ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 31日

やっちゃんカニⅡ【ひのてぬ2号の場合】


台風一過!スカッと、青空!
ってな天気に、今日はなりませんでしたねぇ。
どんより曇り空。でも、風もなく寒くもなく穏やかな日です。
こちらの方面は、特に大きな被害もなく通過して行きました。

しっかし、昨日の台風14号、季節外れにもほどがありますよね。
一体ど〜しちゃったんだろ?地球全体の季節感、やっぱ変わってきちゃったのかなぁ?
心配ですね・・・。


7月に書いたブログ『その歌で世界をLOVEで!』で、『やっちゃんカニ』っていうバッグ紹介しました。
覚えてらっしゃいますかぁ?
『アコースティック・ギターLOVE熱中症』の方が、お店に集って出来たサークル?『ハッピーハシモト・ギター塾』。
この塾長(校長)と教師(担任)が、生徒さんからサプライズプレゼントして頂いたのが、このバッグでした。
モチーフは、当店オリジナル手ぬぐい『ひのてぬ』をベースに作られたバッグで、とってもコンパクトでかわい〜んだ!!

で、わっしも欲しくって・・・って言っていたら・・・
c0123295_13524845.jpg

じゃ〜ん!!
わっしも、サプライズプレゼント!!
頂いちゃいました!!
もちろん、生徒さんのリエコラボさんに!!

見て見て!
わっしのは、校長、担任のとは違って、『NEWひのてぬ』で作られた、いわばバージョンⅡ。
c0123295_13532393.jpg

で、バッグの内側は、かまわぬの手ぬぐい『歯車』が使用されています!!
c0123295_13535643.jpg

わっしの大好きな色と柄の手ぬぐい。
めちゃめちゃ嬉し〜んですけど!!

イェー、嬉しい!!
これで、晴れてわっしも『ハッピーハシモト・ギター塾』のお仲間に入れていただけたってカンジ。
これからも、塾の執事担当として一生懸命務めさせていただきますゾ。

リエコラボさん、本当にありがとうございました!!


そうそう、校長、担任、そして執事の3人は今ギターの猛練習中!?
まだまだ人前での演奏は、と〜ぶん無理なのですが・・・
いつかきっと、皆さまの前でLIVEを!!を目標にがんばっちょります。
皆さまの温かいご声援をお待ちしとります。

それでは、皆さま宜しくお願い致します。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2010-10-31 14:05 | ◆こんなカンジで使われてます | Comments(0)
2010年 10月 25日

オーバー1000!!


今朝は青空見えていたのに、夕方になったら雨降りそうな天気になっちゃいました。
この時期の晴れた日は、ほんと〜にツーリング日和。
山間部も、澄んだ空気に色ずく紅葉と、最高のシチュエーションでしょうね。

久しぶりに、でかいバイクがやって来ました!
ロングツーリングに打ってつけなヤツ。

   『MOTO GUTTI V11ロッソスクーラ』さんです!
c0123295_2014342.jpg

おぉ〜、イタリア〜ンなレッドのネイキッド。
フロントにマスコット・カウルも搭載し、まさにイタリア〜ンなカフェレーサーですよ。
めちゃカッコイイんですけど!!
因に、お名前のロッソが赤で、スクーラが黒なんだそうです。納得。

ほらっ、横からのフォルムもマフラーもカフェレーサーですよね。
c0123295_20151991.jpg

上を向いたマフラーが、戦闘力ありそうなのであります。
c0123295_20155574.jpg

空冷90°Vツインエンジンは、OHVの1100ccを搭載。
前から観ると、シリンダーヘッドがV字型にはみ出してますぞ!!
でっけーエンジンです。
c0123295_20162680.jpg

紅いタンクに翼を広げた鷲、昔から変わらぬこのマークを観るだけで
このメーカーさんの普遍性の高いバイクへのコンセプトを感じてしまいます。
c0123295_2017635.jpg

メーター周りのデザインも、シンプルでカッコイイ!!
c0123295_20173159.jpg

わっしのイメージでは、山より海。
海岸線を海のマリンブルーをバックにすっ飛ばす。
そんな、ツーリングが似合いそうな一台であります。


で、もう一台のでっかいバイクがこれ。

   『ハーレーダビッドソン FXDB ダイナ・ストリートボブ』さんです。
c0123295_2018846.jpg

言わずもがな、ご存知ハーレーさんです。
見ての通り、エイプハンドルでチョッパースタイルのワイドグライドが特徴。
これがSTDスタイルなんですから、ほんと羨ましい時代になりましたよね。

先ほどのMOTO GUTTIさんと同じOHVV型エンジン。
しかもこちらは、1450ccを搭載しています。
でも、MOTO GUTTIさんの横置きと異なり、ハーレーさんは縦置き。
なので、後ろから観ても、こんなにスリム。
c0123295_20195285.jpg

足付き性も良さそうですよねぇ!?
c0123295_20185878.jpg

シンプルこの上ない、スピードメーターに
c0123295_20201918.jpg

これまたシンプルでお洒落な革製サイドバッグ。
c0123295_20204998.jpg

ん〜、やっぱこのバイクには、北海道の原野を飛ばすのが似合うかも!?

2台とも個性的なイカしたバイクですよね。
これからツーリングには最高の季節。
オーバー1000のこの2台、どの辺りへ向かうのかなぁ?
わっしの予想が当たると楽しいのになぁ。

さぁ、皆さんも安全なツーリングプランで、楽しいバイク旅をお過ごし下さいね。
で、わっしにはそんな楽しい土産話聞かせて下さい。
楽しみにお待ちしております!

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2010-10-25 20:39 | ◆BIKE'S | Comments(0)
2010年 10月 08日

新製品 ヒノデカニタオル!?


いやぁ〜、めっきり涼しくなっちゃって、過ごしやすい日が続いていますなぁ。
わっしは秋の生まれなもんで、この季節が一番好き!
秋刀魚、リンゴ、新米も喰えるし、青空も夕焼けも夜空の星もみ〜んな綺麗だしね。
ドライブにも、ほらっ、最高の季節でしょ〜。

ん〜、やっぱ秋はステキだぁ!!

お店トイレの洗面室に、さりげなく吊るされたタオル。
c0123295_19564327.jpg

よぉ〜く見てみると・・・

   『ん!?ひのてぬじゃなくて、ヒノデカニのタオル〜???』

ヒノデカニ商店の新製品ではありません。
c0123295_19574837.jpg

拡げて観ると、こんなカンジのタオルです。
c0123295_19582298.jpg

どうですか、いいでしょ〜!!

実はこれ、お店で販売している松山油脂のオーガニックタオルと、ひのてぬの合体作。
ひのてぬの柄をカットして、オーガニックタオルに縫い付けてあるんです!!

新製品で販売してもいいかも!!

先月のわっしの誕生日に、お店の常連のお客さまが作ってプレゼントして下さった作品なんです。
すっげぇー、嬉しいんですけど!!
でもねぇ、これを洗面所で使うのどうよ???もったいないじゃん。
そう思っていたんです。
でも・・・
プレゼントして下さったお客さまが、そんな風に使って下さいって言って下さったんです。
なもんで、断腸の思いで(がはは、オーバーっすね)言葉に甘えさせていただき、使わせていただいちゃいました。

トイレにこれが掛かっていたら、きっとラッキーなこと起きちゃう!かもね。

ほんと〜にプレゼントありがとうございました!!
大切に使わせていただきます。

んじゃ、まったねぇ〜!!



[PR]

by crabcraft | 2010-10-08 20:08 | ◆すっげぇ〜!! | Comments(4)
2010年 10月 02日

アコギなヤツらが集まるんだ!【ジャパン・ヴィンテージ編】PART4


今日もねぇ、朝から爽やかな風が吹いています。
と〜っても暑くて長かった夏が終わり、やっと秋到来。
秋の夜長、皆さんはどんな風に過ごされますかぁ?

で、久しぶりにやって来ました、『アコギなヤツら・・・』。
またまた、濃~いヤツらの『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』になりそうですぞ!
さぁ、チャッチャっと始めちゃいましょか!!

   『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』(PART4)

始まり始まり~。
まずは、一本目!!

【Newance Flat Mandorin】
50年代?ヤスマ楽器のフラット・マンドリンです。
c0123295_15145297.jpgc0123295_15162419.jpgc0123295_15152775.jpgc0123295_15175344.jpg

◆TOP:スプルース?  SIDE/BACK: ローズウッド? 指板:マホガニー? ネック:マホガニー?

ヤスマ楽器は、名古屋にありました安間公彦さんが設立した楽器工場です。
Newanceはここのブランド名であります。かのマーチン社や東海楽器のOEMも手がけたという、クオリティーの高い楽器工場だったのですが、既に廃業。残念です。
だってね、昭和30年代でこのクオリティーのフラマン作ってたんですよぉ!
信じられません!オリジナルは、きっとピックガードが装備されていたと思われます。
が、これがまたぜ〜んぜん資料が見当たらず、詳細なコメントが出来ません。
サウンドは、クリアなフラマンサウンド。そして、ネックの曲がりもTOPの膨らみもなく、とっても素晴しいコンディションなものです。
しっかも、このケースが渋くて最高!!
このフラマンで弾く、『サンフランシスコ・ベイ・ブルース』は最高ですよ!


【YAMAHA NO.60】
60年代?日本楽器製による作品です。
c0123295_15183340.jpgc0123295_1519108.jpgc0123295_15193696.jpgc0123295_15195555.jpg

◆TOP:?  SIDE・BACK:? 指板:? ネック:?

全く持って、詳細不詳です。
判明していることは、YAMAHA製品で見ての通りクラシックタイプのボディであること。
多分ねぇ、YAMAHAがフォークギターFGシリーズを世に創出する前に作っていた、クラシックボディに鉄弦が張れる『Dynamic GUITAR(ダイナミックギター)』ってえのがあって、それより以前のギターだと思います。
サウンドは、中音重視の設計で枯れた軽やかな音!とっても、心地よいサウンドです。
しっかし、今回はほんと〜に正体不明のギターが多いなぁ・・・。



【YAMAHA BB-800】
日本楽器製による、1977年頃の作品です。
c0123295_1520477.jpgc0123295_15512955.jpgc0123295_1552448.jpg

◆BODY:アルダー  指板:ローズウッド  ネック:メイプル

やっとスペック分かるものが出て来ましたよぉ、ほっ!
今でもファンの多い、YAMAHAのエレクトリック・ベースギターBBの登場です。
現時点で使用しているのを見られるのは、東京事変のベーシスト亀ちゃん(亀山誠二さん)でしょ!!(apbankbandでの使用頻度高いですね)
亀ちゃんのは、このBB800の上位機種BB1200。違いは、800:ボルトオンネック、1200:スルーネックの差。でも、基本のサウンドは重厚で芯のある重低音。
これが、いい〜音なんだぁ。ほんとこのベースは、いい音だしますよねぇ。
きっと、これからもファンは使い続けて行く1台ですよね。


【BIG THUMB BW-60】
80年代?寺田楽器製による作品です。
c0123295_15524812.jpgc0123295_1553999.jpgc0123295_1553283.jpg

◆TOP:スプールス  SIDE・BACK:マホガニー 指板:マホガニー ネック:マホガニー

マーチンのD-18を思わせるルックス。使用している材料は、全て単板です。
真面目にマーチンD-18をコピーしていますよねぇ。
でも何故か、レフティー用のピックガードが付いています???
サウンドホール近くの指板にある四角い部分には、オーナーさんの名前を刻印してくれるというサービスがあったそうです。凄く嬉しいサービスですよね。
でねぇ、サウンドがいいんだぁ~!!マホガニーのカラッ、シャリ~ンとしたサウンドが気持ちいい。
マホガニー好きのわっしは、たまんない1台なのでありました。



いかがでしたでしょうか?『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』(PART4)。
今回もSPECのよ〜わからんモノばかりで、苦労しちゃいました。がはははは!!
でもねぇ、それぞれのギターが色んな時を経て、今でも使われ続けているってステキじゃないですかぁ!?
一体何人のオーナーさんを経て、今のオーナーさんに辿り着いたのか?
そんなコト考えているだけで、何だかワクワクしちゃうのはわっしだけ?
じゃ、次回はどんなギターをご紹介出来るのか、お楽しみに。

芸術の秋、アコギで独りライブ!な〜んて企画も楽しいなぁ。
もちろん、お客さまは大好きな人でしょ!
恋人、家族、仲間、自分を分かって下さる方であれば誰でもOK。
自宅で、小さな小さなライブを演ってみる、なぁ〜んてのはいかがでしょうか。
きっと、ステキで有意義な時間が過ごせるはずです。

んじゃ、まったねぇ~!!


[PR]

by crabcraft | 2010-10-02 18:01 | ◆GUITER'S | Comments(2)