ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 20日

赤カブがやって来た!


このところめっきり春めいて、わっしの家の庭にツクシがニョキニョキ出て来ました。
そう言えば、カエルもモンシロチョウも庭に居たっけ。

春だよなぁ・・・

タタタタタ・・・聞き覚えのあるエグゾースト
『むっ!なんだべ・・・? ははは、赤カブじゃん!!』

そっ、やって来たのは、野菜の赤カブじゃなくって、赤いバイクのカブ。
そのかわいらしい姿見た瞬間、笑っちゃいました。(失礼)
だって、観て下さいよぉ、この真っ赤なかわいい〜カブ!!かわいすぎ!!自然に笑っちゃう!!

     『HONDA CUB C105』くんです。

お店のマスコットバイク、ミドリ色のカブC100の兄弟分のカブです。
お生まれは、確か1961年だから、うちのカブくんより4才年上の47歳!
オーナーが奥さまのために赤く塗り替えたボディは、まだピッカピカに光っています。(ウチのはボロっす)
この時代(1965年くらい)までは、エンジンもOHVだったんですよ。(現行OHCです)
だから、赤カブくんとウチのカブくんは、見た目ちょっとしか違って見えません。
その、ちょっとした違いはというと・・・
 
①赤カブくん 55ccで2人乗 タンデムステップあり
   うちのカブくん 50ccで1人のり タンデムステップなし
②赤カブくん プラスチック・テールレンズがボディ直付け
   ウチのカブくん プラスチック・テールレンズがスチール台座に付き、ボディに固定
③赤カブくん レッグシールドにCub55のエンブレム
   ウチのカブくん レッグシールドにCubのエンブレム

ってなカンジで3ポイントくらいしか違わないため、見た目は同じでしょ。
このカブって、ほんとに凄いバイクで、生産台数もさることながら
都会でも田舎でも、おじいちゃんでも若者でも、スーツでもジーンズでも、な〜んでも似合っちゃうオールマイティな働くバイクなんです。
カブが誕生して、今年で生誕50年!!(1958年 8月 1日発売)
50年たった今でも、み〜んなに愛されてるバイクって、ほんと凄いですよね。
本当に素晴らしいモノって、いつまで経っても人のココロを魅了し、愛され続けていくモノなんでしょうねぇ〜。
そう、赤カブくんも、わっしんちのカブくんも、これからも現役で活躍して行きますよ〜。

これから季節は、バイカーのツーリングゴコロくすぐるような天候が多くなりますよね。
ツーリングの途中、是非、ヒノデカニ商店にお立ち寄り下さいな!
おいしいコーヒー煎れて、お待ちしております。
そして、くれぐれも安全運転でね!

んじゃ、またね!!





c0123295_14522648.jpgc0123295_14525652.jpgc0123295_14531215.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-03-20 15:23 | ◆BIKE'S | Comments(0)


<< W650がやって来た!      ひとり言・・・ >>