2017年 03月 19日 ( 1 )


2017年 03月 19日

30年前に脳内スリップ!!


随分と吹く風が暖かくなって来ました。
今朝は、隣組の役員改正の会合で、お店の北側に鎮座する『米沢神社』まで。
神社にある桜の樹もツボミを膨らまし、もうじき開花しそうです。
そんなちょっとした周りの景色の変化も、春を感じさせて気持ちを優しくしてくれますね。

春、もうすぐです♫


***

***


昨日、お久しぶりです!の方がご来店下さいました。

わっしが20代の頃、この街にあった旧車好きな方々が集う会『群馬クラッシックカー倶楽部』に入っていた時お世話になった方です。

そ〜だなぁ〜、あれからもう30年くらい経ちますかねぇ。
 
で、乗って来て下さったクルマがこちら!
c0123295_1847332.jpg

『MG-TAミジェット』さんです。

わぉ〜、すっごいクルマがいらっしゃいました!
c0123295_18473819.jpg

戦後日本での「スポーツカーの代名詞」とされた、イギリスはMG社の1938年製MG-TAミジェットさんです。

すっげぇ〜クルマ乗られてますよねぇ!

さすがIさん、30年前の旧車へのスピリッツに何も変わりはありませんね♫ 安心しました!

サイドから拝見すると、以外とコンパクト。ウチのトゥインゴくんとあまりサイズ変わらないみたい。
c0123295_1848495.jpg

大口径のタイヤがスポークホイルに納まり、曲線美の効いたデザインはクラシカルな佇まいですよねぇ。

リアのBOXにはスペアタイアが、両サイドのキレイなアールを描くフェンダーに抱え込まれてとっても優美なカンジ♫
c0123295_1858519.jpg

で、オーナーさんお薦めのショットはここ!左斜め後45°。
c0123295_1849691.jpg

解ります!解ります!曲線と直線のバランスが絶妙に美しいデザインのショットですよねぇ。

インテリアに目を移すと......これまた曲線の造形美にあふれたウッドパネルに大口径のハンドル。
c0123295_18493694.jpg

レッドのレザーを貴重にしたインテリアは、ゴージャス!の一言。
c0123295_1850310.jpg

一目盛りづつ刻むクロノメトリックの大口径メーター類は、アナログ時代を象徴しています。
c0123295_18503774.jpg

メンテがし易そうな直4OHV1300ccのエンジンルームは、まさにアナログチックさを強調させてます。
c0123295_1851384.jpg

組立から修理まで、その全てが人の手で丁寧に行われて来た時代のクルマである、と見てとれるTAミジェットさん。

ステキなクルマですよねぇ!!

お!フロントガラスのスクリーンにこんなステッカーを発見。
c0123295_18513346.jpg

実は、当時わっしがデザイン〜制作まで担当させていただいた倶楽部ステッカーなんです。

わぁ〜懐かしい、そして、貼っていただきありがとうございます!!(今日わっしとの再会のために貼って下さったようです)

そんな優しいお気遣いの出来る方とお付合い出来たことに感謝です。ありがとうございます♫

Iさん、是非また、の〜んびり遊びにいらっしゃって下さいね。

本当にありがとうございました!!


***

***


いや〜、ビックリです!!
ステキなクルマもさることながら、30年前に脳内スリップしてしまいました。
当時わっしが乗っていたクルマのこと、倶楽部で知り合った異業種の方々のこと、イベントを開催したこと、様々な30年前のことが一気に想いだされました。
こんな風にして、しばらくお会いしていなかった方と偶然にも再会出来るなんて、ほんと天文学的確率の低さだと思うんですよ。
お互い元気な笑顔で再会出来て、ほんと良かったし、とっても嬉しい時間を過ごす事が出来ました。
また、そんな偶然を期待して笑顔を忘れず過ごして行こうと思います。
たかだか趣味のコト、でも、真面目にやって来て良かったなぁ〜♫

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2017-03-19 19:02 | ◆CAR'S | Comments(0)