ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 12日

バンプラがやって来た!


さぁて、2008年2月11日 建国記念日の第二弾です。
やって来たのは、と〜ってもお洒落なグリーンボディの英国車

   『バンデンプラス プリンセス 1100 MrーⅠ』くんです!!

バンデンプラスプリンセス、みんなからバンプラのニックネームで呼ばれています。
バンデンプラス社はイギリスのコーチビルダーで、かつてはロールスロイスやベントレーのボディを作っていたそうです。
エンジンはミニと同じもの、そして、サスペンションもミニ同様、ハイドラステックサスペンションが搭載されています。
このバンプラくん、ベビーロールスと呼ばれ、外装にはメッキのグリルやドアハンドル、内装にはカーペットを敷き詰め、さらに贅沢なウォールナッツをウッドパネルなどにふんだんに使用、肘掛を供えた本革シート、さらにさらにリアシートにはピクニックテーブルまで装備されておるのですぞ!!(写真をよ〜く見て下さいね)
ん〜、お上品、ゴージャスなのであります。
コンパクトサイズながらショファードリブン(運転手付き)の仕様で、アン皇女も乗っていた、プリンセスの名に恥じない高級車。
で、販売価格も当時ミニの3倍!もしていたそうですよ。(ん〜、実車を見て納得)
1964年生まれの、実に今年で44歳のバンプラくん。
リアウィンドウには、ちょこんとワニ皮?のバッグ。イカしてますよねぇ、お見事です。
オーナーの英国センスが光ってます。

このバンプラくんのオーナーは、隣の桐生市で動物病院を営んでいらっしゃるそうす。
撮影をお願いした際、先日の雪の中を走られ汚れている事を気になされていましたが、こ〜んな奇麗じゃないっすか!
いつも手入れされていらっしゃるのが、ドアの内側やエンジンルームを見れば一目瞭然ですよ。
愛着もって接していらっしゃるのが、クルマのそこかしこからビンビン伝わってきちゃいます。

是非、またお店に遊びにいらっしゃって下さいね。
次回は、奇麗になったバンプラくん撮影させて頂きたいと思っています。
楽しみにお待ちしております。

そんじゃ、またね!!・・・って、まだこの日の日記は続きがありますのだ。お楽しみに!





c0123295_2221025.jpgc0123295_2222776.jpgc0123295_222561.jpg
[PR]

by crabcraft | 2008-02-12 02:35 | ◆CAR'S | Comments(0)


<< プジョー307SWがやって来た!      スバル360が、また、やって来た!! >>