ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 17日

アコギなヤツらが集まるんだ!【ジャパン・ヴィンテージ編】


前回のブログで好評を博しました?、『アコギなヤツら・・・』。
またまた、夜な夜な蟹三カフェに蛾のように群がって来る、そう、ヤツらの近況を一発報告いたしやす。
今回報告するテーマはこれ・・・

   『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』

って、別に対決はしていないんですが、何となくそれっぽいタイトルかなぁ、と思い書いてみました。

で、まずはその栄誉ある一本目!!

【TOMSON D-38】
すがの木工製作所による、1975年製の作品です。
c0123295_23392642.jpgc0123295_2259983.jpgc0123295_23273745.jpg

◆TOP:スプールス  SIDE:マホガニー BACK:マホガニー&メイプル3P!! 指板:ローズウッド ネック:ナトー

誉れ高き、かのマーチンD−45のコピーのようです。サウンドホールやボディー周りに白蝶貝のような象嵌。
なのにヘッドには、GibsonのようなスペルのTomson???
わっしらが高校生の時代、通信販売でしか購入出来なかったメーカーのフォークギターです。
高校生でも、何とか購入出来るリーズナブルなギター。友人の多くが所有していました。

【BlueBell W600】
TAMA楽器製による、1979年製の作品です。
c0123295_2328402.jpgc0123295_23291261.jpgc0123295_2329332.jpg

◆TOP:スプールス単板  SIDE・BACK:ローズウッド 指板・ブリッジ:ローズウッド

マーチンHD-28のコピーモデルです。先日、本物のマーチンHD-28と蟹三カフェで鉢合わせ。
寸分違わぬその丁寧な作りの良さに、みんな改めてジャパンギターに感動してしまいました!
オーナーさんの激戦のキズ跡が、飴色に焼けたボディにと〜ってもカッコ良く刻まれてます。

【Three S TG-035T】*型番は不詳。035Tはカタログ写真は14Fでネックがボディにジョイント。
鈴木バイオリン製による、1977年製の作品です。
c0123295_23305824.jpgc0123295_23312018.jpgc0123295_23314124.jpg

◆TOP:スプールス単板  SIDE・BACK:ローズウッド 指板・ネック:ローズウッド

スローテッドなヘッドで12Fボディ・ジョイントは、まさにマーチン・ニューヨーカーモデルです。
そのニューヨーカーモデルの中でも、12弦ギターとなると超稀少でレアなギターなのであります。
小振りのこのギターが奏でるサウンドは、綺麗な鈴なりサウンド。最高です!!
歳取って来ると、こんな小振りのギターが気負わずに弾けていいんだぁ〜。

【YAMAHA FG-150】
日本楽器製による、1970年製の作品です。
c0123295_23323449.jpgc0123295_23325746.jpgc0123295_23331434.jpg

◆TOP:スプールス  SIDE・BACK:マホガニー 指板:ローズウッド ネック:マホガニー

日本のフォークギターはこのギターから始まった!!発売された1968年、当時わっしらはまだ小学生。
きっと高校生だった先輩たちだって、16000円のこのギター買うのは大変だったはず。
わっしも、このV型のヘッドや、ビヨ〜ンと突き出したこのピックガードに憧れたもんです。
未だ、プロミュージシャンが使用しているこのギター。ほんと〜に、今でも惚れ惚れするサウンドです。

【K・YAIRI YD-61】
(株)ヤイリギターによる、1988年製の作品です。
c0123295_2335462.jpgc0123295_23353555.jpgc0123295_23355743.jpg

◆TOP:スプールス  SIDE・BACK:メイプル 指板:ローズウッド 

今回の『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』の中では、一番若造なギターです。(とはいえ20年以上経ってる)
まず、ちょっとジャンボなボディが目を引きます。で、なんとボディ全体の塗装がマット仕上げ(つや消し)!
そして、シンプルなデザイン・指板・サウンドホールにアバロンのインレイ!!とってもシンプルで綺麗なギターです。
そして、サウンドがいいんだぁ!!低音も高音もバランスがいい。ちょっと、欲しいかも。

さぁて、いよいよ『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』のラストを飾るのは・・・

【Jullian W150】
黒澤楽器による、1973年製の作品です。
c0123295_233714.jpgc0123295_23372577.jpgc0123295_23374189.jpg

◆TOP:スプールス  SIDE・BACK:メイプル 

マーチンD-35?のコピーモデルです。黒澤楽器のオリジナル・ブランドとして発売させたジュリアン。
先ずは、そのネーミングにやられちゃいました!そして、クラシックギターのようなサウンドホール周りの象嵌。
きっと、フォークギターという楽器にどう自社の独自性を出そうかと、必死になって作っていた頃の作品だと思います。
メイプルのトラ目が、とってもイカしたギターでした!!

さぁ、いかがだったでしょう?第一回『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』は?
どのギターも個性的で、勝った負けたなどという対決にはなりませんでしたよね。
まだまだきっと、ステキなギターがた〜くさんあると思います。
そんなギターをお持ちのあなた、是非ご自慢の一台をお持ちになって夜の蟹三カフェにいらっしゃってみて下さい。
こんなアコギなヤツらが、待ち受けてますから。(特に、金土日に出没してます)
そして、ヤツらにう〜んと自慢して下さい。
ヤツら嬉しそ〜に、褒めて下さいますから。

それでは、第二回の『ジャパン・ヴィンテージ・アコギ対決!?』をお楽しみに!!

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2009-05-17 00:06 | ◆GUITER'S | Comments(4)
2009年 05月 11日

4ビートで行こうぜ♪?


暑い!!
最近、異常に暑いです。
昨日は月に一度の蟹マルシェ(蟹マル)の日。
まだ5月だというのに、30℃超えの真夏日でした!!
この調子で、本格的な夏を迎えたらど〜なっちゃうんでしょ。
やっぱ、地球がとても心配です・・・

先週土曜日、やっぱり天気のい〜い日でした。
カフェしていた常連のお客さまがポツリと

   『あれ?同じようなクルマが何台か入って来るよぉ!?』

で、パーキングを見てみると・・・
c0123295_17272326.jpg

どひぇ〜!!
HONDA BEAT軍団だぁ!!

4台のビートさんが、連なって来て下さいました。

先月、シルバー、イエローのビートさん4台を、このブログでご紹介させていただきました。
その方々3台と、今回は新しくブルーのビートさんもいらっしゃって下さいました。
合わせて4台のビートさんが、パーキングに並んじゃいました。
イェ〜!!カッコいいー!!
先月のお約束、忘れないでいて下さったんですねぇ。嬉しいです。
こんな風に、同一車種がパーキングに並ぶ日を待ち望んでたんですよぉ。

新たにいらっしゃって下さった、ブルービートさんのご紹介です。
c0123295_17295063.jpg

メタリックの入った、ブルーボディ。
お話によると、このヘッドライトのアッセンブリーは新品なのだとか。グラスの輝きがキレイでした。
c0123295_1730183.jpg

基本はノーマルで仕上げていらっしゃるそうです。
c0123295_17303674.jpg

このソフトトップの幌も、新品パーツで結構な金額なのだそうです。
お話を伺ったりこのスタイルを見ていると、オリジナルな状態での完成度がとっても高いクルマなのだなぁ・・・と痛感しちゃいます。

それにしても、4ビートいかしてます!!
c0123295_17325815.jpg

といっても、JAZZのノリとはちょっと違うかなぁ。
1台として、同じ仕上げのビートさんが無いっていうのが、JAZZのアドリブっぽくて似ているのかも。
これで、10台、20台集合しちゃったら、めっちゃ楽しいんでしょうねぇ。(って、駐車できないか?)
でも、次回はわっしの大好きな8ビートかな。

オーナーさん達は、の〜んびり蟹三カフェのデッキでビートさんを眺めながらクルマやバイク談義。
さながらビートさんでの、カフェレーサー!!
この時だけは、ちょい悪オヤジのような子供ような、そんな時間を過ごしているハズ。
共通の話題あると、ほんと時間経つの忘れちゃうんですよねぇ。
c0123295_17334930.jpg

そして、カフェも終わりオーナーさん各自のビートさんに乗り込みご帰宅です。
エグゾーストも1台1台が異なり、と〜っても楽しいのであります。
4台が連なって出て行く姿は、ほんと絵になってます。
そして、カワカッコいいんですよ!!
わっしも、1台欲し〜いぞ!!(ほとんど病気ですな)

また、皆さん連なって遊びにいらっしゃって下さいね。
楽しみにお待ちしております。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2009-05-11 17:44 | ◆CAR'S | Comments(4)
2009年 05月 04日

ヒノデカニ商店の木箱【机のまわりの場合】


黄金週間も終盤に突入!
高速道路での渋滞が、各所で発生しているみたいですよねぇ。
皆さんくれぐれも焦らず、の〜んびりとして気持ちでご走行下さいね。
って、火曜定休のわっしらは、何処までも1000円の恩恵もなく悲しい思いをしとりまんがな・・・とほほ。
でもね、黄金週間終わって道がすいた定休日に、新緑を観に山へ出掛けますぞ。
それまで、が〜んばろ!!

先日、ヒノデカニ商店の木箱ご購入のお客さまから、お便りいただきました!!

   『はじめまして。今日箱を買いました。机まわりのものを片付けました。』

そして添付いただいたお写真がこれ
c0123295_20321394.jpg

CDや本が整理されてるぅ!!
木箱が床板と馴染んでますなぁ〜。いいカンジ、いいカンジ。
これねぇ、使い込んで行くと、どんどんいい味出して来ますよ。
丁寧いに使い込んで行ってあげて下さいねぇ。きっと、100年持つかも!?

お便り本当にありがとうございました!!

何の変哲もない杉の木で出来た『ヒノデカニ商店の木箱』。
でもきっと、その木の持つ温もりで、生活の中に優しい空間を演出してくれると信じています。
あなたの手で、そして色んなカタチで『ヒノデカニ商店の木箱』成長させて行ってあげてみて下さい。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2009-05-04 20:29 | ◆こんなカンジで使われてます | Comments(0)
2009年 05月 03日

カブツーしませんかぁ!?


巷は、今まさに黄金週間の真っただ中。
ニッポン国中、東西南北へとみなさんお出かけかも。
いいなぁ〜、1000円で高速道路何処へでも行けちゃうなんてぇ・・・火曜定休のわっしら使えないじゃん。
でもいいんだぁ、皆さんお仕事に入ってちょっと静かになったら、外に出てみるんだ。
それまで、わっしらは皆さんに喜んでいただけるようがんばります!!

おっ、バイクでお客さまだ!!
渋い色のカブじゃん!!
c0123295_1856198.jpg

   『HONDA SUPER CUB』さんです!!

『ニシシンマチモチカブ会』のメンバーでいらっしゃる、あのキャロルのミニカの、そしてサブロクのオーナーさんのあのお方です。
今日は、愛車カブさんでのご来店です。
c0123295_18565655.jpg

おぉ〜、キレイになさっているじゃないですかぁ。
シートもレッグシールドも、タイヤもピッカピカであります。
燃料タンクとボディが別体となっているカブさんの、1979年製最終型のようです。

オーナーさんが高校生の時、中古車を大枚3万円で購入。
大学生になってからの八王子生活でも通学の足として
そして、現在まで乗続けられてきたカブさんです。
でも、まだ3793キロしか走ってません!!(新古車のようです)
c0123295_18571953.jpg

ハンドル上の、注意書きやシフトパターンのシールも、ほら、まだまだしっかりしています。
これからまだまだ、オーナーさんと色〜んなところへツーリングしに行けちゃいますよねぇ。
c0123295_18581948.jpg


そうそう、まさに季節はちょ〜どバイカーにとって最高の時期。
カブでツーリング、なかなかオツじゃないですかぁ!!
スピードはそこそこに、周りの景色をちょっと意識しながら、の〜んびりカブで走る。
燃費のいいカブ、レギュラー満タン500円で200キロ!!
ねっ!!みんなで『カブツー』しましょ。

いよいよ黄金週間も後半に突入。
皆さん、安全運転で楽しい休暇をお過ごし下さいね。
ドライブの途中、想い出したら『ヒノデカニ商店』へもお越し下さいね。
楽しみにお待ちしております。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2009-05-03 19:08 | ◆BIKE'S | Comments(0)