ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:◆こだわりの一品( 8 )


2014年 01月 14日

恋のコーヒールンバ?!


♫昔アラブの偉いお坊さんが
 恋を忘れたあわれな男に
 しびれるような香りいっぱいの
 琥珀色した飲み物を教えてあげました♫


蟹三カフエをお休みしたのが、昨年7月22日。
それまで提供させて頂いていたコーヒーにも、たくさんのファンが付いて下さいました。
その方々を中心にした、とっても熱いカフエ再開のリクエストにお応えすべく
現在は、テイクアウトでのご提供をさせていただいております。

ホットコーヒーは、オリジナルブレンドの『蟹三が笑った!』と『フランス気取りのカフェオレ』を。
アイスコーヒーは、『ブルース』と『ブルースオレ』を。
店内でお飲みいただくことは出来ませんが、外のデッキテーブルで飲んでいただいております。

先日、そんな蟹三カフエからのファンの方がコーヒーを飲みに来て下さいました。
で、差し出されたのがこのタンブラー!!
c0123295_22443291.jpg

え!?このタンブラーのデザイン・・・。
c0123295_22524765.jpg

蟹三カフエで、旬のコーヒーとしてお出ししていたコーヒー豆のパッケージシールじゃん!!
しかも、こんなにたくさんの。
c0123295_22512648.jpg

え??どーしたのこれ??
お客さまにお聴きしたら、『シールがもったいなくて、パッケージから剥がしてコンビニで縮小コピーしてつくりました。』とのこと。
c0123295_2249175.jpg

マジですかぁ!?
メチャクチャ嬉しいんですけど!!
ヤバっ、落涙しそう!!
こんなコトまでやって下さるなんて、感謝です!!感激です!!
蟹三カフエ、やっててほんとに良かった!!
ほんとありがとうございます!!

今年も、小さなコーナーですがコーヒー販売致します。
コーヒー豆も『蟹三が笑った!』だけですが、販売を致します。
十分なおもてなしとまではいきませんが、宜しかったらお召し上がり下さい。
今まで同様、心込めて丁寧に淹れさせていただきます。
宜しくお願い致します。

♫みんな陽気に飲んで踊ろう
 恋のコーヒールンバ♫


んじゃ、まったねぇ〜!!

[PR]

by crabcraft | 2014-01-14 22:56 | ◆こだわりの一品 | Comments(0)
2009年 08月 08日

世代交代【はたきの巻】


8月に入ったというのに、今日も曇天。
湿度が高く、過ごしづらい日が続いてます。
梅雨明けしてるのに、どぉしちゃったんですかねぇ???
この先、スカッ!!っと青空の暑い夏の日が来るんでしょうかねぇ・・・。(心配)

お店を開店してから、毎朝お店の掃除を担ってくれた『はたき』さん。
c0123295_1157349.jpg

1年8ヶ月お店のチリを叩き続け、とうとうこんなにも穂先が短くなってしまいました。(右側です)
c0123295_11575564.jpg

正絹の穂先は、静電気が起きずまとわりつきがないので、しなやかにチリを叩くことが出来ます。
でも、こんなに短くなると・・・機能を果たせなくなってきちゃいました。

で、思い切って新調し2代目へ。
c0123295_11581628.jpg


そう、今日から世代交代です!!
う〜ん、やっぱ素晴らしい使い心地だ。
今日からは2代目が、朝のお店をキレイにしてくれます。

よっ、2代目!!がんばってくれよ、頼むぜ。

初代は後でわっしが修復し、また、現場復帰してもらう予定です。
だって、捨てられないし・・・もったいないですもんね!!

んじゃ、まったねぇ〜!!



[PR]

by crabcraft | 2009-08-08 12:05 | ◆こだわりの一品 | Comments(0)
2009年 04月 16日

ピッカピカの、いぶし銀???


今月4月といえば、新学期や新年度の月。
学生さんは新学期、会社では新年度になり新たな気持ちでの1年がスタートです。

そして、ピッカピカの1年生の入学式もありましたよね。
そんな、バリバリ小学1年生がお店にいらっしゃって下さいましたよぉ!!
c0123295_15345298.jpg

おぉ〜、『こうつうあんぜん』の文字の入った、真新しい黄色いカバーをつけたランドセル。
1年生の時って、ランドセルがこんなに大きく感じるんですねぇ。

どれどれ、わっしにランドセル見せてごらん。
c0123295_1536179.jpg

おぉ〜、触れただけでしっかり感がわかるぞ。
ランドセルのサイドには『土屋鞄製造所』のタグが!!
c0123295_15355152.jpg

ランドセル造り44年、東京は門前仲町にあるお店の総牛皮のランドセルです。
もっちろん、ひとつひとつが職人さんの手によるハンドメイド。

パパとママが、ランドセルを買うのであれば是非これ!って思っていた製品です。
このランドセルのカラー(茶系)を選んだのはご本人。
なかなか一年生にしては、渋い色を選びますなぁ。
しかもこの色、パパママが選んで欲しい!って思っていた色とジャストマッチ。
テレパシーが通じるのかなぁ・・・素晴らしい親子であります。

で、更にランドセルを観察すると・・・
この金具見て下さいよ!!いぶし銀ですよぉ。ピカピカしてないんだ。
c0123295_15385556.jpgc0123295_15374411.jpg

んん〜、ますます渋いのであります。わっし好みでカッコいいのであります!!
使い込むほどに、アジが出て来そうなランドセル。
6年後には、きっと本当に渋い鞄に仕上がっていることでしょう。

これから6年間、こんなステキなランドセルに夢や希望をたっくさん詰め込んで、楽しい学校生活過ごしてね。
そして、パパママのようなステキな大人になって、世界へ羽ばたいて行って下さい。
わっしも、楽しみにしてますからね。
ねっ、『怪盗20面相』さん。
そうなんです、ランドセルの持ち主は、あの『怪盗20面相』さんでした。【http://crabcraft.exblog.jp/7909085/】
で、『怪盗20面相』さんって、小学生だったんですねぇ。ビックリです!!

また、わっしをビックリさせに遊びにいらっしゃってくださいね。
楽しみにお待ちしております。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2009-04-16 15:44 | ◆こだわりの一品 | Comments(0)
2008年 09月 29日

アーティストパワー!<その5>


外は冷たい秋雨が降っています。
公園の欅の樹や、庭のシャラの木が赤っぽく色づいて来ています。
少しずつ、確実に、秋は深まって来ているんですねぇ。
お店のカツラの樹も、どんな風に変身してくれるのか、今からワクワクして待っています。
きっと。真っ黄色の♡に変身してくれると信じて・・・。

そんな、ちょっと肌寒い秋を感じられた先週の金曜日。
お店に凄いモノが届いたんです!!

店内雑貨コーナーのガラス窓から見える、この棒のようなモノは一体・・・
棒の上側には、何やらおっきなモノが付いています。
さあ、これな〜んだ???



じゃじゃじゃじゃ〜ん!!正解はこちら。

おっきなトンボの羽でしたぁ〜!!

しかも、全て木製の作品です。
作品の隣にいらっしゃる方が、この作品の作者さん。
東京芸術大学で、工芸科彫金を専攻していらっしゃる吉田泰一郎さんです。

一枚の木の板から、トンボの羽のディテールを忠実に再現された作品。
出品タイトルは『共生』。
この作品に感動し、心打たれてしまったわっし。
ど〜してもこの作品をお店に飾りたくて、とうとう念願叶えてしまいました。
そして、吉田さん自らがご来店下さって、作品を設置してくださいました。
改めて作品を鑑賞してみると、やっぱり素晴らしい作品です!
見ていて飽きのこない作品です。
で、木ばかりで出来ている当店に、ジャストマッチング!!
余りにも違和感無いので、お客さまもついつい見落としがちみたいです。ハハハ!!
でもね、気づいて下さる方もいらっしゃって、とてもとても嬉しいです。
たくさんのお客さまに観ていただけたらいいなぁ〜。
そして、わっしのように感動していただけたなら、ほんと幸せです。

(ここでシャンソンBGM)

ヒノデカニの秋第1弾、芸術の秋の紹介いかがでしたかぁ?
是非、お店にいらっしゃった祭は、この吉田さんの作品ご覧下さいね。
お店ではまた、次の秋をみなさんに提供して行きたいと考えています。お楽しみに。
そしてみなさんも、ステキな秋をお過ごし下さいね。

(BGMフェードアウト)

んじゃ、まったねぇ〜!!
c0123295_1647065.jpgc0123295_1648195.jpg

[PR]

by crabcraft | 2008-09-29 17:12 | ◆こだわりの一品 | Comments(0)
2008年 08月 02日

MADE IN 西新町だぜぃ!!


お店では昨日8月1日から、セールが始まりました。
それを告知するプレートを掲示板につけていると、前の3号公園の中から見慣れた方が歩いていらっしゃいました。
お店の東側にある床屋さん『髪創空間NEXT』さんのオーナーさんです。
 *NEXT HP:http://homepage1.nifty.com/hassohcookan-next/index.htm
わっしのイカしたヘアースタイルも、もちろんNEXTさんの手によるものです。

で、いらっしゃって下さった訳は、これ!!

   『西新町製 手作りブラックベリージャム』

オーナーさんのお母様が、この地元西新町で栽培されたブラックベリーを使って、ジャムを作られたんです。
そのジャムを、わっしのところへお裾分けで持って来て下さいました。

すっげぇ〜、嬉しいんですけどぉ!!

ビン入りのジャムには、手描きのレッテルが丁寧に貼ってあります。いいカンジだぁ。
中には濃い紫色のジャムがたっぷり!!
実はわっし、このブラックベリーってモノを見た事がないんですなぁ。
きっと、木いちごの黒いヤツってカンジなのかなぁ・・・って、想像しとりますけど。
木いちごは子供の頃、近所になっているモノを食しとりました。
きっと、それに近い味なんだろ〜なぁ。

早速、お店のパンに塗って食べてみました。

   『ん〜、甘酸っぱくて美味い!!』

想像していたより、酸っぱさが強かったのですが、砂糖の甘さと絶妙なコンビネェーション。
子供の頃木いちごを食べていた、あのシチュエーションが蘇って来ました。
何だかとっても懐かしく、そんでもって嬉しくなってきました。
でも、これだけのジャム作るのに、小さないちご沢山必要なんでしょうねぇ。
そして、ジャムを作る手間も考えると、ほんと〜に味わって食べにゃいけんと思います。

NEXTオーナーさん、プレゼントありがとうございました。
ほんと、美味しいです!!
お客さまにも食べさせてあ〜げよっと。

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_11204644.jpgc0123295_11212185.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-08-02 12:01 | ◆こだわりの一品 | Comments(0)
2008年 06月 25日

こだわりの一品、スプ〜ン!?


梅雨っぽい雨雲がたれ込んだ日が続いてます。
断続的に降る雨も、やっぱ梅雨っぽいですよねぇ〜。
恵みの雨になってくれればいいんですけれど。

今回ご紹介するこだわりの一品はこれです。
興味の無い方には、何だかぜ〜んぜん分からないですよねぇ。
何やら、BOXの中に色の付いたキレイ?な小さなモノが下がっているように見えますよね。
なんじゃ、これ???

   正解は、『ルアーBOX』でした。

そう、下がっているものは、渓流に棲む魚(トラウト)を釣るための疑似餌で、スプーンと呼ばれる種類のモノです。
おびただしい数のスプーンが入っています。
ざっと見で、1BOXに200個近い数のスプーンが収納されています。
スプーンというルアーはその名の通り、食事の時に使うスプーンがモチーフとなっています。
こんなモノで魚釣れんのぉ???
それが、摩訶不思議釣れちゃうんです。
湖畔で食事をしようとしていた釣り人が誤って湖に落としたスプーン目がけ、猛烈にトラウトがアタックしてきたそうです。
この様子をヒントにスプーンに針を付けたものを落としてみたら、目論見どおりトラウトが釣れたことに端を発しているルアーなんですよ。

しかし、このおびただしい数のルアーを所有するオーナー、一体どんな方なんでしょう?

へへへ、実はオーナー、わっしの釣り友達であるDGさんのタックルBOXでした。
釣り友達といっても、釣りに対する情熱・技術は尋常なものではありません。
彼が長い年月と経験から編み出した『DGルアー釣法』は、ルアー釣りの世界では知る人ぞ知るほどの技術なのであります。
そ〜いえば、一時期の管理釣り場で、み〜んなこの釣法マネして釣ってたっけ。
それだけ、この釣法を習得すれば釣果が上がったってことだったんでしょうねぇ。凄いです!!
どの世界でも、オリジナルのモノを開発した人は崇められるよう、DGさんも釣り雑誌のライターの依頼を受けるまでになっちゃいました。

そんなルアー釣りの猛者である彼の、現在のタックルBOX。
きっと、ルアー釣りの好きな方には、たまらない一品だと思います。
そして、きっとこう思われるハズ・・・

   『ほんと〜に、こんなシンプルなパターンでいいのぉ?』

そうなんです!一般的なタックルBOXには、もっと色んな色のルアーがカラフルに並んでいるんです。
ましてや、セミプロのような方のそれといったら、さぞかし色々な色のパターンが・・・と思いきや、片一方はほとんどがイエローのみ、もう一方もホワイトのみと2色のみしか並んでいません。
オーナー曰く、カラーリングは釣果に大きく関連しないよ、問題は如何に魚の居る棚(水深)を素早く見極め、如何にその棚を泳がせるかだと。
要するに、このタックルBOXには、同じカラーでも重さの異なるルアーがSETされており、魚の居る棚に合わせ重さを変更出来るようにしてあるんです。
ん〜、やっぱあるコトを超越した人間はやっている事が、凡人とは大きく違う事に驚いてしまいます。

そんなDGさん、最近の釣り人に頭を悩めていることがあります。
それは、釣果ばかりを追い求め、釣るまでのプロセスや、自然との対話を楽しむ釣り人が少なくなって来ていること。
で、DGさんに出来ること、釣りというまさに自然の川との対話から成り立つ遊びを通し、もっともっと川を、自然を、大好きになってもらえるような活動を計画しています。
そうなんです、自然が大好きな人は、その自然を汚すなんてこと絶対しませんものね。
DGさんがんばれ!わっしも、微力ながらお手伝いしますからね。

それから、このDGさんから皆さんへ嬉しいお話を頂きました。
それは、このタックルBOXと、このブログ内容からオーナーDGさん本名が分かった方
先着5名様に、DGさんよりスプーンルアーのプレゼントを頂けます。
お分かりの方、ヒノデカニ商店にいらっしゃってご回答下さいね。

いやぁ〜、話ししていたら山へ、大好きな渓流へ遊びに行きたくなりました。
新緑、そしてキレイな水の渓流!!見ているだけで、気持ち安らぎます。
お仕事でお疲れの皆さんには、是非、お薦めのポイントです。癒されますよぉ〜!!

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_1941163.jpgc0123295_1943093.jpgc0123295_1945317.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-25 20:06 | ◆こだわりの一品 | Comments(0)
2008年 02月 25日

温まるぜ、ビートルズ!


今朝はビックリしましたでぇ!
風が窓を叩く音で目を覚まし、窓の外を覗いてみると・・・
どひぇ〜、真っ白じゃん!! 雪積もっとるでぇ!! 青空なのに、地吹雪になっちょるやん!!
夕べは、確か月夜だったよねぇ???
ってな訳で、今朝のお仕事は雪かきから開始。パウダースノーを、お店のデッキから庭へおろしました。
前の道路に積もった雪を見ながら独り言、『今日はお客さん来ないだろぉ・・・』

何て心配もよそに、雪も解け始めたお昼近くにご来店下さいました。
一日3食“パン&甘い物だけ”でもOK!、大好きなCAFEやパン屋さんをツアーしつつ
そのお店をブログ紹介することをライフワークになさっているシンディーさんです。

実は先日『ヒノデカニ商店』も、シンディーさんにご来店頂きめでたくブログの記事にして頂きました。(http://navy.ap.teacup.com/applet/spookycindy/msgcate24/archive)
そのブログを拝見し、お店のこだわりの部分を余すところ無く写真掲載して下さり、しかも、その写真についての説明は、実は、わっしが言いたかったコトを120%的確に表現して下さっているんです。
ブログの結びには、昨年台風に見舞われながらも出店した『apバンクフェス』、ちょっぴり辛かったそんなわっしらのコトを気遣っての文章。そして、文章の締めには『雨上がり / レミオロメン』のミュージック・リンクまでして励まして下さいました。
そんな、そんなシンディーさんの優しさがブログから伝わり、読み終わる頃には胸が熱くなり涙が溢れて来ちゃいました。


お店に入るなりシンディーさん、「約束したモノ持って来ました!」って、1冊の本をわっしに手渡してくれました。
それが、この本・・・

     『ビートルズ海賊版辞典:松本常男』

大のビートルズ・ファンのシンディーさんの秘蔵書を、このヒノデカニ商店に寄贈して下さるために、わざわざこんな雪の日にいらっしゃって下さったんです!!
も〜う、わっしは言葉が見つかりません!!ほんと、ありがとうございます!!
前回いらっしゃった時に、雑貨、カフェ、などの話の他、わっしの趣味と共通するクルマ、バイク、そして音楽の話をしていって下さったんです。
音楽、そう、特にビートルズに関する造詣の、深いこと深いこと。
久しぶりにビートルズ談義が出来たわっしは、もう、嬉しくって、嬉しくって、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
そんな会話の中でお話ししていた、大切なシンディーさんの本なんですよ。
何度も何度も読み返したであろうコトが、本カバーの破れを裏側から丁寧にテーピングし補修してあることからも伺い知れます。
大切にしていらっしゃったんですね。ステキですよ!
これから、わっしも含め、このお店にいらっしゃるお客さまと一緒に、大切に楽しく読み続けさせて頂きます!

シンディーさん、またお店にの〜んびりしに遊びに来て下さいね!
そして、また2人して笑っちゃえるお話しましょうね。
今度は、ローリングストーンズにしましょうか? それともクルマ?
今日はこんな天候だったのに、ビートルズにココロの中まで温めてもらっちゃいました。

お店にいらっしゃった際には、ちょっとだけ本棚を覗いてみて下さい。
きっとそこに、この本が置いてありますから。
そして、あなたもわっしらと一緒にビートルズの話で笑っちゃう仲間になって下さい。
お待ちしております。

んじゃ、またね!
c0123295_1175232.jpg

[PR]

by crabcraft | 2008-02-25 01:29 | ◆こだわりの一品 | Comments(2)
2008年 02月 18日

こだわりの一品! 【ロッタさんの場合】


スウェーデンのとびきりキュートで、ふくれっ面の天使、5歳の女の子ロッタちゃんのアクティブでとびきりハッピーな傑作映画!

   『ロッタちゃん はじめてのおつかい』

チクチクするからとセーターを着ないし、ママと喧嘩して家出するし・・・かなり頑固で、わがままだけど、でも、憎めないロッタちゃん。
そんな、ロッタちゃんが大好きで、ご本人もとってもキュ−トな女性。(お店のお客さまです)
今回は、彼女が愛でるこだわりの一品をご紹介します。

出会いは今から10年ほど前、お姉さんがホームステイしていたイタリアのフィレンツェのホストファミリーへ訪問、このお宅のキッチンでこの一品と遭遇!
遭遇してからというもの、欲しくて欲しくて滞在中の3週間ず〜っとこの一品にラブ光線発射。
でも、そのラブ光線のPOWERも空しく、滞在の残り時間もあっと言う間に過ぎて行くのでした。
そんなある日、なんと諦めの気持ちで新品購入したホーローピッチャーと、難も無く交換となっちゃいました。
その、一品がこれ

     『牛柄のホーローピッチャー』さんです。

ん〜、何てキュートでチャーミングなんでしょう!!
って、でも笑っちゃいますよね。牛ですよ!!しかも、黄色い牛ですよぉ!!
も〜、絵柄だけで大笑いしちゃいましたよ。(スミマセン)
日本のホーロー製品では、まず見ない絵柄ですよね。
で、やっとのコトで手に入れたロッタさん(スミマセン、こう呼ばせて下さい)、これを日本に持ち帰り、フィレンツェでやっていた時同様に毎日これに紅茶パックを入れ飲んでいるそうです。
その2年後、ロッタさんまたフィレンツェへ訪問。この訪問の時に、朝市で遭遇しちゃったのがこのポット!
な、な、何とピッチャーと同じ絵柄ですよ!!(微妙にディテールは違うんですけどね)
凄い!奇跡だ!一生懸命見つけなくても・・・ん〜、こんなコトってあるんですねぇ。
これは、新品で購入できたそうです。

こんな物語があって、故郷イタリアから遠く離れた日本で二つが揃ったピッチャーさんとポットさん。(ほんと笑えますよね)
今では、ほぼ毎日ロッタさんのパートナーとなり、食卓で活躍しています。
きっとあと10年、いや、ず〜っと二つ寄り添って活躍し続けることでしょう。
お気に入りのモノを、大切に、大切に使い続けるてあげる・・・
これこそが、エコロジカルなコトなんでしょうねぇ。

ロッタさん、あと10年経ったら、わっしにまた見せに来て下さいよ!
きっと一生懸命働いて、貫禄ある姿になっているんでしょうねぇ。楽しみだなぁ。
また、お気に入りの一品お持ちになっていらっしゃって下さいね。
お待ちしております。

んじゃ、またね!!






c0123295_20321888.jpgc0123295_20323763.jpgc0123295_20325674.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-02-18 20:57 | ◆こだわりの一品 | Comments(0)