ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 30日

【新製品】apbankデヴュー『でか牛乳受け箱』


ヒノデカニ工房から、新製品のお知らせです。

今回の新製品はこれ!!
c0123295_12455389.jpg

apbank fes'09でデヴュー、空色の『でか牛乳受け箱』


ネーミングの通り、サイズがでかい!!
黄色の牛乳受け箱の、150%アップの大きさ。

比べてみると、ほらっ!!
c0123295_12471364.jpg


使い方は皆さんのアイデア次第。

暮らしの中の彩りとして加えて上げて下さいね。

お値段:1,575円(税込)

[PR]

by crabcraft | 2009-07-30 12:53 | 【新製品】 | Comments(0)
2009年 07月 23日

apbankfes'09出店レポート【Ending編】


天候にも恵まれ、そしてたくさんの方々と触れ合い過ごしたfesも無事終了。
もう一週間が経過しちゃうんですよねぇ・・・早いもんだ!

fes参加応募のギリギリまで、参加か否かの決断に悩んだこと

決定してから、お店閉店後にした準備のこと

常連のお客さまからの、温かい励ましやアドバイス

そして、fesでわっしらを救ってくれた皆さんの笑顔

何とか今回も、出店を無事にやりきることが出来ました。


ありがとうございました!!


来年、またの出店を目指しこれからがんばって行こうと思います。

蟹の棲めるキレイな川、そして、これからも続かなければいけない朝の日の出のために。



c0123295_2081030.jpgc0123295_2092841.jpgc0123295_2010964.jpgc0123295_20103134.jpgc0123295_20104945.jpg
[PR]

by crabcraft | 2009-07-23 20:16 | ◆apbankfes | Comments(2)
2009年 07月 23日

apbankfes'09出店レポート【People編】


fes参加で一番の楽しみが、何と言ってもお客さまとのコミュニケーション!!
今年も、ステキな方々が当店ブースにいらっしゃって下さいました。
来ていただいたお客さま全〜員、ほんとはご紹介したいのですがそれは無理でした。

で、ご了解いただけた方を掲載させていただきます。

『fes の天気が晴れますように!!』
そんな思いで作ったてるてる坊主。
皆さんの思い、天に届きましたよね!!
c0123295_19273080.jpgc0123295_19275670.jpg


昨年のfesの当店でご購入いただいた『ヒノテヌ』で、こんなかわいいバッグを作って見せに来て下さいました。
感動〜!!嬉し〜い!!涙出ちゃうぞ!!
c0123295_19294322.jpg


お店ブース脇に設けた『ヒノデカニのお休み処』。
って、ゴザを敷いて色鉛筆とノートを置いて、の〜んびりご自由に記帳していただけるよう設置しました。
の〜んびりと、こんな方々が休んでいって下さいましたぞ。
c0123295_19311129.jpgc0123295_19315686.jpg


そうそう、fesではスタンプラリーもやっていました。
Koti-Marketのインフォメで配布される絵はがきに、会場内の4カ所のポイントに設置されたスタンプを押印しひとつの絵を完成させる。
そのご褒美に、ほら、apbank特製ステッカーがもらえちゃうんです。いいなぁ〜!!
c0123295_19331510.jpg


とうとう叶わなかったね、本人の唄う『スローバラード』。
でも、今年もライブ会場には悲しいくらいステキな櫻井さんの『スローバラード』がこだましました。
このfesに参加するんだ!っていう、わっしらのモチベーションの第2の理由はあなただった・・・。
このお客さまの自転車用ど派手シャツ、彼の描いたイラストで作られてるんです。
これを着てね、当店にいらっしゃって下り、ほんと〜にありがとうございました!!
永遠だぜ!!イェー、キヨシロー最高!!
c0123295_19341795.jpgc0123295_1934346.jpg


今年も完売『ヒノデカニの35馬力 竹製うちわ』。皆さん、ご購入ありがとうございました。
で、ディスプレー用にと、うちわの裏に即席イラストを描いておいたら・・・
『これが欲しい!!』って、お客さまが・・・。
仕方なく、スペシャルでスタッフと8枚だけ描いちゃいました。
めっちゃくちゃ喜んで下さったから、まっ、いいかぁ〜。
c0123295_19391517.jpg


fes出店も3年目になると、ほんと馴染みのお客さまがたくさんいらっしゃって下さいますよね。
このお2人は、一昨年あの台風で一日しかfes開催出来なかった年の、ライブ中止の快晴の日にお会いしたお二人。
お会いしたときお2人は、会場内の道にチョークで『Mr.Children LOVE』みたいなコト描いていました。
その文字が、と〜っても青空に映えていたコト忘れません。
また、会えましたね!!そして、来年も笑顔でお会いしましょうね。
c0123295_1941229.jpg


こんな素晴らしい出会いがあって、fes滞在期間中のわっしらのココロやカラダは支えられて来ました。
そして、これからもずっとこれが消えることはありません。

当店にいらっしゃって下さったみなさん、ほんと〜に笑顔をありがとうございました!!


[PR]

by crabcraft | 2009-07-23 19:49 | ◆apbankfes | Comments(2)
2009年 07月 23日

apbankfes'09出店レポート【Shop編】


で、当店のブースをちょいとご紹介します。

設置されたブースは、KOTI-MARKETの中央アリアの一番右。
昨年と同じ位置です。
c0123295_1837364.jpg


朝のヒノデカニ商店です。
c0123295_181354100.jpg

夜はこんなカンジになっていました。
c0123295_18141619.jpg

ちょっとムーディーでしょ!

今回のapbankfesデヴューの、『でか牛乳受け箱(ブルー)』
c0123295_1816033.jpg

雨天にもかかわらず、ご購入のみなさんは受け箱を片手に下げバスや電車でお帰りになられました。
翌日、そんな光景を観て不思議がられたお客さまが、当店を通りやっと謎が解けた!って話していかれました。

昨年に続き、今年も完売『ヒノデカニうちわ』
c0123295_18261949.jpg

今年のapbankfesのDVDに、一枚でいいからこのうちわが写っているといいなぁ〜。

そして、完売した『オノトコカード』
c0123295_18162941.jpg

こんなカンジでディスプレー。
『オノトコカード』は会場内から郵便として送ると、apbankのオフィシャルスタンプが押印されるとのことで
みんな自分宛に送っていたようです。

こんなカンジの『ヒノデカニ商店』ブース、皆さんに楽しんでいただけましたでしょうか?


[PR]

by crabcraft | 2009-07-23 18:43 | ◆apbankfes | Comments(0)
2009年 07月 23日

apbankfes'09出店レポート【Artist編】


ライブエリアには、ミスチルはもちろん参加ミュージシャンの方々がいらっしゃいます。
で、今回のシークレットミュージシャンはというと・・・『矢沢永吉』エイちゃんでした。
会場は、観客のもの凄い声援に、衝撃波をくらったように振動していましたぞ!!さすがです!!

ライブ会場以外の場所にも、凄いアーティストの方がいらっしゃいました。

ご紹介しましょう、『Balloon Man Key-BOW(キー坊)』さんです。
c0123295_1792557.jpg

名前の通り、風船を使ってパフォーマンスするアーティストさん。
頭に被る帽子には、
c0123295_177358.jpgc0123295_1771889.jpg

『apbankfes'09』バルーンが!!

こんなモノも作っていました。
バルーンライトです。
c0123295_17114994.jpg

日没辺りにキャンドルに点灯し・・・
c0123295_17125340.jpg

夜になると・・・
c0123295_17131172.jpg

こんなステキな灯りで、お客さまを迎えてくれるのです!!
すっごく神秘的です!!

こんなステキなモノを作るアーティストのキー坊から、当店へのサプライズがあったんです。

『ヒノカニバルーン』!!イェー!!
c0123295_17162435.jpg

そう、これをプレゼントしていただきました。
キー坊的表現の『ヒノデカニ』だそうです。
もう、超〜嬉しくって、感動して涙出そうでした!!

で、こんなカンジに当店ブース内に飾っておきました。
インパクトある〜!!
c0123295_17175080.jpg

キー坊のバルーンパフォーマンスを観た時の、みんなのあの笑顔が忘れられません。

ライブエリアのミュージシャン以外で、このフェスにいらっしゃったお客さまを側面から楽しませてくれる
そんな素晴らしいお1人がキー坊だと思います。
こういった方々ひとりひとりの力のシナジー効果で、フェスがステキなものになって行くんですよねぇ。

キー坊、また必ずどこかでお会いしましょうね。
本当にお疲れさまでした!!


[PR]

by crabcraft | 2009-07-23 17:34 | ◆apbankfes | Comments(2)
2009年 07月 23日

apbankfes'09出店レポート【Weather編】


今年も行ってまいりました!
夏フェスの中でも大きなイベント『apbankfes'09』。
静岡県は掛川市にあるYAMAHAリゾート施設『つま恋』。
ここで毎年開かれる、ecoをキーワードにしたライブイベントに今年も出店して来ました。

早速、出店レポートしたいと思います。
前夜祭の7/17から7/20までの4日間、日付順にレポートしたいのですが
それほどたくさんのデータも無いもんですから、適当にカテゴリー別なレポートにします。

まずは、会場での気になる天気。
出店したKotiMarketエリアの、当店ブース内から見た状況です。
前夜祭の17日朝は、こんなカンジの雨模様。
c0123295_1558232.jpg

2日目の朝、曇り。
c0123295_1558464.jpg

3日目の朝、晴れ。
c0123295_15591740.jpg

そして最終日の朝は、曇り。
c0123295_15593434.jpg

まだ、梅雨の開けない東海地方の滞在期間中の概ねの天気は曇り。
で、ちょっと小雨があったりしてジメジメ、そして夕方には雷雨もといったカンジの天気でした。
とにかく蒸し暑く、氷水の補給だけが救いでありました。

そうそう、『梅おばさん』の梅かき氷の旨さにも、ほ〜んと救われました。絶品です!!


[PR]

by crabcraft | 2009-07-23 16:27 | ◆apbankfes | Comments(2)
2009年 07月 14日

アコギなヤツらが集まるんだ!【ジャパン・ヴィンテージ編】PART2


またまたやって来ました、『アコギなヤツら・・・』。
前回の、『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』をご覧になったお客さまが
次回はこれも載せて欲しい!!って、アコギ持って来ちゃいましたよ。

もぉ〜、どうしよー!!
じゃあしゃ〜ねぇ、またやっちゃいます。

   『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』(PART2)

始まり始まり〜。
まずは、一本目!!

【HUMMINGBIRD 100F】
TOKAI楽器製造、HUMMINGBIRDブランドの12弦ギター。
c0123295_221587.jpgc0123295_2221993.jpgc0123295_2223845.jpg

◆TOP:不詳  SIDE:不詳 BACK:不詳 指板:不詳 ネック:不詳

参ったなぁ〜、一本目から濃いの出て来ちゃったよ。情報が全くないのであります。
特徴はというと、懐かしいゼロフレットを指板に持ち、ピックガードにはなんと貝のインレイが入っています。
しかも、ピックガードがボディにネジ留めです。まさに60年代GibsonHUMMINGBIRDみたいですよね。
でもって、ブリッジの形状がデザインチックでユニーク!!
これは、とってもお洒落でステキであります。
サウンドがまた鈴なりのような、と〜っても上品なサウンド。
現代まで、作り続けて欲しかったモデルなのであります。

【MILES2000】
マイルス2000、黒澤楽器製造の作品です。
c0123295_226196.jpgc0123295_2262369.jpgc0123295_2264151.jpg

◆TOP:不詳  SIDE:不詳 BACK:不詳 指板:不詳 ネック:不詳

すんません・・・またまたSpec不明機種であります。
ちょっと見た目、Gibson J45?って見間違えてしまうコピーモデル。
だからきっと、ほぼ仕様はGibson J45と同様の、スプルース・トップ、マホガニー・サイドバックだと思われます。
サウンドも、やっぱそんなカンジでカッテイングの切れ味が特徴的。
この他に、マーチンD76、D41モデルも発売されていました。

【LMG CUSTOM】
メーカー不詳、全くもって情報がありません!
c0123295_228383.jpgc0123295_229263.jpgc0123295_2292979.jpg

◆TOP:不詳  SIDE:不詳 BACK:不詳 指板:不詳 ネック:不詳

マーチンD28のコピーモデルでしょうか?ブリッジサドルが、ロングサドルになってます!!
バックを観ると・・・おぉ〜、なんだかハカランダ材のような木目をした材であります。
サウンドも、まずまずのモノでとっても真面目なギターであります。

さぁ、やっとSpecの分かる日本楽器製YAMAHAギター陣の登場です。
まずはこれ。
【FG240】
1972〜74年製の作品です。
c0123295_2313119.jpgc0123295_2315020.jpgc0123295_232493.jpg

◆TOP:スプルース  SIDE/BACK:マホガニー 指板:ローズウッド ネック:アフリカン・マホガニー
通称グリーンラベルの時代のギターです。サイドバックのローズウッドが、観て下さいよこんなキレイ!!
このギター自体、30年以上経っているとは思えない素晴らしいコンディションであります。
サウンドも、ライトで抜群なヤマハサウンド。これからの弾き込みで、さらにクォリテーが高まりそうな個体です。
ガツンと弾き込んでやってくださいね。

【FG401W】
1975〜78年製の作品です。
c0123295_2334386.jpgc0123295_2335882.jpgc0123295_2341867.jpg

◆TOP:エゾ松  SIDE/BACK:パリサンドル 指板:パリサンドル ネック:アフリカン・マホガニー

おぉ〜、Gibsonハミングバードのようなモデルであります。
分厚いピックガードには、フラワーの彫刻。ブリッジはアジャスタブルになっています。
さながら’60年代のGibsonハミングバードを多分に意識した構成なのであります。
サイドバックは、ローズウッドに似たキレイな柾目のパリサンドル。
サウンドもボリューム感のある、ライトサウンド。
ストーンズの『アンジー』なんて弾いたら最高〜。

【FG440】
1972〜74年製の作品です。
c0123295_236149.jpgc0123295_236199.jpgc0123295_2363784.jpg

◆TOP:スプルース  SIDE/BACK:ハカランダ 指板:縞黒檀 ネック:アフリカン・マホガニー

グリーンラベル時代のギターです。ヤマハでいうフォークタイプの小振りのギターです。
しかも、上級モデルだけあって、今では輸出入禁止となってしまったハカランダのサイドバックになっています。
サウンドは、ハカランダらしいボリューム感のあるサスティーンの長〜いサウンド。
オープンチューニングでCSNYの曲なんて演ったら、最高に合っちゃうでしょ〜ねぇ。
それにこのボディサイズ、歳取るとこのサイズのギターが弾きやすくっていいんだよねぇ〜。

さぁ、ラストのギターは
【FG180】
1966〜72年製の作品です。
c0123295_238421.jpgc0123295_2382342.jpgc0123295_2384066.jpg

◆TOP:スプルース  SIDE/BACK:マホガニー 指板:ローズウツド ネック:マホガニー

言わずと知れた赤ラベル時代の『イッパチ』こと、FG180です。
もー何も言うことはありませんよね。前々回に登場したFG150と同時発売、ニッポンのフォークギターの創世機種なのであります。
サウンドも、FG150をボリュームアップしたナイスサウンド。
海外ではアメリカ、ボブディラン、国内では吉田拓郎をはじめとしたたくさんのフォークシンガーが使っていましたよね。
現在でも、エンケンこと遠藤賢司が弦をぶち切りながら弾き込んでます。
わっしもこのギターに憧れ、高校卒業後の既に発売終了後に見つけ回ったものです。
ジャパン・ヴィンテージ・アコギを代表する、永遠に憧れのアコギなのであります。

さぁ、いかがだったでしょう?第二回『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』は?
個性的なギターが勢揃いしちゃいました。
詳細不詳ギターのオンパレードには、さすがのわっしもたじたじであります。
しかし、そんなギター達の中でもステキなギターがたくさんありました。

何だか、第二回をアップした後に、またまたギターが集まって来そうな予感がします。
一体何処まで続くのでしょうか?この対決??

それでは、第三回の『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』をお楽しみに!!

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2009-07-14 02:54 | ◆GUITER'S | Comments(2)
2009年 07月 06日

キャトル伊東がやって来た!?


今日は朝から雨。
何だかこのところ、やっと梅雨らしい天候になりました。
恵みの雨として大切なことは分かっているのですが、やっぱりジメジメは嫌ですよねぇ。

明日の七夕さま、晴れてくれるかなぁ・・・。

おっ、ライトブルーのボディのクルマがパーキングに入りました。
あれぇ〜・・・
『ルノー4(キャトル)』さんです!!

c0123295_1173137.jpg

もしかして・・・
あっは〜、やっぱりぃ!!
ドライバーズシートにいらっしゃったのは?
c0123295_1183240.jpg

当店に最高のスペシャルティ珈琲を提供下さっている、『伊東屋珈琲』さんの伊東オーナーでした。
【伊東屋珈琲HP:http://www.itoyacoffee.com/】
満面の笑顔、メッチャ嬉しそうですねぇ!!

実はこの伊東さんのキャトルさん、な、なんと今日が納車日!
c0123295_1194089.jpg

納車の足で、当店に遊びにいらっしゃって下さいました。
c0123295_1204091.jpg

イェ〜!!嬉しいぜ!!
先週のさんくフルゴくんに続いて、キャトル伊東くんがいらっしゃって下さるなんて最高!!

このキャトル伊東くん、先週のサンクフルゴくんとほぼ同年代の80年代初期のモノ。
エンジン850CCで、ルノーキャトルTLというグレードの4ドアセダンタイプ。
ボディパーツにはメッキ処理が施された、デラックス仕様のキャトルくんです。
で、ルーフにはキャンバス地のWサンルーフまで付いてるんですよ。お洒落〜!!

室内はこんなカンジで、大人4人がゆったりと座ることが出来ます。
c0123295_1281687.jpg

インパネは、さんくフルゴくんと同様なシンプルなデザインになっています。
c0123295_129987.jpg

そしてこれが850CCのエンジンルーム。
c0123295_1294181.jpg

メンテナンス性のすこぶる良い、シンプルな空間がそこにあります。

で、ナンバーはというと、蟹フルゴ、さんくフルゴと同じ『4(キャトル)』!!
c0123295_1305264.jpg

も〜、言うことありまへんわ。

伊東さん、蟹三カフェでしばしわっしとキャトル話で談笑。
短時間でしたけど、笑い絶えないすっご〜く楽しい時間でした。
や〜っと身近にキャトル仲間が出来て、わっしはほんとに嬉しくて!!
伊東さん、今度ご一緒にツーリングしましょうね。
楽しみにしてますからね!!

そして明日は七夕、キャトル伊東のWサンルーフをOPENにして、天体観測しながらドライブ。
BGMはもちろんこれ、RCサクセッション『雨上がりの夜空に』。イェー!!
伊東さん、キャトルくんとステキな付き合いしてあげて下さいね。
最後に、当店のルノー2台と一緒に記念撮影、パシャ。
c0123295_1324944.jpg


雨のそぼ降る中、ライトブルーのキャトル伊東くんが元気に帰宅です。
c0123295_147164.jpg

やっぱ、かわいいなぁ〜!!

さぁ、全国のルノーキャトルのオーナーの皆さん、是非当店にいらっしゃって下さい。
できればお仲間のキャトルさんとご一緒に、パーキング埋め尽くして下さい。
そんな日が訪れること、楽しみにお待ちしております!!

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2009-07-06 00:00 | ◆CAR'S | Comments(0)
2009年 07月 04日

4ビートで行こうぜ♪?【PART2】


梅雨休みの、7月の土曜日。
またまた、あの軍団がいらっしゃいましたよぉ〜♪
c0123295_024204.jpg

イェー!!
久しぶり〜、ビート軍団だぜぇ!!

c0123295_030362.jpg


しかも、今回はシグナルカラーでお出まし。
c0123295_0271482.jpg

ほら、
♪赤・青・黄色サンカラー、バラ、バラ、バラ〜♪【三洋電機カラーTV】
って、ちょっと古すぎるコマーシャルソングでした。

で、いつみてもかわいいですよねぇ。

ビートOFF会は、蟹三カフェのデッキでミーティングです。
熱〜く熱く、皆さんで楽しそ〜に語られています。
今回折角の機会なので、メンバーの写真も撮らせていただきました。
で、お顔も修正なしで出させていただいちゃいます。
(ごめんなさい。だって、モザイクすると犯罪者みたいなんですもん)
c0123295_0283814.jpg

ほ〜ら、こんなにもいい笑顔!!楽しそうでしょ〜♪

いつかこのパーキングを、ビート全色で埋め尽くす!!って、メンバーの方がおっしゃられていました。
4ビートのJAZZから、8ビートのROCKにアップしちゃうかも。(できればBluesがいいなぁ)
おぉ〜、それって楽しみ〜♪のような、怖いような・・・ははは!!
それ是非、やってみて下さいよ。
わっしは楽しみにしてまっせ。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2009-07-04 00:00 | ◆CAR'S | Comments(2)