ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 25日

こだわりの一品、スプ〜ン!?


梅雨っぽい雨雲がたれ込んだ日が続いてます。
断続的に降る雨も、やっぱ梅雨っぽいですよねぇ〜。
恵みの雨になってくれればいいんですけれど。

今回ご紹介するこだわりの一品はこれです。
興味の無い方には、何だかぜ〜んぜん分からないですよねぇ。
何やら、BOXの中に色の付いたキレイ?な小さなモノが下がっているように見えますよね。
なんじゃ、これ???

   正解は、『ルアーBOX』でした。

そう、下がっているものは、渓流に棲む魚(トラウト)を釣るための疑似餌で、スプーンと呼ばれる種類のモノです。
おびただしい数のスプーンが入っています。
ざっと見で、1BOXに200個近い数のスプーンが収納されています。
スプーンというルアーはその名の通り、食事の時に使うスプーンがモチーフとなっています。
こんなモノで魚釣れんのぉ???
それが、摩訶不思議釣れちゃうんです。
湖畔で食事をしようとしていた釣り人が誤って湖に落としたスプーン目がけ、猛烈にトラウトがアタックしてきたそうです。
この様子をヒントにスプーンに針を付けたものを落としてみたら、目論見どおりトラウトが釣れたことに端を発しているルアーなんですよ。

しかし、このおびただしい数のルアーを所有するオーナー、一体どんな方なんでしょう?

へへへ、実はオーナー、わっしの釣り友達であるDGさんのタックルBOXでした。
釣り友達といっても、釣りに対する情熱・技術は尋常なものではありません。
彼が長い年月と経験から編み出した『DGルアー釣法』は、ルアー釣りの世界では知る人ぞ知るほどの技術なのであります。
そ〜いえば、一時期の管理釣り場で、み〜んなこの釣法マネして釣ってたっけ。
それだけ、この釣法を習得すれば釣果が上がったってことだったんでしょうねぇ。凄いです!!
どの世界でも、オリジナルのモノを開発した人は崇められるよう、DGさんも釣り雑誌のライターの依頼を受けるまでになっちゃいました。

そんなルアー釣りの猛者である彼の、現在のタックルBOX。
きっと、ルアー釣りの好きな方には、たまらない一品だと思います。
そして、きっとこう思われるハズ・・・

   『ほんと〜に、こんなシンプルなパターンでいいのぉ?』

そうなんです!一般的なタックルBOXには、もっと色んな色のルアーがカラフルに並んでいるんです。
ましてや、セミプロのような方のそれといったら、さぞかし色々な色のパターンが・・・と思いきや、片一方はほとんどがイエローのみ、もう一方もホワイトのみと2色のみしか並んでいません。
オーナー曰く、カラーリングは釣果に大きく関連しないよ、問題は如何に魚の居る棚(水深)を素早く見極め、如何にその棚を泳がせるかだと。
要するに、このタックルBOXには、同じカラーでも重さの異なるルアーがSETされており、魚の居る棚に合わせ重さを変更出来るようにしてあるんです。
ん〜、やっぱあるコトを超越した人間はやっている事が、凡人とは大きく違う事に驚いてしまいます。

そんなDGさん、最近の釣り人に頭を悩めていることがあります。
それは、釣果ばかりを追い求め、釣るまでのプロセスや、自然との対話を楽しむ釣り人が少なくなって来ていること。
で、DGさんに出来ること、釣りというまさに自然の川との対話から成り立つ遊びを通し、もっともっと川を、自然を、大好きになってもらえるような活動を計画しています。
そうなんです、自然が大好きな人は、その自然を汚すなんてこと絶対しませんものね。
DGさんがんばれ!わっしも、微力ながらお手伝いしますからね。

それから、このDGさんから皆さんへ嬉しいお話を頂きました。
それは、このタックルBOXと、このブログ内容からオーナーDGさん本名が分かった方
先着5名様に、DGさんよりスプーンルアーのプレゼントを頂けます。
お分かりの方、ヒノデカニ商店にいらっしゃってご回答下さいね。

いやぁ〜、話ししていたら山へ、大好きな渓流へ遊びに行きたくなりました。
新緑、そしてキレイな水の渓流!!見ているだけで、気持ち安らぎます。
お仕事でお疲れの皆さんには、是非、お薦めのポイントです。癒されますよぉ〜!!

んじゃ、まったねぇ〜!!

c0123295_1941163.jpgc0123295_1943093.jpgc0123295_1945317.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-25 20:06 | ◆こだわりの一品 | Comments(0)


<< 2CVがやってきた!(PART 2)      OH!NO.ライダーがやって来た! >>