぶさんに観せてよ♫』

ハル『いいよ♫』

得意げにケースを開け、取り出したのがこれ。
c0123295_14271372.jpg

  『FERNANDES ZO-3 PIE-ZO』さんです!

ご存知ZO-3(ゾーさん)のベースギター版の、PIE-ZO(ピエゾー)さんです。
c0123295_14291154.jpgc0123295_14293167.jpg

おぉ〜、ハルボンかっこいいなぁ〜♫

この下側のスイッチを入れるだけで、ボディ中央にあるスピーカーからベース音が出ちゃうんです。
c0123295_14274533.jpg

ハル『ここをカチッってやるんだよ。ここを回すと音がするの。』

色々とわっしに教えてくれます。
c0123295_14281117.jpg

しぶ『ハルボン、このベースで何を弾こうか?』

ハル『ウルフルズのジョン・B演るんだよ♫』

参ったなぁ〜、もうリスペクトミュージシャンまでいるのね!!

ピエゾーさんのこのカラーリング、キャンディーレッドでとてもキレイ。

しかも、ハルボンの身長にジャストフィットですよね。
c0123295_1428389.jpg

いやいや、それにしてもこの得意げな決めのポーズ、さまになってますよね〜。

歴代のギター見せびらかしの中で、もちろん4歳ボーイは最年少!!

そして、全くのダークホースでしたね。
c0123295_1430395.jpg

でもねぇ、わっしは嬉しくなっちゃいますよね♫

いっぱいピエゾーさん弾いて、ハルボンもジョン・Bのようなベーシストになって欲しいな。

帰り際わっしにハルボンが、『お友だちとバンドやるんだぁ♫』ですって!!

頼もしい子分であります!!わっし、涙出そう...。

ハルボンいっぱい練習して、わっしとも一緒に演ろうな♫楽しみにしてるからね!!

で、ハルボンと一緒にイェー!!をパシャ。(カブT3号ブラザースだぁ♫)
c0123295_14302413.jpg

見せびらかして下さってありがとうございました♪


***

***


いやいや嬉しいじゃないですかぁ。
次世代のミュージックシーンも、どうしてどうして実に楽しみですよねぇ。
ん?彼らが活躍するまでわっし長生き出来るかしら?
こりゃ健康に留意して、彼らのステージ観るまでがんばらにゃ行けんぞ!!
がはは♫また目標出来て、忙しくなりそ〜だなぁ。

んじゃ、皆さんまったねぇ〜!!



[PR]

by crabcraft | 2015-08-31 14:33 | ◆GUITER'S | Comments(0)
2015年 08月 19日

ギターアホのギター自慢!!


夏期休暇終わっちゃいましたねぇ〜。
皆さん、のんびりと楽しめたでしょ〜か?
今週からは現実に引き戻され、今日辺りはまだ仕事リズムに乗れてないかもですよね?
体調崩さないよう、無理せずお過ごし下さいね。
わっしら?商人に夏期休暇は在りません。がはは♪
そ〜ですねぇ、もう少し時間経ったらちょっとだけお休みしましょうかね。
で、皆さん同様に無理せず過ごそうと思っています。
健康第一!これが合い言葉です。


***

***


おぉ〜、ハッピーハシモトギター塾校長のハッシーさんがギターケース持っていらっしゃいましたよ♪

わっし:「校長、もしかして新しいギターですか?」

校長:「そう!今年ここで公約したGマークのギター!ぐふぐふぐふ♪」

わっし:「何、何、何??早く観せて!」

校長:「待ってやっせ!ハイ♪ぐふぐふぐふ♪」
c0123295_09641.jpg

『GIBSON LG-1』 さんです!

わぉ!とうとう手に入れたんですねぇ。

今年ここで、わっしらの前で公約した通り、Gマークのマホガニーボディのギターです。
c0123295_0938100.jpg

このLG-1さんは、1962年製でラダーブレーシングの構造を持つ、ギブソン・アコースティックの中でも小柄なギターですね。
c0123295_0101869.jpgc0123295_01057.jpg

サウンドホールからボディ内を覗くと、モデル名がインクスタンプで押されています。(落書きは全オーナーさんからのオマケ♪)
c0123295_01034100.jpg

【LG-1 SPEC.】
・トップ板 材質:スプルース
・サイド板 材質:マホガニー
・バック板 材質:マホガニー
・ネック材質 :マホガニー
・指板材質  :ハカランダ
・ブリッジ 材質:ハカランダ
・ピックガード :オリジナルラージサイズ
・ペグ    :クルーソン3連

タバコサンバーストのボディは、めちゃめちゃキレイな状態です!

アッパーベリーと呼ばれるブリッジは真っ黒で、エボニーでも使っているようなキレイさです。

ネックはナローネックと思いきや、結構太めのがっちりしたモノになっています。

サウンドは、ヴィンテージ感のあるカラカラした気持ちのよいギブソンサウンド。まだ余り弾き込まれていないのか、箱鳴り感は少ないようです。

これ、弾き込んで行くともっとサスティーン伸びたサウンドが期待出来ますよね♪

ブルースをつま弾くには最適なギターです。いいなぁ〜、欲しいなぁ〜♪(病気ですな)

ちょうどタイミング良く、ギター塾の教頭ノリちゃんがこのLG-1さんのエピフォン版『Epiphone FT-45 CORTEZ』を持って来て下さったので一緒にパシャ♪
c0123295_0115439.jpg

ほら、ヘッドの形状を除けばほぼ同じだぁ〜!!かわいい〜♪
c0123295_012102.jpg

で、ラストに最高の笑顔の校長と教頭と2本のギターで記念のパシャ!!
c0123295_0123155.jpg

2人のユニット名は『ザ・ヘンナーズ』、皆さん宜しくね。

ハッシー校長、ステキなギターを見せびらかして下さってありがとうございました♪

そして、今期の目標達成おめでとうございます!!


***

***


そうそう、『ザ・ヘンナーズ』のお2人はこのとき井上陽水の曲を演奏しとりました。
確か『帰れない二人』とか『Fun』とかね♪
それが二人とも、と〜っても楽しそうなんですよ。
ギターがあるだけで、こんなステキなシチュエーションが作れちゃうなんて。
いいなぁ〜、音楽ってほんとにステキだなぁ〜。
わっしも陽水の曲覚えて、次回は仲間に入れても〜らおっと。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2015-08-19 00:26 | ◆GUITER'S | Comments(0)
2015年 08月 15日

ギターアホのギター自慢!!


このところ朝夕でやっと涼しくなってきました。
今日は夕方凄い雷雨に見舞われ、おかげで今夜はとても涼しい夜を迎えています。
でも、天気予報を見ると、明日はまた暑さが戻るのだとか??
もぉいいよ〜40℃近い気温は!!
このまま秋に突入しよ〜よ!!
そんなコト思いながら、涼しい部屋でブログを書いております。
窓を開けると涼しい〜〜、そんな季節に一日も早くなって欲しいモンですね。
も〜少しかなぁ??


***

***


おぉ〜、ギターアホ仲間のマロンちゃんがギター持っていらっしゃいましたぞ!!

ん?2本持って来たの?2本買ったん??

早速1本目を観せていただきましょ♪

Gibsonのエレキ?新しいタイプのハードケースだねぇ!
c0123295_1213980.jpg

このスタイルのケースって、中身一体なんだろ??

ジャ〜ン!!
c0123295_1221216.jpg

 『Gibson LesPaul100』さんです。
c0123295_1244324.jpg

キレイなチェリーサンバーストのボディカラーですねぇ。

まさに、The Gibson LesPaulと呼ぶにふさわしいカラーリングです。

しかも、トップのメイプル材にトラ目がビッチリ入ってますねぇ〜♪♪

で、ボディの裏側を見ると、アレ?
c0123295_1231629.jpg

ヘッドのこのペグのとこ何か機械が付いてる?
c0123295_1233735.jpg

わぉ!!これって噂の『ロボットチューナー』ですかぁ!!

要するに、各弦のチューニングをこのロボットチューナーくんが、オートマチカルにやってくれちゃう訳ですよ!!

しかも、マロンちゃん曰くレギュラーチューニングはもちろんのこと、マロンちゃんが多用するOPENチューニングまでも瞬時に合わせてくれちゃう。

凄い!!便利!!欲しい!!

早速、チューニングを狂わせてロボットチューナーくんに合わせてもらいましょ。

ギュイーンってな軽快な音とともに、ほんと僅かな時間でペグを回転させ合わせてしまいました。

いいなぁ〜、便利だなぁ〜、これいいなぁ〜、わっしチューニング嫌いだからなぁ〜。

しかも、フロント側のリア側トーンつまみの部分にあるトグルスイッチが付いていて、何とブーストスイッチになっているそうです!!
c0123295_1241028.jpg

これもまた、わっしのようにエフェクターを足で操作するのが苦手な人にはほんとありがたい装備なのであります。

なんとこのLesPaulさん、マロンちゃんの次男くんがコンテストでベストギタリスト賞の商品で頂いたモノなのだとか。

次男くん、すっげ〜〜!!でも、このギター興味ないってコトで、マロンちゃんのギターとトレードしたんですって!!優しい息子を持って幸せだねぇ、マロンちゃん。

今度、このLesPaul使ってライブやろうね♪

楽しみにしてっからね!!

さてさて、次のギターを観せてもらいましょっかねぇ♪

ん?これは、Fenderのギターですかぁ?オーソドックスなスタイルのギターですねぇ。
c0123295_126417.jpg

 『Vanzandt Bronson(ヴァンザント ブロンソン)』さんです!!
c0123295_1271917.jpg

ちょいと見は、Fender Mustangさんにとても似たスタイルです。
c0123295_1283778.jpg

白いピックアップカバーとか、ベッコウ柄のピックガードとか、とってもレトロチックなデザインに好感がもてますよね。
c0123295_1264985.jpg

ボディは軽量に設計されていて、指板材にマダガスカル・ローズウッドを使用したり、ハンドワイアリング・ピックアップを搭載。

'50~'60年代の塗装剤と同じ「ニトロセルロース・ラッカー」を下地から使用してるので、塗装の厚さが現在のものより薄く仕上げられて「木の鳴り」をダイレクトに響かせちゃう。
c0123295_1274348.jpg

地味な印象は受けるものの、なかなかどうしてとっても拘った作りになっています。

そして24インチ・スケールは、マロンちゃんのスライドギターにはピッタリのスペック。

こりゃ楽しいサウンドが出来ちゃうよねぇ、マロンちゃん♪

こりゃ、シブクリカンのライブが楽しみになって来たぞ!!

マロンちゃん、ライブの時には出し惜しみしないで、ステージにギターいっぱい並べてね。

わぁ、ほんとにライブ楽しみになって来たぞ!!

早く練習し〜よおっと♪


***

***


珍しくマロンちゃんにしては、超まともなギターでしたね。
早く、この2本をライブで弾くマロンちゃんの姿、早く観たいですよね。
楽しみだなぁ♪
あ?その時わっし何のギター弾こうっか?
考えておかなきゃ!!
って、その前に曲作って練習してだよな。
んし、がんばるべ!!

んじゃ、まったねぇ〜!!

[PR]

by crabcraft | 2015-08-15 01:37 | ◆GUITER'S | Comments(0)
2015年 06月 24日

ギターアホのギター自慢!!


梅雨の中休み、今日は晴天で日差しが強いです!!
家の中を抜けてく風は、昨日の豪雨のせいか涼しいの。
一日デスクワークしてるわっしには、とても助かる天気ですね。
でもさぁ、おかげで?庭の雑草が超元気になっちゃってね。
う〜ん、これをまた刈らなきゃいけないかと思うとうんざりです。
ま、来週当たり刈ろうと思います。
これで、湿気が無きゃもっと過ごし易いんですけどねぇ。


***

***


おぉ〜、こんな湿気の多い時期にギターを持ってマロンちゃんがいらっしゃいましたぞ!

何でも、お友だちのCD制作でBGMのHELPするのだとか。

スライドギターのマロンちゃん、引っ張りだこですよねぇ♪

どれどれ、今日持参したギターは?
c0123295_18191329.jpg

わぉ!またまた、ボロいギター(失礼)持って来ちゃって!!

凄いなコレ、ヴィンテージ・ジャパン・ギターってカンジです。

『TESCO TG-6』さんだそうです。

このギターのSPECを調べようとnet検索したのですが...見つかりません!!

相当マイナーなギターのようであります。

多分、前出したハッシー校長のこの『TESCO TG-64』とほぼ同年代の1960年代後半のモノかと。
c0123295_18215299.jpg

しかもね、多分ヘッドにテスコ社のマークがあったと思われるのですが、ありません。
c0123295_18201888.jpg

いやはや、なので観たままのインプレッションで報告します。

アンシンメで斧型ヘッドには、4:2でオープンペグが装着。
c0123295_18203853.jpg

アクセントデザインとして、ヘッドとボディにはしっかりした厚みのアルミプレートが。

デタッチャブルなネックには、お洒落なポジションマーク。(白い部分がセル製)

ボディには、オリジナルと思われるシングル?PUが3連で搭載。
c0123295_1821429.jpg

PUの切り替えは、上部に設置されたピアノスイッチでセレクト。(この時代の流行ですよね)

そして、ヴォリューム1、トーン1のコントローラー、トレモロユニットもあったようです。

カラーは観ての通り、チョコレート・ブラウン!!(シブい)

このギターで、スライドギター演っちゃうマロンちゃんは、どう考えても変態です!!

60年代製のテスコエレキギターは、結構海外のミュージシャンが愛用してまして、そのポテンシャルはとても高いのであります。

わっしの大好きな、シーシック・スティーヴもその中の1人。これが、歪んだいいサウンド出すんだ!!

ってな訳で、このTG-6さんのサウンドは、わっしら『シブクリカン』のライヴでご確認下さいね。

それでは最後に、マロンちゃんとTG-6さん一緒にパシャ♪
c0123295_18212464.jpg

マロンちゃん、見せびらかして下さってありがとうございました!!

あ〜楽しかった!!やっぱ、マロンちゃん最高に変態だわ♪良かった。

ありゃ、今度は『ハッピーハシモトギター教室』の教頭、ノリちゃんがいらっしゃいました。

ん?そのギターケースの様なモノはな〜に??
c0123295_18221417.jpg

え?ニューカマーですと!!

コーヒーを飲んでいた校長の動きが、変です??

どしたの?校長。ん?このケースの中身が早く観たいの??

じゃ〜〜〜ん
c0123295_1822478.jpg

『GUILD D25M』さんです!(1979年製)

おぉ〜、オールマホガニー製のようなカラーリングですなぁ。シブいわぁ!!
c0123295_18231090.jpg

調べてみましたら、

・TOP:スプルース
・SIDE&BACK:マホガニー
・BACKはアーチバックを採用

なのだそうです。
c0123295_18251974.jpg

ペグには、な、なんとグローバー社製のオープンペグが!!(珍しいですよね)
c0123295_18234017.jpg

サウンドは、カラカラと高音域が鈴鳴りな乾いたサウンドで、とっても心地いいサウンドです。

特に、このバイオリンのようなアーチバックは独特のもので、わっしの所持するGIBSON J-55とGOSPELが同じアーチバックになっています。

しっかし、教頭の選んで来るギターはどれも美しいなぁ〜♪
c0123295_18241138.jpg

40年近く経ったギターとは思えないくらいキレイです。

ほんと教頭の目利きには、いつも脱帽であります!!

そして、やっぱり教頭もギター変態間違いありません!!
c0123295_18254776.jpg

さ、これで校長、教頭&わっしの『GERO』のメンバー全員がマホボディを所有しました。

ライヴで3人がどんなサウンドを出せることやら。

皆さん、お楽しみにしていて下さいね♪

それでは最後に、教頭とD25Mさん一緒にパシャ!!
c0123295_18332815.jpg

教頭、見せびらかして下さってほんとありがとうございました!!


***

***


陽が沈んで来ました!
今日は雲もないので、バシャーって雷雨は来ないと思います。
いずれにせよ今夜も、湿度高いので寝苦しくなるかもね。
カラっとした、そう、マホガニーサウンドのようにからっとした天気になって欲しいのです。
もう少しの我慢ですかね。
皆さんも、体調崩さぬようお過ごし下さいね。

んじゃ、まったねぇ〜!!

[PR]

by crabcraft | 2015-06-24 18:37 | ◆GUITER'S | Comments(0)
2015年 06月 04日

ギターアホのギター自慢!!


FB(フェースブック)では、ご報告したのですが。
今度の日曜日(6/7)にライヴに出演します。
ギターは弾きません。
ブルースも、ロックも演りません。
演るのは、な、な、なんと長唄!
ひょんなご縁で、長唄をライブで唄うことになっちゃいました。
もちろん、生まれて初めての体験。
この2ヶ月間、お師匠さんから特訓を受け、何とか唄えるように?なりました。
本番で、周りの足を引っ張らないようやり遂げて来ます。
皆さん、応援宜しくお願い致します。

***


***


***

お!久々に『ハッピーハシモトギター塾』校長ハッシーさんが、ギターを持って来ましたぞ。

ん?これまでに見たことのない新しいハードケースですねぇ?

もしや...
c0123295_052428.jpg

   新しく購入した『Epiphone TEXAN』さん1965年製です!!

エピフォンギターの中でも最も人気の高いTEXAN。

先月来日した、ポールマッカートニーもビートルズ時代から愛用していますよね。
c0123295_0195612.jpg


バーストフィニッシュのトップは、杢目の詰まった美しいスプルースが使われ、深い色合いのべっ甲柄のピックガードが最高です。

サイドバック&ネックはきめ細かなマホガニー。

大きめのヘッドには、輝きの美しいパールインレイのロゴ。ワンポイントのパールインレイもレトロな雰囲気です。
c0123295_054895.jpg

ハカランダの指板にはこれもパールインレイのシングルパラレログラムインレイ!!

ブリッジはアジャスタブルから、固定ブリッジに改装されています。
c0123295_06520.jpg

ここも指板同様、色目の濃いステキなハカランダを使用しています。

サウンドは、同年代のギブソンJ-50と比べても、TEXANの方がスケールが長い分、低音の太さが出て色っぽさが増しています。
c0123295_063629.jpg

コードストロークでの広がリ感、高域の明るいトーンが素晴らしいので、非常に気持よく弾く事が出来るギターです。

今日は、教頭のりちゃんも愛器の『Epiphone FT-45 CORTEZ』を持って来てくれたので、一緒にEpiphone Brotherで記念撮影でパシャ♪
c0123295_065596.jpg

この絵ステキでしょ〜♪まさに兄弟!!

最後に、ギターアホハッシーさんが、嬉しそうにTEXANを抱く図を!!
c0123295_072930.jpg

がはは、もうちょっと嬉しそうな顔しましょ〜よ。

これから、いっぱいライヴで使ってあげましょうねぇ。

ステキなギターを見せびらかして下さって、ほんとありがとうございました。

***


***


***

んな訳で、長唄の特訓を受けていたので、ギターの練習をぜ〜んぜんやれていません。
いけませんなぁ〜、ちょっと欲求不満が溜ってきてますなぁ。
今度の日曜日が無事に終了した暁には、ギター弾くぞ!!
思いっきり、ブルース唄うぞ!!
で、こっちのライヴも演るんだ!!
ということで、こちらのライヴも決まり次第ご報告致します。
こちらも応援宜しくお願い致します。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2015-06-04 00:21 | ◆GUITER'S | Comments(0)