ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 30日

溜め息と妄想の日々!!


9月も今日がラストディ、明日から10月かぁ!
今年も、時が過ぎるの早く感じるなぁ〜。
そうそう、今日はここ群馬チベットは朝から北風が強かったぁ。
秋を通り過ぎ、冬を予感させる風でしたぁ〜。
移り行く季節を、五感で感じますよねぇ。
さぁ、今シーズンも楽しい秋にするぞ!!
ライヴ?バイク?読書?何から手をつけよっかなぁ♫


***

***


わぉ!かっこいいバイクがパーキングに入りましたぞ。

パランパンパンパンパン・・・懐かしいエグゾーストサウンド!!

この植物系ツーストオイルの匂いも、懐かしいなぁ〜!!

お久しぶりです!!

  『YAMAHA DA1』さんです♫
c0123295_23332767.jpg

DT1(ディーティーワン)さんは、ヤマハ発動機初のオフロードモデルのバイク。

わっしが中坊の頃からの、憧れのオフロードバイクがこのDT1さんでした。
c0123295_23335921.jpg*資料:ヤマハ発動機さまより



当時オフロード車は、『トレール車』って呼ばれてて、HONDAではCLシリーズ、スズキではTSシリーズがありました。
c0123295_23342286.jpg

そんなトレール車の中でも、ひときわ美しいデザインと運動性能を兼ね揃えていたのが、このDT1さんでした。
c0123295_23344475.jpg

スリムで美しいデザインは、現代の感覚で観ても素晴らしいデザインです!!
c0123295_2336433.jpg

このボディに、249cc空冷2スト単気筒は18.5馬力を搭載。

その当時のバイク雑誌での評価は、「保安部品を外せばモトクロッサーにも劣らない」という最高の評価でしたもんね。
c0123295_23351793.jpg

そして、発売当時(1968年)の日本GPでは、あの忠さんこと鈴木忠男氏がこのDT-1を駆り前年に続き連勝を飾り、そのポテンシャルを証明しました。

そんなさぁ、凄い記事をバイク雑誌で読めば、バイク小僧のわっしらはもう観たくて!乗りたくて!

そりゃ〜、何度も何度も同じ記事と写真を見ては、溜め息と妄想の日々になる訳ですよ。

いや〜、ほんと今観てもステキなバイクですわ!!

そうそう、この左右非対称のメーターだよね♫
c0123295_23354289.jpg

この白タンクに赤のYAMAHAエンブレムね♫
c0123295_23355711.jpg

破れてるけど、このYAMAHA TRAIL文字に市松模様のステッカーに恋い焦がれていたんですよ♫
c0123295_23361547.jpg

もちろん、今観ていてもワクワクキュンキュンドキドキですよ!!DT1さん。

これからも、元気にあのツーストサウンド響かせて下さいね。

でまた是非、遊びにいらっしゃって下さい。

楽しみにお待ちしております♫


***

***


今年はねぇ、ちょこちょことバイクで走り回っていました。
ツーリングとか遠方へは行けてないんですけど、少しはバイク楽しめてます。
地味にバイクも直していて、しかもレストア中。やっぱり、2ストのオフ車ね♫
ま、のんびり仕上げてのんびり乗れればいいか!なんてカンジで楽しんでいます。
完成したら、このブログで報告しますね。
ん〜、の〜んびりお待ち下さいね。
しっかし、あんなステキなDT1さん観ちゃったら、触発されちゃいますよね!!
わっしも、がんばるぞー!!

んじゃ、まったねぇ〜!!

[PR]

by crabcraft | 2015-09-30 23:59 | ◆BIKE'S | Comments(0)


<< THEイギリス車ってカンジ!!      シルバーウィークでした!! >>