ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 14日

シビレタヤツらが集まるんだ!【ジャパン・ヴィンテージ編】PART10


台風3号、上陸無くてよかったねぇ〜。
ま、おかげで?今日のムシムシした雨の日は辛かったですけどね。
空梅雨だった今までを思えば、動植物にとってはちょっとの恵みの雨になったかも?
やっぱ、梅雨のこの時期はきちんと雨が降らなきゃいけないです。
水不足を解消し、作物を育てる雨が降らなきゃいけんのです。
降り過ぎは困りますけどね。適度に・・・ちょうど良い塩梅で・・・ね!!


・・・

・・・


ま〜たまた、シブいギターがやって来ましたぞ♪

このブログでも、数回取り上げています『ジャパン・ヴィンテージギター対決』!!

今回の対戦はこちら。

   『GRECOレスポールモデル対決』
なのであります。

じゃ〜ん、対決はこの2台!!
c0123295_151791.jpg

左側の赤いのが『GRECO EG-420S』さんで、右の金色のが『GRECO EG-360GS』さんです。

420さんが1973年以前、360さんが1973年以降の製造のようです。

この製造年代を決定づける部分がここ!!
c0123295_155599.jpg

ヘッドストックにあるメーカー名のデザイン。(通称:グネコマーク)

420さんがソフトな筆記体で、360さんがゴシックな筆記体になっている点。

420さんの方が古っ臭いカンジするっしょ!?

スペック的に大きな違いは指板。
c0123295_161678.jpg

420さんがエボニー、360さんはローズウッドと材質が異なります。

ボディサイズは、合わせてみましたが同等です。
c0123295_164491.jpg

420さんのリア・ピックアップだけが、オープンタイプになっていて仕様が異なっています。

ボディを横から見ると、厚さはほぼ同じなのですが
c0123295_17981.jpg

360さんのリア・エスカッションは、前後の厚みの違いがハッキリ分かると思います。

ヘッドの取り付け角度が、若干420さんの方が角度がキツいのと
c0123295_173333.jpg

ペグ位置も上側になっているのが分かると思います。(ヘッド自体も420さんは長い?)

他にも、ピックアップ・セレクトのトグルスイッチの長さが違ったり

ブリッジのコマの素材が違っていたり、ポジションマークの大きさが違っていたり

細かい違いが見えて来て、とってもオモシロいのであります。

1970年代前半の、GRECO社による海外メーカーのギターコピーは手探り状態での製造だった

そんな事を思わせる、今回の対決でした。

レスポールモデルでデタッチャブル・ネックなんて、現在の安価なコピーモデルでもあり得ないですよね。
c0123295_1205686.jpg

でもね、この3、4年後には本家のレスポールをも凌ぐクオリティーのコピーモデルをGRECOさんは発表します。

その素晴らしさは、わっしの以前の『ジャパン・ヴィンテージギター対決』をごらん頂ければ一目瞭然だと思います!

いやぁ〜、今回の対決も楽しかったなぁ♪♪

因に、420さんはわっしのモノで、360さんのオーナーさんはハッピーハシモト・ギター塾校長のハッシーさんのギターでした。

如何だったでしょうか?今回の『ジャパン・ヴィンテージギター対決』?

楽しんで頂けたでしょうか?

それではまた近々、性懲りもなく他の対決を報告したいと思います。

次回もお楽しみに〜♪♪

んじゃ、まったねぇ〜!!


[PR]

by crabcraft | 2013-06-14 01:25 | ◆GUITER'S | Comments(0)


<< 夏だ!!!!バイクだ!!!!チ...      ワイワイガヤガヤ笑顔いっぱい!... >>