ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 12日

逃げ出して来ちゃったん?


今日68歳の誕生日なんだって!
c0123295_1941691.jpg

リスペクトし始めて、かれこれ40年かぁ…。
この姿に、あのサウンドに、あの声に唄に憧れて。
いまだ変わらず音楽活動を続けてる。
長身でゴリラみたいな風貌からは想像出来ない、繊細でパワフルなハイトーンヴォイス。

おめでとうございます!!
これからも、きっと大好きです。

Mr.NEIL YOUNG


・・・

・・・


凄いクルマがいらっしゃいました!!

ここ群馬県は太田市と言えば、富士重工業の街。(群馬のチベットとも言う)

その富士重工業さんの、初めての市販軽乗用車といえばご存知

   『SUBARU 360(以降サブロク)』さんの中の、『SUBARU 360コンバーチブル』さんです!!
c0123295_19325282.jpg

要するに、SUBARU 360さんの屋根が折り畳めてOPENになるコンバーチブル仕様のクルマ。

しかも、出目金と呼ばれるヘッドライトを持つ初期のサブロクさんです。
c0123295_19332153.jpg

1959年8月から発売開始で、この車両は1959年製とのこと。

このブログでも、何度かサブロクさんをご紹介してきましたが初期型は初めて。

しかも、コンバーチブルさんはいらっしゃったコトがありません。

わっしも、本でしか観たことが無く、実物が観られるなんて夢のよう。

で、サブロクさんを観るといつも思うんです。

材質とデザインに拘った、丁寧な作りはほんとうに芸術品のよう。

そんなコト思いながら、時間を忘れついつい魅入っちゃう。

こんな丁寧に作られたエンブレムとかね
c0123295_19335994.jpgc0123295_19341143.jpg

あ、この時代ワイパーはワンアームだったのね!!
c0123295_193416100.jpg

出目金ライトやスバルのオーナメントバッヂ、いいねぇ〜!!ウインカーレンズは楕円じゃなく、四角ね!!
c0123295_19343818.jpg

サンバイザーは透明ブルーのプラスチック製が、めちゃめちゃ懐かしい!!
c0123295_19345418.jpg

屋根は、このフックを外して、こんな構造の屋根を畳むのか。な〜るほど!!
c0123295_19351455.jpgc0123295_19352944.jpg

この大口径のハンドルの造形やカラー、ハンドルポストのグリーンもステキだぁ!!
あ!鉄板剥き出しのシンプルなインパネのカーブデザインが、アールヌーボーしてます!!
c0123295_19355240.jpg

SUBARUマークのメーターは、指針式じゃなくて左側から透明の赤い帯が回転して出て来るんだって!!凄い!!観たい!!
c0123295_19362879.jpg

華奢なギアシフトもいいかんじ(奥から、サイドブレーキ、チョーク、スターター、燃料レバーだったかな?)
c0123295_19363877.jpg

お!ラヂヲ(ついこう書きたい)にもSUBARUマーク!!デザインがシンプルでいいなぁ♫
c0123295_19365860.jpg

ペラい紅いシートも機能的に十分なモノ、しかもデザインがいい!!
c0123295_1937211.jpg

そっか、初期のサブロクの窓は引き戸式2分割ウインドウだったんだ!!
c0123295_1937552.jpg

ストップランプはライセンスマーカーと併用の合理的なつくり
c0123295_19381828.jpg

見えるかなぁ?フェンダーミラーに『SUBARU 360』の刻印!!(写真下手ですんません)
c0123295_19383989.jpg

エンジンは馴染みの、2サイクル2気筒356ccで3速ミッションからは4500回転で16馬力を発揮。
c0123295_19392175.jpg

もちろん25:1のガソリン:オイルの混合ガソリンで走ります。(ここから一緒に入れる)
c0123295_1940357.jpg

このクルマって、ほんと楽しい!!飽きない!!
c0123295_2164065.jpg

で、きっと博物館にあるべき貴重なクルマだと思います。(逃げ出して来ちゃったん?)

オーナー夫妻、今日はわざわざ都内から下道を使っていらっしゃって下さいました。

わっしのこのブログを見て下さっていて、行ってみよう!って思って下さったとか。

ほんと、ありがとうございました!!感謝、感謝であります。

地元でも、ほとんど公道で見かけるコトがなくなったサブロクさん。

まだまだ、大切に、しかも元気に乗られていると知りとても嬉しく思いました。

これからも、お元気でお過ごし下さいね。

で、また、気が向いた時に遊びにいらっしゃって下さい。

楽しみにお待ちしております♫


・・・

・・・


冒頭で誕生日を紹介した、わっしのリスペクトミュージシャンのNEIL YOUNG。
彼が抱える相棒のギターが、1953年製のGibson Les Paul モデルで彼が改造を施して使い続けているもの。
もう、60歳のギターなんだ!ボロボロだよね!
気に入ったモノを、そうやって相棒として大事に使い続けてる。
そんな彼のスタイルにも憧れの要因があるんだと思う。
ただ古いモノが好き!じゃなくて、それがほんとに好きで使って付き合い続けてく、そんな精神の人がたまらなく好きなんです。
今回のサブロク・コンバーチブルさんのオーナーさんはもちろんの事、今までこのブログで紹介した全てのオーナーさんをわっしは好きなんですな。
きっと、まだまだそんな方々たくさん居るはず。
ん〜、これからもわっしも精進、精進。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2013-11-12 21:08 | ◆CAR'S | Comments(0)
2013年 11月 10日

笑顔いっぱい753 BROTHER!!


冷え込んで来ましたねぇ。
今日午前中は穏やかに晴れていたのに、午後は通り雨のち快晴で風!!
ま、久しぶりにキレイな夕焼け観えましたけど、木枯らしのような風に凍えています。
もう、11月かぁ...。
どんどん、冬になって行くんですねぇ。
ナベがおいしい季節になるんですねぇ。
って、そっちかい!


・・・

・・・


わぉ〜、かわいいお客さまがいらっしゃいましたよ♫

11月と言えば、この行事でした。
c0123295_18332294.jpg

   『753 BROTHER』のお2人です!!

わっしのバンドメンバーのお孫さんご姉弟。

今日は家族総出で、お2人の753のお祝いです。

で、ついでにわっしらにもお披露目に来て下さいました。

嬉しい〜ぞ!!

お2人ともキレイな着物がお似合いだよ!!

いつもは、『シブ〜、田んぼでカエル捕まえた!』とか教えてくれる2人ですが
c0123295_18341728.jpg

今日に限っては、ちょっとしとやかなお姉ちゃんとお兄ちゃん。

でも、やっぱり外遊びが大好きなお2人。

既に着物の足下は足袋を脱いで、シューズに履き替えてました。がはは!

着物でお店の周りにある草花を摘んでる2人を観ると
c0123295_1835389.jpg

子供らしく元気に育ってるなぁ〜なんて安心してしまいました。

これからも、どんどん外で遊んで色んなモノ発見して元気に大きく育って行って下さいね。

そんで、大人になってもさ『シブー、オモシロいモン見つけたぞ!』って笑顔いっぱいで教えに来てよ。

楽しみにしてっからさ!


・・・

・・・


世界的には、環境激変を始めに色んなリスクが渦巻いてる。
彼らがこれからも、元気にのびのびと育って行ける環境をわっしら先輩が作って行かなきゃね。
それがわっしら大人=先輩の役目でしょ。
そんなリスクも屁とも思わない、骨太で元気なヤツらに育って
更に、この地球を住みやすく変えて行くのが彼らの役目。
だから、まず今お2人は地球=自然にたくさん触れて、自然を大好きになって欲しい。
大好きなところ、汚したくも壊したくもないもんね。
今日お2人の753の姿を見て、先輩はちょっとそんなコト考えちゃいました。
何はともあれ、753おめでとう!!
また、いつものようにわっしらと遊ぼうね。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2013-11-10 18:55 | ◆いらっしゃ〜い! | Comments(0)
2013年 11月 07日

50年掛かっちゃったよ!


最近、アコースティック・ギターサウンドを聴くのがマイブーム。
CSN&Yをはじめ、ジェームス・テイラー、アメリカと洋楽中心ですが、邦楽だと和幸♫
この和幸、いいですよぉ〜。
2作目のアルバム(2枚しかないですけど)『ひっぴいえんど』これ最高!!
メンバーの加藤和彦と坂崎幸之助2人の、CSN&Yへのオマージュ的なアルバム。
なので、オリジナル曲にもかかわらず、CSN&Y風な仕上げの曲でしかも使ったギターも
まったく同じ年代の同じアコギです。(ほぼヴィンテージ・マーチン!!)
もの凄いセンス、しかもまんまCSN&Yサウンド!!
あ〜、和幸のライブへ行き直接そのサウンド聴きたかったです。残念。


・・・

・・・


お!珍しいバイクがいらっしゃいましたぞ。

ブラックとメッキパーツが、めちゃめちゃお似合いですねぇ〜!!
c0123295_17481521.jpg

   『HONDA CB125』さんです。

渋いですねぇ〜。

1964年製ってえと、来年50歳じゃないですかぁ。

もともとこのCB125さんは、あのイギリスはマン島TTレースにHONDAが初参戦した1959年に発売したCB92の後継車。

125ccでかつてない高性能を誇り、国内のライダーを魅了したマシンの後継者だけのことはあり

125ccながらツインエンジンを搭載。しかも10500回転で15馬力の出力はスーパースポーツ並みの高性能です。
c0123295_17511439.jpg

フレームの一部を担う、前傾したエンジンがカッコイイですよね。

一文字ハンドルは、当時のサンデーレーサーのムード満点。
c0123295_17492113.jpg

メーターは何と160キロまで目盛られています!!
c0123295_17494194.jpg

よ〜く観察すると、125ccにしては大きなブレーキドラムが装備されてます。

こりゃ、戦闘力高そうですぞ。

高回転型のこのCB125さん、オーナーさんのお話では回転を上げるにつれ3段階くらいエグゾーストサウンドが変化するとか。

これがHONDAマニアの言う、HONDAサウンドってやつでしょ〜か。

きっと、めちゃめちゃステキなサウンドなんでしょ〜ね♫聴きたいなぁ。

とってもキレイなこのCB125さん、実はオーナーさんが全てをバラバラにしてパーツをクリーニングしただけで組上げたもの。

なので、経年劣化はもちろんあるモノの、とっても大切に乗られ続けて来たバイクのよう。

旧いバイクとの付き合い方として、わっしはとっても好感が持てるのです。

古く汚れたから新しいモノに交換!じゃなく、汚れを落とせば十分まだまだ使えるでしょ!の感覚。

そんな風に付き合って行きたいんです。

そんなカンジで仕上げられたCB125さんは、と〜っても自然にバランス良く美しく見えるのです。

ほら、シートエンドの消えかかった『HONDA』のロゴマーク。ステキでしょ!!
c0123295_1750183.jpg

ここまで渋くするのに、50年掛かっちゃったよ!そんなカッコイイ台詞が出て来ちゃいそ〜ですね。

そ!このバイクには50年掛かって出来た、色んな風景(サビ、キズ、色あせ等など)がバランス良くみえるんですね。

カッコいいぞ!羨ましいぞ!CB125さん。

これからも、100歳までガンバって下さいよね。

そして、また遊びにいらっしゃって下さいね。
c0123295_17515152.jpg


・・・

・・・


アコギサウンドもいいけど、HONDAサウンドも大好きなんだよね。
わっしも、小さなHONDAバイクでぶっ飛ばして来よっかなぁ!
高回転になった時のサウンドは、マーチンD45の1968年製にも負けないステキなモノ。
あ!もしかしてニール・ヤングもHONDAサウンド好きかもね?
そんなコトないかぁ〜、がはは!!
これからも、わっしのサウンドに対する病気は果てしなく続きそうです。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2013-11-07 18:08 | ◆BIKE'S | Comments(0)
2013年 11月 07日

な〜んも要らない!!


寒くなって来ましたねぇ〜。
秋はどこへ行っちゃったんだろ?
もう、暖房器具が欲しくなるくらいの天気になっちゃいましたよね。
秋の日は釣瓶落としのごとし!
最近はほんと陽が暮れるのも早くなっちゃってね。
暗くなるのが早くなって、でもって寒いと来たら気持ちもブルーになって来ちゃいますよね。
イメージする曲は、『ゆ〜やけこやけで日が暮れてぇ〜、カァ、カァ♫』。
あ〜、シチューが飲みたくなって来ちゃいました。
体調崩さないように、気をつけなきゃ。


・・・

・・・


わぉ、この寒さもなんのその!!

凄いクルマがいらっしゃいましたぞ!!
c0123295_15385785.jpg

   『三菱ジープ J−58』さんです。

ド、ドアがない!!
c0123295_15393071.jpg

リアもオープン状態だぁ!!
c0123295_1539516.jpg

わっし :『オーナーさん、さびくねぇ〜んですかい?』

オーナー:『いや、むしろTOPの幌も外したいですよね。
      ヒーター効くので温かいカッコしてれば全然大丈夫ですよ!』

いやいや、大丈夫じゃないですから!風邪ひきますって!

1979年(昭和54年)製のJ−58さん。

エンジンはガソリン仕様の2000cc。
c0123295_15402057.jpg

ブルーがかったシルバーがとてもかっこいいクルマです。

また、エンジンルームのシンプルなレイアウトが、とても好感がもてます。

四駆好きにはたまらないフォルム、わっしの年代の方々は四駆=ジープっていうイメージ強いと思う。

それほどジープというネーミングは、わっしらに強くインパクトを植え付けてるクルマです。

質実剛健の言葉を、まんま具現化したJ−58さん。

エンジン動力を利用したPTOウィンチとか

鉄板剥き出しのインパネにレイアウトされたメーター類ひとつとっても、シンプルで機能的。
c0123295_1541816.jpg

フロントウィンドウ下に配置された、シンプルな風取り口。
c0123295_1541856.jpg

フロアももちろん鉄板剥き出しで、3本のシフトノブがニョキって生えてる。
c0123295_15412843.jpg

現代の至れり尽くせりのクルマとは、全く真逆のいわばな〜んにも付いて無いシンプル(質素)なクルマ。

あ!辛うじてAMラジオはついてましたよ♫

これって、何だか楽しそうなんです。

バイクのように、周りの風や光、それと匂いとか感じながら移動するクルマ。

で、野山の悪路までも走破していっちゃう。

な〜んも贅沢な装備は要らない、悪路の先の目的地へ到達できれば。

これって、アウトドア好きにはたまんないクルマだよね〜。

あ!そーいえばオーナーさん山登り好きだっけ!!納得♫

わっしも、乗せてもらいたくなっちゃいましたぞ。ちゃんと、毛糸の帽子とグローブで装備してね。

きっと、車中の会話もでっかい声で話さないと聴こえないよね。がはは、おっもしれぇ〜。

オーナーさん、今度わっしも乗せて下さい。お願いします!

そうそう、ちょうどJ−58さんの向かい側には、同メーカー弟分?のパジェロさんがいらっしゃったので記念にパシャ。
c0123295_15435228.jpg

四駆好きな方いらっしゃるんですねぇ〜。


・・・

・・・


う〜ん、いいなぁ〜。
あのクルマ、楽しそうだなぁ〜。
強いコンセプトを持ち、しかもコンセプトに沿って余計なモノを一切排除しシンプルに作られたクルマって
ほんと機能美っていうのか、ある種美しいです!!
わっしはJ−58さん好きですね。(欲しい)
これからの季節、やっぱそうは言ってもオープンカーには厳しい気候。
体調崩さないよう、気をつけて楽しんで下さいね。
また、遊びにいらっしゃって下さい。
楽しみにお待ちしております。

んじゃ、まったねぇ〜!!



[PR]

by crabcraft | 2013-11-07 15:54 | ◆CAR'S | Comments(0)