ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 01日

ま〜た興奮しちゃったい!!


あぢ〜〜〜〜〜い!!
ど〜したんだ、この蒸し暑さ!!
昨日との気温差に、身体がダルダルになってしまいます。
って、今日から7月(文月)。
あっ!と言う間に、今年も半分過ぎてしまった。
やっば、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、んんん〜、やり残し満載だぁ。
ま、地道に着実に消化してくしかないもんなぁ。
がんばろ!!


・・・


・・・


あれから、3ヶ月。

あの感動を体感してから、もう3ヶ月が過ぎました。

にもかかわらず、また・・・

そう、またしてもそんなインパクトを持って

そんな、インパクトあるモノを持って

ギターあほでお馴染み、『ハッピーハシモトギター塾』校長

ハッシーさんがニューカマーなギターを持ってやって来ましたぞ!!

それでは、早速ご紹介するぜ
c0123295_18161412.jpg

   『YAMAHA FG-150(通称イチゴー)』さんだぁ〜い!!

前回3月下旬に紹介した、『YAMAHA FG-180(通称イッパチ)』さんの姉妹機種のギターです。

そうそう、その時のイッパチさん同様、最初期型の通称ライトグリーンラベルのイチゴーさんです。
c0123295_18165211.jpg

そして、このイチゴーさんこそが「国産フォークギター第1号」として1966年にヤマハから発売されたんです。
c0123295_1817724.jpg

言うなれば『元祖ニッポンのフォークギター』と呼べるギターです!!

前回紹介したイッパチさんより、小さなボディサイズ(フォークタイプ)のイチゴーさん。

抱え心地はコンパクトで、とてもプレイヤビリティーの良いサイズ。(わっしこれ大好き)

おお〜、やっぱ丁寧に作られていますねぇ〜。
c0123295_18172687.jpg

この時代は、半ハンドメイドとも観てとれる、そんな加工の仕上げになっています。

材料もとてもクオリティーの高いモノばかり。

サウンドは・・・

ん〜、各弦音のセパレーションが高く、そしてボディが反響して震えています♪

ボディ材がマホガニーのためか、けしてサスティーンは長くないのですが、高中低音のバランスがとても良くキレイなYAMAHAサウンドを奏でます。

フィンガリング奏法が最適ですが、ピッキングも十二分に楽しめますぞ♪

ネックの調整のため、アジャスタブルロッド・カバーを外したのですが、ネジが過去回された感がなくキレイ!

もしや?と思い、ロッドを回すといとも簡単に周り調整完了!!

この個体、もしかしたらこの50年間あまり弾かれてないみたい!?

しかも、パーツは完全オリジナル状態、とても素晴らしい状態の個体です!!
c0123295_1818585.jpg

そんな見て取れる情報から、前オーナーさんに憶測を巡らしたりと楽しい会話が続きます。

ほんと、ハッシーさんてギターあほだよなぁ〜♪(あ!わっしもかぁ?)
c0123295_18182482.jpg

いやー、貴重なモデルな上とても状態のよい個体に、3ヶ月振りのまたまた感動です。

このイチゴーさん、これから弾き込むと更に凄いサウンドになる予感です。

楽しみだなぁ〜♪

ハッシーさん、また持って来て弾かせて下さいよね。

お願い致しますね♪


・・・


・・・


いや〜、ま〜た興奮しちゃったい!!(尾島弁:ハッシーさんと居ると何故かこうなる)
血圧上がっちゃ〜よ?
あぶねぇ、あぶねぇ、ハッシーさんも気をつけやっせー。
それにしても、あんな珍しいモンが、まだあるんだんねぇ。
今までさぁ、使って来てくれた人に、感謝しなきゃなんね〜よね。
だからさぁ、丁寧に使ってやりゃあ50年だって100年だって使えるってコトさね!
わっしらより、きっと長生きするんみてぇだよねぇ〜!?がはは、参ったなこりゃ!!
まだまだ、そんなモンいっぺーそこらに残ってる気がしねぇ〜?
わっしらもさぁ、丁寧に使ってね、次によ、後世によ、繋げて行かなきゃだめだよねぇ〜。
あ〜、今回もさぁ、ほんとおんもしろくて勉強になったんねぇ。
またさぁ、遊びましょうがね♪
以上、ハッシー校長、ありがとうございました!!

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2014-07-01 18:56 | ◆GUITER'S | Comments(0)


<< カブT1号 コレクション!!【...      北◎鮮のじゃないん?? >>