ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

2CVがやってきた!(PART 2)


この土日は、低気圧の影響で雨が強く降りました。
お店の東を流れる聖川も、この影響で増水し音をあげながら濁流化していました。
岩手・宮城内陸地震の被災地が、とっても心配になりました。
一刻も早く、正常な生活に戻れるようお祈りいたします。
自然の猛威って、ほんと怖いですよね。

雨の日曜日、こんなお洒落なクルマがいらっしゃいました。
ホワイトのボディに、グリーンのアクセントカラーがとてもチャーミングです!!

   『Citroën 2CV』さんです!

2CVから降りていらっしゃたご夫婦、クルマに負けず劣らずお洒落ざんす!
グリーン系のパンツ、革バッグ、シューズと、2CVのカラーとトータルコーディネイトされています。

   『お洒落〜、か〜っこいい〜!!』

思わず口をついてしまいました。
フレンチなムードを醸し出すお2人、今日は福生から、ここ群馬の知人宅を訪問後に、お店にご来店いただきました。
フレンチなムードを醸し出す・・・
それもそのはず、クルマはフランス車Citroën 2CV、そして年に一度、長野県車山高原で開催されるフランス車のお祭り・フレンチブルーミーティングの常連さんでもありました。
2CVのことでフランスまで行かれてしまうご主人と、ご主人に負けないくらいクルマの知識豊富な奥様と、お2人のお話を伺っていると時間の経過を忘れてしまうほど楽しいんです。
わっしも一度は、このフレンチブルーミーティングに参加してみたい!って思っていたのですが、敷居が高くて今だ未参加。
でもねぇ、このお2人が参加していらっしゃるのなら、是非、会場でお会いしてお話ししたい!って思っちゃいました。

そうそう、話しを一旦2CVさんに戻すと・・・
年式は1987年製、オリジナルカラーはオールホワイト。これに、アクセントカラーとしてグリーンを、ご主人自らの手で塗装。
ボンネット下パネルと、リアのハッチ部が塗装されています。
それにしても、本当によく手入れされているクルマであります!!
ご主人の愛情が手に取るよう伝わって来ます。
内装に目を移してビックリ!!マットがグリーン/ホワイトのチェック。ここまで、コーディネイトされているとは・・・、さっすがなのであります!!
しかも、この2CVさんナビ付いています!!
うぇ〜、マジっすかぁ〜!!ビックリであります。
助手席には・・・、わぉ〜、手作りのフラワーポット!!お洒落すぎます。
シフトノブ見えますかぁ?これも、お仲間の作品なのだそうです。

エンジンは、2CV6と呼ばれるこの車種は602CC、最高出力はなんと5750回転で29馬力!
そして、そして、今とっても気になる燃費は・・・

   『リッター20Km!!』

凄いです!!エコカーです!!明日からの、ガソリン値上げもモノともしませんよね!?
でもって、このお洒落なフォルムですよぉ。もう、何も言うことありませんね。(欲しい・・・)

蟹三カフェで、オーナーご夫妻から色んなお話をお伺いしました。
・奥様が動物好きであることのお話
・ご主人の歴代所有のお車のお話
・フレンチブルーを通じて知り合った、沢山のお仲間のお話
・お若いころやっていたコトのお話
・etc etc
お話上手なお2人の世界に、どんどん魅き込まれちゃって、一体今が何時なのか分からなくなってしまうほど。
ほ〜んと、楽しくって素敵なご夫妻であります。(まるで、夫婦漫才みたいです。すんません)

雨も小降りになって来ていました。
ご夫妻との尽きないお話にピリオドし、また、お店に遊びにいらっしゃって下さるとのお約束をされ、2CVさんに乗られお店を後にされました。
イエローバルブの灯りで小雨をキレイに照らし、まるで走るムードまでも演出しながら。

ん〜、短い時間でしたが、とってもココロが充実しました。
ひとつの事に情熱を傾け、色んな実践をしてらっしゃる方々のお話は、と〜っても楽しいです。
また、そんな素敵な方いらっしゃらないかなぁ。
楽しみです!!

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_17375687.jpgc0123295_17383022.jpgc0123295_17385262.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-30 17:39 | ◆CAR'S | Comments(0)
2008年 06月 25日

こだわりの一品、スプ〜ン!?


梅雨っぽい雨雲がたれ込んだ日が続いてます。
断続的に降る雨も、やっぱ梅雨っぽいですよねぇ〜。
恵みの雨になってくれればいいんですけれど。

今回ご紹介するこだわりの一品はこれです。
興味の無い方には、何だかぜ〜んぜん分からないですよねぇ。
何やら、BOXの中に色の付いたキレイ?な小さなモノが下がっているように見えますよね。
なんじゃ、これ???

   正解は、『ルアーBOX』でした。

そう、下がっているものは、渓流に棲む魚(トラウト)を釣るための疑似餌で、スプーンと呼ばれる種類のモノです。
おびただしい数のスプーンが入っています。
ざっと見で、1BOXに200個近い数のスプーンが収納されています。
スプーンというルアーはその名の通り、食事の時に使うスプーンがモチーフとなっています。
こんなモノで魚釣れんのぉ???
それが、摩訶不思議釣れちゃうんです。
湖畔で食事をしようとしていた釣り人が誤って湖に落としたスプーン目がけ、猛烈にトラウトがアタックしてきたそうです。
この様子をヒントにスプーンに針を付けたものを落としてみたら、目論見どおりトラウトが釣れたことに端を発しているルアーなんですよ。

しかし、このおびただしい数のルアーを所有するオーナー、一体どんな方なんでしょう?

へへへ、実はオーナー、わっしの釣り友達であるDGさんのタックルBOXでした。
釣り友達といっても、釣りに対する情熱・技術は尋常なものではありません。
彼が長い年月と経験から編み出した『DGルアー釣法』は、ルアー釣りの世界では知る人ぞ知るほどの技術なのであります。
そ〜いえば、一時期の管理釣り場で、み〜んなこの釣法マネして釣ってたっけ。
それだけ、この釣法を習得すれば釣果が上がったってことだったんでしょうねぇ。凄いです!!
どの世界でも、オリジナルのモノを開発した人は崇められるよう、DGさんも釣り雑誌のライターの依頼を受けるまでになっちゃいました。

そんなルアー釣りの猛者である彼の、現在のタックルBOX。
きっと、ルアー釣りの好きな方には、たまらない一品だと思います。
そして、きっとこう思われるハズ・・・

   『ほんと〜に、こんなシンプルなパターンでいいのぉ?』

そうなんです!一般的なタックルBOXには、もっと色んな色のルアーがカラフルに並んでいるんです。
ましてや、セミプロのような方のそれといったら、さぞかし色々な色のパターンが・・・と思いきや、片一方はほとんどがイエローのみ、もう一方もホワイトのみと2色のみしか並んでいません。
オーナー曰く、カラーリングは釣果に大きく関連しないよ、問題は如何に魚の居る棚(水深)を素早く見極め、如何にその棚を泳がせるかだと。
要するに、このタックルBOXには、同じカラーでも重さの異なるルアーがSETされており、魚の居る棚に合わせ重さを変更出来るようにしてあるんです。
ん〜、やっぱあるコトを超越した人間はやっている事が、凡人とは大きく違う事に驚いてしまいます。

そんなDGさん、最近の釣り人に頭を悩めていることがあります。
それは、釣果ばかりを追い求め、釣るまでのプロセスや、自然との対話を楽しむ釣り人が少なくなって来ていること。
で、DGさんに出来ること、釣りというまさに自然の川との対話から成り立つ遊びを通し、もっともっと川を、自然を、大好きになってもらえるような活動を計画しています。
そうなんです、自然が大好きな人は、その自然を汚すなんてこと絶対しませんものね。
DGさんがんばれ!わっしも、微力ながらお手伝いしますからね。

それから、このDGさんから皆さんへ嬉しいお話を頂きました。
それは、このタックルBOXと、このブログ内容からオーナーDGさん本名が分かった方
先着5名様に、DGさんよりスプーンルアーのプレゼントを頂けます。
お分かりの方、ヒノデカニ商店にいらっしゃってご回答下さいね。

いやぁ〜、話ししていたら山へ、大好きな渓流へ遊びに行きたくなりました。
新緑、そしてキレイな水の渓流!!見ているだけで、気持ち安らぎます。
お仕事でお疲れの皆さんには、是非、お薦めのポイントです。癒されますよぉ〜!!

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_1941163.jpgc0123295_1943093.jpgc0123295_1945317.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-25 20:06 | ◆こだわりの一品 | Comments(0)
2008年 06月 20日

OH!NO.ライダーがやって来た!


月曜日の朝です。
今日も梅雨の合間の、ピーカンの晴れの日です。
それでも、少し風もあり清々しいカンジの天気です。

お店の開店準備が終わり、開店早々にバイクでのお客さまです。
ふふふ・・・ライダーはそう、W650のあの方であります。

ある時は、アイボリーのサブロク使いシン
また、ある時は、Wカフェレーサーを駆るジョージ
またまた、ある時は、謎のモトグッチ売り?カーリー
そして、本当の素顔は・・・OH!NO 館林W650ライダーだぁ!!

って、昔の七色仮面風にご紹介してみました。(知らないかぁ?)
そうです、今日月曜日は館林W650ライダーさんのご職業が公休の日。
いつも、ヒノデカニ商店に遊びにいらっしゃって下さいます。

いらっしゃる度に思うんです。
館林W650ライダーさんいつも、ファッショナブルだなぁ〜って。
ほんと、お洒落な方なんです。
冬場のマフラーや、バイクウエアのメーカもカッコいいモノばかり。
今日も、ほら、タータンチェックのシャツに濱文様さんの手拭いでマフラー、そしてライダーグローブもイカしてます!!
バイクのキーには、お手製の消しゴム判子の『SHIN』マークが押された荷札が・・・OH!NO.渋すぎますぜ。
そんなお洒落で声もあの方に似ているので、2人でおしゃべりしていると、またど〜しても錯覚して来てしまうんです。

   『ほんとは、ミスチルの桜井 和寿さんじゃねぇの???』(ごめんなさい・・・)

今日も蟹三カフェでわっしとおしゃべり、そして、愛車W650さんを駆ってお帰りになりました。
ある時は、アイボリーのサブロク使い
また、ある時は、Wカフェレーサーを駆るあんちゃん
またまた、ある時は、謎のモトグッチ売り?
そして、本当の素顔は・・・ほんとは、ミスチルの桜井 和寿さんじゃねぇの???
また、お休みの日に遊びにいらっしゃって下さいね。
楽しみにお待ちしております。

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_13514637.jpgc0123295_1352798.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-20 13:59 | ◆BIKE'S | Comments(0)
2008年 06月 20日

まったりベスパあんどんカブ!


6月の『蟹マル』も無事終了。今月も、お客さまや出展者の方々、みんな素敵な笑顔で楽しく過ごす事ができました。
来月からも、もっと楽しく過ごせるマルシェになるようがんばります。

そうそう、『蟹マル』終了後にお店にいらっしゃって下さったバイクをご紹介します。
まず1台目のバイク?は・・・

   イタリアのスクーター代表『VESPA PX200』さんです。

VESPA社のスクーターと言えば、映画『ローマの休日』でオードリーとグレゴリーの2人を載せ、ローマ中を駆け巡ったスクーターで有名ですよね。
そのVESPA社の中で、200ccのエンジンを積んだモデルが、このVESPA PX200さんです。
ヒノデカニ商店にも、VESPA 50Nくんが棲んでいるのですが、このVESPA PX200さん随分とスタイルなども50Nと違いますねぇ。
現代の機能デザインを追加しつつ、伝統のクラシックデザインを継承していった堂々のモデルであります。
フロントディスクブレーキ、インスツルメント、ハロゲンヘッドランプ、ブリンカー、シート等が ちょっと見でも一新されているようです。すっげー装備なのであります!!
オーナー蟹三のブルース(アイスコーヒー)をデッキで飲まれ、お帰りになりました。
で、それを見てビックリ!!すっげー加速感があって、は、早いんです!!あのVESPAが・・・。
うちのまったりベスパのイメージは、もはやPX200さんには残ってないのかなぁ・・・。

次のバイクをご紹介します。

   ニッポンのバイク代表『HONDA SUPERCUB C70 』さんです。

もう、何もインプレッションするコトはありませんよね。
誰もが知っている、そう、ホンダ カブくんですよ。
若者からお年寄り、田舎でも都会でも、スーツでも野良着でも、な〜んでも似合っちゃうスーパーなバイク、カブくんですものね。
そのカブの中でも、1969年から生産されヘッドライトの下にポジションランプを備え、それが行灯のようだから通称「あんどんカブ」と呼ばれるC70さんです。
排気量は70cc、だから勿論2人乗りもOK。
他に、この「あんどんカブ」の特徴というと・・・鍵穴の位置を明るく照らすキイライト!
ホーンボタンを押すと、左のサイドカバーにあるメインキイの横の小さな豆電球が「ポワッ」と光るという素晴らしい機能。この光で、くらい中でも一発で鍵穴にキーを差込めちゃいます。
でも、もうこの機能は現代のカブには継承されていません。寂しいですよねぇ。
スタイルは、も〜う見ての通りカブしちゃってます。見るからに、カブです。明らかにカブです。
で、オーナーこのC70さんの荷台に、レトロなブリキ缶を装着してあります。
一体、何のブリキ缶だったんでしょうねぇ〜。そして、中に何を入れるんでしょう。気になります。
ブリキ缶の後側に、おっ!!ヒノデカニ商店シールが・・・嬉しいです。ありがとうございます。
それと、ブリキ缶にくくり付けられたアルミ製?の水筒?も気になります。
USアーミー部隊で使用されているような水筒であります。ジュースでも入れておくのでしょうかねぇ???気になる。

や〜っぱ、カブはいいなぁ〜!!わっしも大好きであります。
お店には、マスコットバイクのカブC100を代表に、4台のカブが棲んでおります。
カブ、これ以上語ることもありませんよね。
カブ仲間〜、みんなヒノデカニ商店に遊びに来て下さい。待ってますよ〜。

ってなわけで、イタリア、ニッポン両国代表バイクのご紹介でした。
また楽しいバイクがいらっしゃったらご紹介いたしますからねぇ。
皆さん、お楽しみに!!
そうそう、それと皆さんからのコメントも宜しくお願いします。
わっしのブログ製作の励みになりますんで。

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_12584588.jpgc0123295_1259184.jpgc0123295_12592098.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-20 13:09 | ◆BIKE'S | Comments(0)
2008年 06月 19日

PORSCHE550スパイダーがやって来た!


今日は月に一度、お店の庭で開かれる日曜市『蟹マル』の日。
心配していたお天気も、ちょっと暑いんじゃな〜い、ってくらいに晴れました。
お客さまも今日の日差しにやられ、お店デッキに逃げ込み、アコースティックLIVEを聴きながらカフェタイムです。
まったりしたアコースティックLIVEが終了しほどなく・・・

ボロボロボロ・・・
パーキングにゆっくり入って来た銀色の物体。
どひぇ〜!!

  ジェームスディーンの愛車 『PORSCHE550スパイダー』さんです!!

何を隠そう、このわっしフランス車が大好きなのですが、もっともっと大好きなクルマがポルシェなんです。
しかも、ポルシェ356には生きているうちに乗ってみたいと夢見ておるのであります。
その356の兄弟である、550スパイダーさんがとうとう当店にやってきちゃいました。
やばいです!このシルバーボディ。言葉が、言葉が出ません!!
余りにもインパクトが強すぎて、インプレッションが出来ない状態です。
だって、全〜部が好きだから・・・。

気を落ち着けて、インプレッション始めます。
実はこのクルマ、PORSCHEではなく、これをレプリカしマルカツが販売した『ベック550スパイダー』さんです。
ボディはFRP製、エンジンはVWの空冷エンジン1.9Lのハイカムエンジンが搭載されています。
しっかし凄いレプリカであります。きっと、ちょっと見本物との区別は難しと思われます。
まず、本物のPORSCHE550スパイダーに会えるのはミュージアムとなるくらい貴重なクルマ、それがですよ腐食の心配もないFRPボディで購入できるなんて夢のようです。
ボンネットには本物のポルシェエンブレム、メーター類もVDO社のレトロチックなもの。
も〜、550スパイダーそのものですよぉ〜!!最高〜!!

って、ちゃっかりお店の常連ノリちゃんが、ドライバーズシートに乗ってスカしてます。(オーナーではありませんよ)
その横にカナタくんがやって来て・・・『ノリちゃん、カッコいい〜』。お世辞の言える優しいヤツです。
も〜、この後はお決まりの550スパイダーとお客さまとの大記念撮影大会。
お客さまは、も〜超大盛り上がりであります。

それにしても、この太田に550スパイダーが棲息していたとはほんと驚きです!
しっかも、お店からとても近い場所に・・・です。
オーナーさん、お客さまのわがままにも快く応えて頂き、ほんと〜にありがとうございました。
皆さん、本当に喜ばれていましたよ。
また、これに懲りず遊びにいらっしゃって下さいね。

ま〜た、興奮しちゃいました。
これでまた血圧上がって寿命が縮んだかも・・・。ヤバいヤバい。
最近、面白いクルマが集まってくるようになって、わっしは楽しいぞ!!

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_1723766.jpgc0123295_17232495.jpgc0123295_17234140.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-19 21:27 | ◆CAR'S | Comments(2)
2008年 06月 19日

ポタリングチームがやって来た!


OBT先輩が帰った後の午後、天気が怪しくなって来ました。
ちょっと雲が出て来て、雨の気配も・・・やっぱ、梅雨だよなぁ。天気不安定だぁ。

そんなコト思って外見ていたら・・・おっ!!自転車を駆って、4名でご来店です。
男性2名の方は、マウンテンバイク系。
女性2名の方は、折りたたみサイクルと、クロスバイク系。
お話を伺ったところ、川に沿ったサイクリングロードを使い、7キロくらいポタリングしていらっしゃったとか。
いいっすよねぇ!川沿いの道を、の〜んびりポタリングだなんて。
この辺りは川が多く、土手を利用したサイクリングロードが整備されています。
これを使えば、例えば海まで170キロくらい走れば行けちゃうんです。(ははは、行けないかぁ?)

で、わっしの目にとまった自転車2台紹介です。(2台とも女性のヤツです)
1台はこの赤いチャリ!!フランスはプジョー製のチャリさんです。
わっしはフランス車が大好きなんです。ハハハ!
で、かわいいでしょ〜。フランスチックな赤いボディがお洒落ざんす!!
でも・・・え〜!!この、小さいタイヤ(10インチくらい)で、他のチャリと一緒に走って来たんですかぁ?!凄いでやんす!!
足つらないように、気をつけて下さいよね。

もう1台がこれ、カナダはルイガノ製のチャリさんです。
何と言っても、このターコイズブルー?のようなボディカラーに惚れちゃいました。
しかも、サドルとグリップのブラウンカラーが、ボディカラーにとってもお洒落に似合っています。
そうそう、それとフロントに付けた籐製バスケットも、と〜てもお洒落ざ〜ますよ。

この2台、わっしのポタリングのイメージにピッタリなチャリなんですよねぇ〜。
特に、赤いチャリはお店の周りの新緑に映え、とってもイカして見えました。
そして、ポタリングのルートに、当店でカフェを入れて下さって、とっても嬉しいです!!
また、是非、4台でポタしながら遊びにいらっしゃって下さいね。
楽しみにお待ちしております。

とってもエコな遊びであります。ポタリング。
ガソリンも年内には200円/リッターになるようです。
自動車を使った生活にも、いよいよ真剣に見直さなければ行けない時期がやって来そうです。
対策のひとつに、自転車へのスイッチも一考あれ。

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_16231679.jpgc0123295_16233175.jpgc0123295_16235186.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-19 16:30 | ◆いらっしゃ〜い! | Comments(0)
2008年 06月 19日

M2 1001がやって来た!


梅雨入りだっつ〜のに、ほんま暑い日が続きまんなぁ〜。
今年も、灼熱の夏になっちゃうんでっしゃろか?
ん〜、ほんまかないまへんわぁ。(って、関西弁あってますかぁ?)

おっ!!この強い日差しの中、パーキングにネイビーのロードスターが。
ん!?待てよ・・・もしかしたら・・・
や〜っぱそうだった!!
わっしの大好きな大先輩OBTさんが、愛車を駆っていらっしゃいました。

   『M2 1001』さん

1991年12月(平成3年)、マツダの子会社「M2」から内装や外装、足回り、エンジンなどに独自のチューニングを加えたスペシャルモデルとして1001さん誕生!
簡単に言えば、メーカーが出した改造ロードスターですね。
生産台数300台限定(先輩のは264台目)で、販売金額はベース車ユーノス・ロードスターの約2倍の350万円。2倍ですよ、2倍!!(しかもエアコン抜きで)

先輩の1001さんは、ネイビーボディにアイボリーホワイトというお洒落なツートーンカラー。
’60s英国ライトウエイト車を思い出させてくれるフォルムに、足回りにレトロチックでシンプルなデザインのアルミホイールがナイスチョイスなのであります。
ハードトップにはロードスターだけのミーティング『KARUIZAWA MEETING』の’98〜’08までの11年間のステッカーが!圧巻であります!!
そして、剥がれかけた『RACING MATE』のステッカー。’60sのレーシングマシンを演出するには、とっても重要なアイテムです。(しかも、当時モノですよ)
かのレーサー生沢徹が、VANのステッカーとこれを一躍有名にしたコトは、当時のカーマニアには言うまでもありませんよね。欲しいです!

外見はロードスターと余り変わりないようですが・・・、ディテールを見て行くと全くの別物である事が徐々に分かって来ます。
まず、エンジンルームに目を移すと、ワォ〜!眩し〜い、眩しすぎるぞ!!
そこは、走るコトにだけ選ばれた、贅沢なパーツ達が目に飛び来んできます。
バフ研磨シリンダーヘッドカバー、スタビライザー、ステンレス製タイプエグゾーストマニフォールドと、これだけでも戦闘力ありそうなカンジしちゃいます。
で、実際のスペック値では、ベース車より10馬力の最高出力向上とのこと。やっぱ別物です!!
エクステリアやインテリアなど、他の部分に目を移すと・・・
フォグランプ内蔵フロントエアダムスポイラー、専用フロントバンパー、アルミ砲弾型ドアミラー、アルミフィラーキャップ、アルミペダル三点セット&アルミフットレスト、皮張りタイプ専用センターコンソール、3連メーターセット&皮張りタイプメーターフード、アルミシフトノブ&アルミパーキングブレーキレバー、専用ドアトリム&アルミWレギュレーターハンドル、本皮製ドアバッグ、専用バケットタイプシート、ロールバー、専用メーターセット取り付け用インストルメントパネル などなど・・・。
この1001さん専用パーツで作られております。とても、とても贅沢な造りであります。
とにかく、その丁寧に作られた専用パーツを見ているだけでも、ん〜、ため息が出ちゃいます。
これで、ベース車のロードスターと1001さんが別物である事がお分かり頂けたかと思います。

しかもですよ、OBT先輩この1001さんを、な、なんともう1台所有なさっております。
しかも、色違いのホワイトボディ車!!凄すぎる!!
今度は、ホワイトの1001さん乗って来てくださいよぉ。お願いします!

蟹三カフェで、先輩としばしクルマ談義。
とにかく情熱のある先輩で、ほんと尊敬しちゃってます。(ほんとっすよ)
カフェも済み、梅雨の合間の明るい日差しを浴びながら、ネイビー/ホワイトの1001に乗り込み、いつもの笑顔でお帰りになりました。
ほんと、OBT先輩カッコイイよなぁ〜!!わっしも、あんな風になりたいものです。

ふぁ〜、また興奮しちゃったなぁ。
血圧上がったかもなぁ・・・やばい。
でも、また面白いクルマ来ないかなぁ。雨降らなきゃ来るかもね。
早く、梅雨明して欲しいもんですね。

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_1564464.jpgc0123295_157993.jpgc0123295_1573662.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-19 15:20 | ◆CAR'S | Comments(0)
2008年 06月 12日

Citroën BXがやって来た!


以前ブログで書いたように、わっしはフランス車が好きなのであります。
特に、お店の看板娘でもあるルノー車が大好き。
で、次に好きなのが、今回ご紹介するシトロエン車なのであります。

先日、お友達の結婚式に参列されるとのコトで、手拭いご祝儀袋を購入にいらっしゃったお客さまが
この、シトロエン車のオーナーであります。

   『Citroën BX』さんです。

シトロエン車で有名なのが、あのでんでん虫のような『シトロエン2CV』。
丸っこい愛らしいデザインで、南フランスの片田舎をトコトコとの〜んびり走っているイメージの素敵なクルマでした。
これとは全く正反対に、直線的なデザインが特徴のBXさんです。
その中でも、ブレークと呼ばれるステーションワゴンのBXさんになります。
初めて見たときわっしは、余りにも2CVとのデザインギャップが大きく、ほとんどピンときませんでした。(ごめんなさい)
時期が経つにつれ、ハイドロニューマチック機構をもつサスペンションや、ロングホイールベースによる荷室キャパの大きさに興味を魅かれるようになりました。
フランス車も好きですが、働くクルマも大好きなこともあり、次第にBXさんに魅かれていました。
あれほど違和感を感じたデザインも、好きになっちゃいました。
特に、後輪がホイルハウスでちょっと隠れたデザインが好きなんですねぇ〜。カッコイイ〜。
それと、シトロエンのハンドルと言えば一本スポークで有名ですが、BXさんもほら、ちゃ〜んとこの部分は継承していますよ。これ、ほんといいですよねぇ。

オーナーとは忙しい会話となり、今回BXさんのお話がちょっとしか聞く事が出来ませんでした。
次回いらっしゃった時に、ゆ〜っくりお話し出来たらなぁ・・・って思っています。

そうそう、それとオーナーと一緒にいらっしゃった奥様?(間違っていたらごめんなさい)は、実は先日シトロエン2CVに乗ってご来店して下さっていたそうです。
気づかずごめんなさい・・・夜に来たので、クルマ気づかなかったですよね。って、フォローまでして頂き、ほんとごめんなさいね。
次回は、昼間にご来店下されば、ばっちり写真取らせて頂きますので。

ん〜、また、楽しいクルマにお会いする事ができちゃいました。
さぁ、次はどんなモノが遊びにいらっしゃってくださるかなぁ、楽しみだぁ。

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_0293914.jpgc0123295_0295317.jpgc0123295_030838.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-12 00:30 | ◆CAR'S | Comments(0)
2008年 06月 11日

チャッピーくんがやって来た!


最近ですねぇ、お店の近所の方々が、ワンコのお散歩がてらカフェにいらっしゃって下さいます。
で、その時にワンコを繋ぐ場所がなく、皆さんにご迷惑をかけちゃっていました。
その解決策として作ったのが、お店のシンボルツリー桂を支える柱に横木をつけ、それにカラビナを設置したワンコ止めを設置いたしました。
2匹分しかないのですが、やぁ〜っと、ワンコ見ながらカフェ出来るようになりましたよぉ〜!!

早速、ワンコ止め第一号さんがいらっしゃいましたよ。嬉しいなぁ〜!!

   『チャッピーくん 9才(男の子)』です。

かわいい〜でしょぉ〜!!
わっしは、チャッピーくんがワンコ止めに繋がれるのを見てから、チャッピーくんに触りたくて、触りたくて。
チャッピーくんのお父様お母様に、お店の中でお話を伺いながらカフェ対応。
対応が終わり、やっと外で待つチャッピーくんとご対面出来ました。
目まで隠れてしまうくらい毛足が長く、近づいても人なつっこいチャッピーくん。
かわい〜い〜!!の、一言なのであります!!
初めて会ったわっしの『お手』にも、ちゃ〜んと両前足で対応してくれて、わっしは、わっしは、とっても嬉しいのであります。(涙、涙)
かわいい〜のであります!!
欲し〜いのであります!!(またかよ)

お父様お母様いわく、この人なつっこさが番犬としてはマイナスとのこと。
いいじゃないですかぁ、番犬マイナスで結構。
こんなに人と優しく接してくれるのなら、番犬じゃなくて息子です。
息子よりも、もっとかわいいかも。(すんません、言い過ぎです)

お父様お母様のカフェも済み、チャッピーくん一緒にクルマに乗られ帰って行かれました。
かわいかったなぁ・・・・チャッピーくん。
また、わっしのところに遊びに来て下さいね。
楽しみにお待ちしてますからね。

みなさんもワンコとご一緒にご来店の際は、このワンコ止めを是非ご利用下さいね。

んじゃ、まったねぇ〜!!


c0123295_2275681.jpgc0123295_22815100.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-11 22:11 | ◆いらっしゃ〜い! | Comments(0)
2008年 06月 11日

ラビット號がやって来た!


CBさんWさんのカップルを送り出して間もなく、また、すっごいバイク?がいらっしゃいました。
プププププププ〜(排気音)・・・とにかく音がいい!!
そして、そのスタイルがと〜っても素敵なのであります。
地元太田市にある富士重工業さんの、その昔に2輪ブランドでありました

   じゃあ〜ん!!『ラビットスクーター』さんです。

かっわいい〜ですよねぇ〜!
ホワイト&グレー、ツートーンのカラーリングがとっても渋カワイイのであります。
現代の目で評価したとしても、と〜ってもお洒落なカラーリングだと思いませんかぁ?
そしてこのラビットさん、日本のスクーターのパイオニア的な存在なんですよねぇ。
ディテールに目を向けて行くと・・・やっぱり弟分のスバル360くん同様、随所にふんだんに使われたアルミパーツに目を引かれます。
そのひとつがこれ、シンボルマークのラビットマーク。(跳ねたウサギがお洒落です)
これって、ぜ〜んぶアルミ製ですよぉ。
現代のバイクでは、マークはみ〜んなステッカーになっちゃってますよね。
こんな部分ひとつとっても、現代のバイクと比較すると、ほ〜んと贅沢なパーツ作りだったんですよねぇ。
丁寧なモノ作りの姿勢には、ほんと感動させられます。(もっと他のパーツも紹介したいなぁ)
このラビットは125cc、この車種(多分S301B4かな?)としては中期のモノになるそうです。
1960年代の生まれとして、ざっと50年近く乗り続けて来られたコトになります。
ひとつひとつ丁寧に作られたパーツで出来ているが故に、こんなにも長い年月修理しながら乗り続けられるんでしょうねぇ。

そして、そして、またしても驚くべきモノを発見。
どひぇ〜、今度はこのラビット、小樽市ナンバーです!!
名古屋、福岡に続き、こんどは小樽ですぜぇ。びっくりです!!
一日の内に、北海道と名古屋と九州のバイクが、このヒノデカニ商店にやって来たんですよぉ!!
オーナーの出身が小樽市で、現在は大学院生として桐生に住んでいらしゃるそうです。
なので今日は、桐生から自走されて来て下さいました。ありがとうございます。

オーナー、わっしとスクーター談義をなさって、夕方になった道をライト点灯して帰っていかれました。ププププ〜ってね。
まるで『三丁目の夕日』のワンシーンを観ているような、そ〜んな気持ちがあったか〜くなるような帰宅シーンでありました。
是非、またラビット號でいらっしゃってくださいね。
楽しみにお待ちしております。

いいなぁ〜、また、欲しいバイクが増えちゃいました。ラビット號!!
欲しいなぁ・・・。
何色に塗ろうかなぁ・・・って、やばい、やばいぞ、具体的プランになっちまってるぞ。

んじゃ、まったねぇ〜!!


c0123295_21334590.jpgc0123295_2134243.jpgc0123295_2134218.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-11 21:40 | ◆BIKE'S | Comments(0)