ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 11日

ラビット號がやって来た!


CBさんWさんのカップルを送り出して間もなく、また、すっごいバイク?がいらっしゃいました。
プププププププ〜(排気音)・・・とにかく音がいい!!
そして、そのスタイルがと〜っても素敵なのであります。
地元太田市にある富士重工業さんの、その昔に2輪ブランドでありました

   じゃあ〜ん!!『ラビットスクーター』さんです。

かっわいい〜ですよねぇ〜!
ホワイト&グレー、ツートーンのカラーリングがとっても渋カワイイのであります。
現代の目で評価したとしても、と〜ってもお洒落なカラーリングだと思いませんかぁ?
そしてこのラビットさん、日本のスクーターのパイオニア的な存在なんですよねぇ。
ディテールに目を向けて行くと・・・やっぱり弟分のスバル360くん同様、随所にふんだんに使われたアルミパーツに目を引かれます。
そのひとつがこれ、シンボルマークのラビットマーク。(跳ねたウサギがお洒落です)
これって、ぜ〜んぶアルミ製ですよぉ。
現代のバイクでは、マークはみ〜んなステッカーになっちゃってますよね。
こんな部分ひとつとっても、現代のバイクと比較すると、ほ〜んと贅沢なパーツ作りだったんですよねぇ。
丁寧なモノ作りの姿勢には、ほんと感動させられます。(もっと他のパーツも紹介したいなぁ)
このラビットは125cc、この車種(多分S301B4かな?)としては中期のモノになるそうです。
1960年代の生まれとして、ざっと50年近く乗り続けて来られたコトになります。
ひとつひとつ丁寧に作られたパーツで出来ているが故に、こんなにも長い年月修理しながら乗り続けられるんでしょうねぇ。

そして、そして、またしても驚くべきモノを発見。
どひぇ〜、今度はこのラビット、小樽市ナンバーです!!
名古屋、福岡に続き、こんどは小樽ですぜぇ。びっくりです!!
一日の内に、北海道と名古屋と九州のバイクが、このヒノデカニ商店にやって来たんですよぉ!!
オーナーの出身が小樽市で、現在は大学院生として桐生に住んでいらしゃるそうです。
なので今日は、桐生から自走されて来て下さいました。ありがとうございます。

オーナー、わっしとスクーター談義をなさって、夕方になった道をライト点灯して帰っていかれました。ププププ〜ってね。
まるで『三丁目の夕日』のワンシーンを観ているような、そ〜んな気持ちがあったか〜くなるような帰宅シーンでありました。
是非、またラビット號でいらっしゃってくださいね。
楽しみにお待ちしております。

いいなぁ〜、また、欲しいバイクが増えちゃいました。ラビット號!!
欲しいなぁ・・・。
何色に塗ろうかなぁ・・・って、やばい、やばいぞ、具体的プランになっちまってるぞ。

んじゃ、まったねぇ〜!!


c0123295_21334590.jpgc0123295_2134243.jpgc0123295_2134218.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-06-11 21:40 | ◆BIKE'S | Comments(0)


<< チャッピーくんがやって来た!      ザ・ブラッキーズがやって来た! >>