ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 30日

マサル、ありがとな♫


ベトベトと、湿度が身体にまとわりつく夜です。
ま、梅雨の時期だからしかたないっすけどね!
寝苦しいので、最近飲めないお酒を少しだけ飲んでます。
『梅酒サワー』♫
もともと、梅酒の梅は大好きなので抵抗はありませんが、今回買った梅酒が美味しい♫
最近発売された、透明な梅酒です。
これを、炭酸で割ってシュワー♫って飲みます。
いや〜、これがほんとに美味しくってね。
ほろ酔いして、パタって寝ます。熟睡です。
んな訳で、とうとうこの夏わっしはほろ酔いのブルースマンになります♫
がはははは♫


***

***


先日、お店の『カニキン』の日に、音楽のお友だちがいらっしゃって下さいました。

秋もっちゃんとアキさんのお2人♫

2年前くらいに、とってもビックリする出会いでお友だちになったお2人なんです。

あるライヴへ出かけた時、とっても懐かしい曲を耳にしました。

何の曲?誰の曲だぁ??って、ぞわぞわしてたら......解ったんです!理由が!!

わっしが20代の頃、地元でよく一緒にライヴしていたBAND『波千鳥』の曲だってことが!!

でも、何で?どうして?

あのBANDは、全曲やつらの曲を演ってんのよ??意味不明??

・・・

『波千鳥』、マサルとしんちゃんのフォークデュオ。

メインヴォーカルとギターがマサル、リードギターとコーラスをしんちゃんが。

マサルの書く曲は、ちょっと暗めの詩にとてもメロディアスなメロディー。

それを、二人のキレイなコーラスで仕上げられていました。

3コードでストレートなブルースを唄うわっしには、マサルの曲は憧れでした。

特に同い年のマサルとは、お互いがソングライターってことで、いつの間にか音楽以外のことも話し合う仲になっていて。

で、いつかは二人で組もうぜ!なんて夢も話してました。

ほんとに夢になっちゃいました...

マサル、病気で逝っちゃったんです。20代初めにして...

・・・

そんな『波千鳥』の曲をカヴァーして唄ってたのが、秋もっちゃん率いる『REAL(レアル)』ってBANDでした。

あまりにもビックリで、そのライヴが終わってから秋もっちゃんに声をかけてからのお友だちです。

そして先日お店の『カニキン』の日に、アキさんの提案で当時マサルの使ってたギターを一緒に連れて来て下さったんです!!

秋もっちゃんが後に、マサルのギターを手に入れて下さってたんです。

秋もっちゃん、正真正銘『波千鳥』のファンですね!(ありがとう)

マサルのギターを紹介しますね。
c0123295_041319.jpg

『YAMAHA N-1000』です♫

秋もっちゃんの手元に来た時は、随分と痛んだ状態だったそうです。
c0123295_044985.jpg

それを、相当な修理代を掛けて、秋もっちゃんがここまで復元して下さいました!!

"中島みゆき"がデビュー当初使用していたことで有名なこのN-1000。
c0123295_052228.jpg

『波千鳥』の2人が購入した当時のコトも、わっしはしっかり覚えています。

このN-1000はハカランダ前期仕様、オリジナリティに溢れた外観も大きな魅力ですよね。
c0123295_054674.jpg

【SPEC】
 ・トップ/スプルース単板
 ・サイド/ハカランダ
 ・バック/ハカランダ3P
 ・ネック/マホガニー
 ・指板&ブリッジ/エボニー

いや〜、40年振りの突然のマサルのギターとの再会に言葉もありません!

当時2人で過ごせた時間が、一気にフラッシュバックしました。

記念として、当時わっしがカスタムしたギターと一緒にパシャ。(マサルとの記念撮影です♫)
c0123295_061567.jpg

そして、現在オーナーの秋もっちゃんと一緒にパシャ。(一緒にセッションもしました♫)
c0123295_063377.jpg

秋もっちゃん、アキさん、素晴らしいサプライズを本当にありがとうございました!!

ほんとステキな時間をプレゼントして下さって感謝致します!!

そして、これからもずっとこのギターでヤツらの曲唄い続けて行って下さいね♫


***

***


音楽演ってて良かったなぁ〜!
BAND演ってて、ほんと良かったなぁ〜!
色んなステキな友達が出来て、ほんと良かった!
マサル、ありがとな♫
きっとお前がそこから、わっしらみんなをコントロールしてくれてんだろ?
サンキューな♫
お前に言われた通り、唄えなくなるまで3コードでブルース演ってくから。
安心して観ててくんな。
あ〜、ほんと音楽演ってて良かった♫

んじゃ、まったねぇ〜!!

[PR]

by crabcraft | 2016-06-30 00:38 | ◆GUITER'S | Comments(0)


<< Good-bye,and he...      とっても優しい気持ちになれました! >>