ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 28日

金だ!金だ!金だぁ〜〜!!


穏やかな快晴の日が続く、ここ群馬チベット。
ほんといい天気に恵まれています。
ほら、こんなカンジでいい天気。
c0123295_16112286.jpg

日だまりで日向ボッコしてると居眠りが.....。
出来ればこの天候が、ず〜〜っと続いてくれると嬉しいなぁ。
やっぱ、雪は降って欲しくないんですよね。
あの雪かきの過酷さは、もう味わいたくないぞーー!!

春〜〜〜〜、一時も早くやって来ておくれ〜〜〜〜、頼むぜ!!


***

***


お店に色々マニアックな方々がいらっしゃいます。

このブログを読んでいただけば、どんなジャンルのマニアな方々かはお解りと思います。

今回ご紹介する方は、そんな中今までで初めてのジャンルのマニアックな方。

それがね、これ!!『コイン』です。
c0123295_1614451.jpg

わっしが小学生の頃から中学生時代にかけて、切手収集が流行ました。

もちろんわっしも、ご多分に漏れず記念切手を買うため学校に遅刻覚悟で、早朝から仲間と郵便局にならんだもんです。

その切手収集の流行と同時期、このコイン収集も切手ほどではありませんが流行ったんですね。

切手収集よりも高額(お大臣)の収集になるため、小学生でやっているのは少数派だったのだと思います。

今回『コイン』収集をされているこの方も、小学生の時に行った古墳で古銭(天保通宝など)を拾ったことがキッカケ。

これをキッカケに、わっしらが日常生活で使用する流通貨幣(通貨、貨幣)の収集が始まったのだそうです。

このコインアルバムの中には、造幣局から毎年発行された硬貨が年代順にコインホルダーにコレクションされています。

1円、5円、10円、50円、100円、そして500円。

これがねぇ、年代順に観ていると変化が見られて面白いんだぁ〜♫

わっしらが使って来た硬貨で大きな変化があった年は、34年と42年なんですね!!

先ず、34年の変化はと言うと

◆1円:変化無し
◆5円:文字が明朝体(33年)からゴシック体(34年)へ!(國から国に字が変わる)
c0123295_1555312.jpgc0123295_1557125.jpg

◆10円:コイン周辺のギザギザ有り(33年)から無し(34年)へ!
c0123295_15572857.jpg

◆50円:穴無し大丸から、穴有り大丸へ!
◆100円:デザイン全面変更へ!


<33年>c0123295_15575716.jpg
<34年>c0123295_15581224.jpg


この年にこんなに変化があったんですねぇ!!

って、皆さんはまだ使ってなかったかもね。がはは♫

よく言うギザ10(10円玉)は、この34年から消えたんですねぇ〜!!

さてさてお次は、42年の変化はですねぇ

◆1円:変化無し
◆5円:変化無し
◆10円:変化無し
◆50円:穴有り大丸へから、穴有り小丸へ!
◆100円:デザイン全面変更へ!(少し小型になった?)


*上側:41年 下側:42年

表側c0123295_166710.jpg

裏側c0123295_1653412.jpg


と、この42年以降からが現在使っている硬貨に変化したようです。

その他にも、1982年からこの硬貨に500円が仲間入り。

第1期(82~99年)を得て、韓国の500ウォン硬貨と類似問題で第2期(2000年から現在)にデザイン変更しています。

それと、紙幣(100円札/500円札/千円札/二千円札/五千円札/一万円札)の変化ももちろんありましたね。

そうそう、造幣局が発行する記念硬貨(なんと硬貨がカラー!!!)や、各都道府県別の記念硬貨何てのもあったりするんですね。

コインも調べて行くと、その変化の歴史など色々と奥深いんですねぇ!!!!

でも、わっしはこれ以上調査に時間を費やせないですな。がはは♫
(ほんとは、その年に何故変化させたのかが知りたいんですけどね。切りがないや。)

この続きは、いづれまた次回チャンスがあった時に調査しアップしますね。

でねぇ、オーナーさんのお話(うんちく)をお聞きするとほんと楽しいんですよ。

たった数十分で、プチマニアになれたカンジです。何か、ラッキーですよね♫

知らないことが解るって、ほんと楽しい事なんですねぇ。

あ〜、楽しかった♫

オーナーさん、本当にありがとうございました!!

次回、またチャンスありましたらコレクション観せてあげて下さいね♫


***

***


小学生の時代にタイムスリップしちゃいましたよ。
面白かったなぁ〜♫
そういえば、本棚に中学生まで集めた切手のアルバムあったなぁ〜。
今日見返してみよっかなぁ〜。
むふふ、楽しみ♫

んじゃ、まったねぇ〜!!

[PR]

by crabcraft | 2016-01-28 22:44 | ◆ポツリ・・・ | Comments(0)
2016年 01月 07日

2015 kani de noel 作品展


メリークリスマス!!

皆さま、ステキなクリスマスお過ごしになれたでしょうか?
がはは!野暮なコト聞いちゃいましたね。もちろん、ステキな聖夜を♫


さて、12/18日(金)〜23日(水)まで、当店が開催しておりました作品展

   『2015 kani de noel(カニ・デ・ノエル)』*キラキラ☆ノエル

のご報告をしたいと思います。
第7回を迎えた今年は、出展作品が11点!!
今回もね、もの凄い高い感性の素晴しいモノ(やられた!ってカンジ)が多かったことが特筆すべきポイント。
え?どうしてこんな作品創り出せんのよ?!も〜、ほんと感心しちゃいます。
今年度も凄い作品を出品いただきました。

何はともあれ、出展作品をご紹介して行きたいと思います。
お楽しみに。

■作品NO:1
 作品タイトル『サンタが列になってプレゼント運んでくるよー』
 出展者名  :m's works
 作品材料  :布/綿 
 主催者から作品へのコメント
       『今年12月のカニマルシェに初出店のm's worksさん。
         細かく縫い込まれたサンタさん。これ頂けたら嬉しいよねぇ〜♫』
c0123295_23492824.jpg



■作品NO:2
 作品タイトル『LOVE』
 出展者名  :マロン太田
 作品材料  :アクリル絵具/画用紙 
 主催者から作品へのコメント
       『プロ並みのスライドギターを弾かれるマロンちゃん。
         こんなPOPなイラストも描かれて!多彩ですよねぇ♫』
c0123295_23501542.jpg



■作品NO:3
 作品タイトル『サンタの腕輪と首飾り』
 出展者名  :彦結
 作品材料  :ワックスコード/パワーストーン 
 主催者から作品へのコメント
       『彦結さんのご職業、実は整体師さん!
         こんなステキな作品作ってしまうって、やはりご職業の成せる手技?』
c0123295_23503695.jpg



■作品NO:4
 作品タイトル『マニアック漫画』
 出展者名  :藤木政伸
 作品材料  :紙 
 主催者から作品へのコメント
       『今回も新作でご出展です。今回の漫画も、かなりマニアック!笑えましたぁ♫
         でもね作者の藤木さん、カイロプラクティックの真面目な先生なんですよぉ♫』
c0123295_2351284.jpg



■作品NO:5
 作品タイトル『サビ猫チャーとクリスマス』
 出展者名  :猫倫
 作品材料  :ペーパー/レース/マーカー/ボンド 
 主催者から作品へのコメント
       『家族と愛猫を中心に、アルバムアートをライフワークとしていらっしゃる猫倫さん。
         今年もかわいいお孫さんの作品など、愛情こもった作品いっぱいでした♫』
c0123295_2351294.jpg



■作品NO:6
 作品タイトル『冬の海のおもいで』
 出展者名  :みほっぺ
 作品材料  :写真/シーグラス/貝殻/石/思い出 
 主催者から作品へのコメント
       『何よりも家族と過ごす時間を大切にしていらっしゃると言う、みほっぺさん。
         その気持ちが毎年こうして、作品に表現されます。そして、今年もね♫』
c0123295_23514924.jpg



■作品NO:7
 作品タイトル『Happy Christamas☆とあるカフェでのひととき』
 出展者名  :マカちゅー。
 作品材料  :フェルト 
 主催者から作品へのコメント
       『横浜から出店のマカちゅー。さん。とあるカフェって、これですね...がはは♫
        いや〜ピコのケーキまで!めちゃめちゃ嬉しいし、クオリティーめちゃ高いんですけど!』
c0123295_23521390.jpg



■作品NO:8
 作品タイトル『森からの贈り物』
 出展者名  :かーねる
 作品材料  :ドライの実や葉 
 主催者から作品へのコメント
       『ステキな彩りのリースですよねぇ〜♫色んな材料が使ってあります!
        タイトル通りの贈り物。これログハウスのご自宅にお似合いですよねぇ♫』
c0123295_23523849.jpg



■作品NO:9
 作品タイトル『和のクリスマスツリー』
 出展者名  :大塚一広
 作品材料  :竹
 主催者から作品へのコメント
       『わぉ!竹の中にLEDの電飾が仕込んであるぅ〜♫色とりどりの点滅がキレイ!
        さすが竹とどんぐりでアートするどんぐり丸さん。アイデア参りました!!』
c0123295_2352594.jpg



■作品NO:10
 作品タイトル『TenTenTen』
 出展者名  :伊丹あゆ子
 作品材料  :画用紙/ジェルボールペン
 主催者から作品へのコメント
       『キレイ!細かい作業!これって曼荼羅模様ですよねぇ〜!?
        カリグラフィー作家の伊丹さん。丁寧な作業の作品は感動モノですよね♫』
c0123295_23533459.jpg



■作品NO:11
 作品タイトル『私のキラキラ』
 出展者名  :君島碧
 作品材料  :紙/ペン/プチプチ
 主催者から作品へのコメント
       『今回の作品展で最年少の碧ちゃん。将来の夢はイラストレーター。
        これだけ夢のある作品描けたら、きっと夢叶いますよ。わっしは思います!』
c0123295_23544816.jpg



以上、2015年のkani de noelの全11作品のご紹介でした。
皆さん、いかがでしたか?
今回の作品たちも、インパクト強かったなぁ〜!!
そして、作品を創って下さった作者の感性に、ほんとビックリなのであります。
直接会場でこの作品達を観て下さった皆さんは、その素晴らしさをビンビンと味わえたと思います。
そして、出展作品たちのキラキラした会話も聞こえたでしょ?
その想いを胸に、観に来て下さった皆さんは、きっとステキなクリスマスを過ごせたはず。
次回は観るだけじゃなく、是非作品展示に参加してみてくださいね。

ステキな作品を提供して下さった、出展者の皆さん・・・
ご参加本当に本当にありがとうございました!!
また、次回の参加もお待ちしております。

そして、展示期間中ずっとキラキラして下さった作品の皆さん、最高にステキな時間をありがとうございました!!
あなたたちのおかげで、皆さんの(わっしらの)ココロの中を、優しく和ませてくれたと思います。
本当にありがとう!!

また、次回kani de noelでお会いしましょう。


んじゃ、まったねぇ〜!!






[PR]

by crabcraft | 2016-01-07 00:02 | ◆イベントです | Comments(0)
2016年 01月 06日

ラストラン!!


謹賀新年明けましておめでとうございます♫
って、もう遅えよ!ってねぇ。(すみません...)
すんません、最近ブログ更新をついつい怠けちゃってね。
FBやり始めてから、ついついね。
ま、本年もの〜んびり緩くアップして行きますので、お付合い下さいね。
宜しくお願い申し上げます。


***

***


去年のクリスマスの出来事です。(って、遅いよね!)

バイク仲間のクリさんが、愛車スズキの隼に乗ってやって来ました。
c0123295_2125312.jpg

でね、お話を聞いたら実は今日がこの隼を駆るラストランとのこと。

とうとう嫁ぐ日が、そんな日がやってきちゃったんだねぇ。

初めてこのブログで記事にしたのが2010年11月のコトだから、もう5年の付き合いになるんだねぇ。

この5年間、色んなイベントやツーリングに参加したコト伺っています。

なので、わっしも感慨ひとしお!!

キレイ好きなクリさん、ご来店するバイクはどれもピカピカに磨き上げています。

今日の隼もピッカピカ♫愛情の深さが計り知れます。

次のオーナーさんにも、大切に付き合ってもらえるといいね。

多分もう会えないと思うから、ここでバイバイね。

ありがとうございました!!

そしてクリさん、わっしに挨拶してヒュン〜って帰って行かれました。
c0123295_2126049.jpg

ラストランの最後に、わっしの所に寄ってくれてありがとね。

またね〜♫


***

***


いつもこんな時思うんです。
大好きなモノを、手放すことなくずっと愛でていられる方々って、ほんと凄いなぁ〜って。
途中で飽きてしまったり、何らかの事情で手放さなくなってしまったりがほとんどで。
特に、クルマやバイクなど機械ものはなかなかずっと維持し続けることが、経済的にも精神的にも難しいですよね。
それが例え趣味だとしても、ひとつをずっと維持するのはほんと難しいものなぁ。
ま、クリさんもそんな選択と集中、取捨選択の結果が今回のラストランになったんでしょうなぁ。
次はどんなモノに矛先が向くのやら、とっても楽しみです。
それが決まったら、きっとまたわっしに見せに来て下さるでしょう。
そしたら、またこのブログでご紹介させて頂きましょ。

んじゃ、まったねぇ〜♫


[PR]

by crabcraft | 2016-01-06 21:32 | ◆BIKE'S | Comments(0)