ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 26日

お彼岸の連休に・・・


昨日から冷たい雨が降り続いています。
春雨でしょうか?
昨日、この地域の小学6年生は卒業式でした。
そんな季節なんですよね。

先日の春のお彼岸連休にいらっしゃって下さった、ステキなクルマたちをご紹介します。

先ずは、英国車のこの方から・・・

   『ミニ・クラブマン』さん!!
c0123295_23581321.jpgc0123295_2359438.jpg

ちょいと前にマルーン系のカラーリングのクラブマンさんをご紹介しました。
で、今回はブラックカラーのクラブマンさん。
まだ、今月3月に新車として卸されたばかり!!ピッカピカのおNEW!!

なぬぅ〜??
c0123295_23593525.jpg

このクラブマンさんって、ミニライト特別仕様車??
オーナーにお話を聞いたところ、何かのスペシャル・エディション車であるのに間違えないですが
それを意味するストライプを加工もせずに、な、何とミニライトのステッカーを上貼りしたのだとか?
それにしても、ステッカーの円の直径が上手い事ストライプに収まっていますよねぇ。

小粋なクルマですよねぇ。お洒落です!!


続きましては、ドイツのこの方・・・

   『AUDI TT RSクーペ』さん!!
c0123295_00512.jpgc0123295_01824.jpg

この方、今年2月に発売されたばっかりのニューカマーですよねぇ!!
前回TTさんはご紹介しましたが、あの方と比べ随分戦闘力のありそうなフェイスになりましたよね。
なんでも、2.5L直列5気筒ターボエンジンでフルタイム4WDシステムなのだとか。
スピードでそうですよねぇ。
ほら、ディスクキャリパーにもRSの刻印が。
c0123295_013449.jpg

今日は、都内から軽井沢を経由して、当店へいらっしゃって下さいました。
連休リターンの渋滞を避け、東北道を無事帰宅されたでしょうか?
また、の〜んびり遊びにいらっしゃって下さいね。


さてさて、お次ぎは日本のこの方・・・

   『TOYOTAランドクルーザー』さん!!
c0123295_024437.jpgc0123295_03847.jpg

ヂィーゼルエンジン3200ccの1980年製と言いますと、通称『ランクルヨンマル』の40系かな?
この、使われたヤレ感がと〜ってもいい味出してますよね。
実は、わっしは隠れジープ系ファン。
このランクルさんとか、Jeep Jシリーズが大好き。
なんたって、仕事してくれそうだもん!!
このリアの3次元ガラスのお洒落さや、観音開きのドアなんて、も〜最高なんです。
c0123295_033569.jpg

このランクルヨンマルさん、既に16万キロ走行しているとのこと!!
これからも大切に乗ってあげて下さいね。


さあて、最後はクルマじゃないんですけど・・・

   『山口自転車』さん!!
c0123295_042888.jpgc0123295_052028.jpg

随分とレトロな自転車でしょ。ロッドブレーキですぜぇ。
そうそう、昭和の時代にドリフターズのかとちゃんがおまわりさんに扮して乗っていたあれ。
街の魚屋さんとか、氷屋さんとかも乗ってましたよね。
街の中で見なくなってから、もうずぅ〜いぶんと時間が経った気がします。

で、この自転車どうしたかってぇ〜と・・・
実は、常連のお客さまにいただいたんです。
というか、正確にお話しするとお預かりしたんです。
北海道は小樽から群馬大学に入学し群馬に移住したお客さまなのですが、今年大手企業に就職が決定。
で、今度住まわれる寮へ持ち込めず、わっしのとこへ置いていっちゃったの。
しかも、まだレストア途中なんです。
事情が事情なので快諾し、わっしがレストアし預かる事に。

で、とりあえず『フルゴネット文具室』前へ止めてあるんです。
はいはい、ちゃんと徐々に直しておきますから。
安心して、働いて下さいな!!
って、ちゃ〜んと遊びに来てよね。待ってるからね。


ってな具合に、今年の春のお彼岸連休は過ぎ去って行きました。
出会いがあれば、別れがある。
ほんとにそんな言葉を痛感した連休でありました。

さぁ、次回は5月連休だぁ。
どんなお客さまがいらっしゃるかなぁ!?
とっても、楽しみにお待ちしておりますね。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2010-03-26 00:14 | ◆CAR'S | Comments(0)
2010年 03月 20日

イージーライダーみたいだぁ!!


今日から巷では3連休!!
と〜っても穏やかな晴天。
桜の花もちらほらと咲き始めたし・・・
こりゃ、高速も渋滞必須でしょ〜ね。
最高のドライブ日和だもんなぁ。


いよいよバイクでのツーリングにも最高のシーズン到来。
ちょいと前までの、あの雪の日が嘘のように、ハルがやって来ちゃいましたねぇ。
先日、ツーリングがてらお店に立ち寄って下さった方々がいらっしゃいます。
c0123295_1849518.jpg
   『HONDAシャドウさん、 YMAHAドラッグスターさん』の2台です。

しかも、オーナーは女性です。
シャドウさんは750cc、ドラッグスターさんは400ccです。
2台ともクルーザータイプのマシンです。
シャドウさんは、750ccの水冷OHCVツインエンジン。
クラシカルなデザインが、このエンジンにとてもお似合いですよね。
ドラッグスターさんは、400cc空冷Vツインエンジン。
こちらも、シルバーにコーディネイトされたカラーリングが渋くてカッコいい。
c0123295_19104168.jpg

こんな風にクルーザータイプのマシンが2台ならんでいると
さながら、現代の『イージーラーダー』ってカンジをイメージいしちゃいます。
そうそう、あのキャプテンアメリカとビリーのチョッパーでの2人旅。
1970年、中2のわっしはこの映画に影響され、寝ても覚めてもバイク、バイクへの
熱い情熱を発火させちゃった、すんごい作品です。

で、その映画のワンシーンを想い出させてくれるマシンたちです。

お揃いのサイドバッグで、何処へ行って来られたんでしょうねぇ!?
c0123295_18505948.jpg

楽しいでしょうねぇ。

イージーライダーの2人は、『自由』を求めて・・・
さぁ、この女性お2人は・・・何を求めて?
c0123295_18515713.jpg

これから、どんどん気温も上がりバイク乗りにとっては最高のシーズン。
皆さん、色んな楽しいトコロへ愛車を駆って・・・気をつけていってらっしゃーい!!
お土産話楽しみにお待ちしてますからねぇ。

ふぅ、わっしも愛車に乗って遊びに行きたい・・・。
がんばって仕事こなして、行くぞぉ!!山へ行くんだぁ!!

んじゃ、まったねぇ〜!!

[PR]

by crabcraft | 2010-03-20 18:58 | ◆BIKE'S | Comments(0)
2010年 03月 05日

おフレンチなブルーざんす!


今日は4月の陽気らしいです。

ぽかぽか、ぽかぽか。

桜の花も咲いちゃう勢いの温かさになりました。
お店も窓全開!!
店内をお散歩する春風が、爽やかで気持ちいいのです。

unnn・・・春爛漫!?


先日、ウチのクルマが車検でした。
ルノーカングーくんです。
高崎市にある、『ルノー Kit-R 高前』さんにお願いしています。
【http://www.gntown.jp/RENAULT/】
店長のImyさんが、めちゃくちゃ面倒見の良い方で、ウチのカングーも人買いしちゃいました。

楽しみなんだよなぁ〜、Imyさんとフランス車のお話しするの。

で、今回もワクワクしながら店内に入ると・・・

どひぇ〜!!
うっそー!!

まじっすかぁ!!

ショールームに、フレンチブルーのボディカラーのこやつが・・・
c0123295_20121264.jpg
   『ルノー8 ゴルディーニ』さんです!!

わっし、このクルマ大スキなクルマなんですよねぇ〜。
しっかも、ピッカピカ!!なんじゃ〜、この美しさは!!
なんで、なんでここにいらっしゃるのぉ??
Imyさんにお聞きしたら、ショールームのコマーシャルカーとして購入されたのだとか。
札幌でレストアされ、こちらにいらっしゃったのだそうです。

このゴルディーニさん、1964年のツールド・コルス・ラリーの優勝者でもあるんです。
その時代の欧州車ラリーカーでは、超メジャーなクルマなんざんすよ。
c0123295_201324100.jpg

フレンチブルーに、2本入ったホワイトストライプ。
もう、これだけでラリー車!!ってカンジを十分に醸し出してますよね。

なんの変哲もないボクシーな3ボックス・スタイルですけど
テールランプ下の「ゴルディーニ」のエンブレムが魅力を発揮しちゃってます。
c0123295_2015644.jpg


で、気になるエンジンSPECはと言うと・・・
排気量1255cc、直列4気筒OHV、SAE表示ながら103PSというハイパワーなんざんす。
独立ブランチのエグゾスト・マニフォールド、それに2基のツインチョーク・キャブ。
このSPECだけで、エンジンの外観へ大いにアピールしてくれています。
しかもですよ、タペット・カバーにゴルディーニを意味する「G」の文字。
c0123295_20162336.jpg

もう、これだけでクルマ好きを憧れさせるに充分なエンジン・ルームなんです!!
オーナーになったら、絶対に自慢したくなる部分ですよねぇ。
c0123295_20172370.jpg

室内のインパネはこんなカンジ。
ブラックとシルバーのインテリアが、スパルタンなクルマを主張しています。
c0123295_20181127.jpg

シンプルなメーター周りも、やはりスパルタンなクルマの象徴。
ハンドルのセンターホーンの、チェッカーフラグとルノーマークが、これまたたまらないのであります。

んん〜、やっぱ、なんの変哲もない小型サルーンのシェイプにこのエンジンのゴルディーニさん。
『羊の革を被った狼』、まさにこの言葉がピッタリマッチングするクルマです。

かぁこいいよなぁ〜!!

これに乗ったら何処へ行こうか?
やっぱ、林道オフロードを攻めちゃう?
でもなぁ・・・キズついちゃうしなぁ・・・かといってオンロードじゃなぁ・・・

って、わっしが悩んでいてもしょ〜がないざんすよね。がはは!!
ほ〜んと欲しいクルマなんですよねぇ。(無理ざんすね)
でも、ここに来ればいつでも会えるからいっかぁ。
c0123295_2021463.jpg

この七宝焼のKEYを持つコトを夢見つつ、また会いに来るから。
それまでここで、待っててね。

あ〜、また夢でうなされそうだぁ〜。
んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2010-03-05 20:57 | ◆CAR'S | Comments(0)