ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 12日

逃げ出して来ちゃったん?


今日68歳の誕生日なんだって!
c0123295_1941691.jpg

リスペクトし始めて、かれこれ40年かぁ…。
この姿に、あのサウンドに、あの声に唄に憧れて。
いまだ変わらず音楽活動を続けてる。
長身でゴリラみたいな風貌からは想像出来ない、繊細でパワフルなハイトーンヴォイス。

おめでとうございます!!
これからも、きっと大好きです。

Mr.NEIL YOUNG


・・・

・・・


凄いクルマがいらっしゃいました!!

ここ群馬県は太田市と言えば、富士重工業の街。(群馬のチベットとも言う)

その富士重工業さんの、初めての市販軽乗用車といえばご存知

   『SUBARU 360(以降サブロク)』さんの中の、『SUBARU 360コンバーチブル』さんです!!
c0123295_19325282.jpg

要するに、SUBARU 360さんの屋根が折り畳めてOPENになるコンバーチブル仕様のクルマ。

しかも、出目金と呼ばれるヘッドライトを持つ初期のサブロクさんです。
c0123295_19332153.jpg

1959年8月から発売開始で、この車両は1959年製とのこと。

このブログでも、何度かサブロクさんをご紹介してきましたが初期型は初めて。

しかも、コンバーチブルさんはいらっしゃったコトがありません。

わっしも、本でしか観たことが無く、実物が観られるなんて夢のよう。

で、サブロクさんを観るといつも思うんです。

材質とデザインに拘った、丁寧な作りはほんとうに芸術品のよう。

そんなコト思いながら、時間を忘れついつい魅入っちゃう。

こんな丁寧に作られたエンブレムとかね
c0123295_19335994.jpgc0123295_19341143.jpg

あ、この時代ワイパーはワンアームだったのね!!
c0123295_193416100.jpg

出目金ライトやスバルのオーナメントバッヂ、いいねぇ〜!!ウインカーレンズは楕円じゃなく、四角ね!!
c0123295_19343818.jpg

サンバイザーは透明ブルーのプラスチック製が、めちゃめちゃ懐かしい!!
c0123295_19345418.jpg

屋根は、このフックを外して、こんな構造の屋根を畳むのか。な〜るほど!!
c0123295_19351455.jpgc0123295_19352944.jpg

この大口径のハンドルの造形やカラー、ハンドルポストのグリーンもステキだぁ!!
あ!鉄板剥き出しのシンプルなインパネのカーブデザインが、アールヌーボーしてます!!
c0123295_19355240.jpg

SUBARUマークのメーターは、指針式じゃなくて左側から透明の赤い帯が回転して出て来るんだって!!凄い!!観たい!!
c0123295_19362879.jpg

華奢なギアシフトもいいかんじ(奥から、サイドブレーキ、チョーク、スターター、燃料レバーだったかな?)
c0123295_19363877.jpg

お!ラヂヲ(ついこう書きたい)にもSUBARUマーク!!デザインがシンプルでいいなぁ♫
c0123295_19365860.jpg

ペラい紅いシートも機能的に十分なモノ、しかもデザインがいい!!
c0123295_1937211.jpg

そっか、初期のサブロクの窓は引き戸式2分割ウインドウだったんだ!!
c0123295_1937552.jpg

ストップランプはライセンスマーカーと併用の合理的なつくり
c0123295_19381828.jpg

見えるかなぁ?フェンダーミラーに『SUBARU 360』の刻印!!(写真下手ですんません)
c0123295_19383989.jpg

エンジンは馴染みの、2サイクル2気筒356ccで3速ミッションからは4500回転で16馬力を発揮。
c0123295_19392175.jpg

もちろん25:1のガソリン:オイルの混合ガソリンで走ります。(ここから一緒に入れる)
c0123295_1940357.jpg

このクルマって、ほんと楽しい!!飽きない!!
c0123295_2164065.jpg

で、きっと博物館にあるべき貴重なクルマだと思います。(逃げ出して来ちゃったん?)

オーナー夫妻、今日はわざわざ都内から下道を使っていらっしゃって下さいました。

わっしのこのブログを見て下さっていて、行ってみよう!って思って下さったとか。

ほんと、ありがとうございました!!感謝、感謝であります。

地元でも、ほとんど公道で見かけるコトがなくなったサブロクさん。

まだまだ、大切に、しかも元気に乗られていると知りとても嬉しく思いました。

これからも、お元気でお過ごし下さいね。

で、また、気が向いた時に遊びにいらっしゃって下さい。

楽しみにお待ちしております♫


・・・

・・・


冒頭で誕生日を紹介した、わっしのリスペクトミュージシャンのNEIL YOUNG。
彼が抱える相棒のギターが、1953年製のGibson Les Paul モデルで彼が改造を施して使い続けているもの。
もう、60歳のギターなんだ!ボロボロだよね!
気に入ったモノを、そうやって相棒として大事に使い続けてる。
そんな彼のスタイルにも憧れの要因があるんだと思う。
ただ古いモノが好き!じゃなくて、それがほんとに好きで使って付き合い続けてく、そんな精神の人がたまらなく好きなんです。
今回のサブロク・コンバーチブルさんのオーナーさんはもちろんの事、今までこのブログで紹介した全てのオーナーさんをわっしは好きなんですな。
きっと、まだまだそんな方々たくさん居るはず。
ん〜、これからもわっしも精進、精進。

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2013-11-12 21:08 | ◆CAR'S | Comments(0)


<< さりげなく、カッコよくね!!      笑顔いっぱい753 BROTH... >>