ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 13日

シビレタヤツらが集まるんだ!【ジャパン・ヴィンテージ編】PART6


曇天の梅雨曇り。
今にも泣き出しそうな空模様ですなぁ。
まぁ、梅雨ですから仕方ないのでありますが、降るならしっかり降って欲しい!!
そんな風に思ってるのは、わっしだけでしょ〜か?

そうそう、この時期この地域の学校には農繁休暇って〜のがありました。
農家が田植えで忙しくなる頃、学校はお休みになったんですな。
今のように田植え機とかない時代、一家総出で手植えで田植えをやっていたんですな。
しかも、養蚕も合わせて営んでる農家が多く、なので猫の手も借りたいくらいの忙しさ。
大きな農家では、隣県の新潟からこの時期だけ手植えの出稼ぎを頼んだほど。
梅雨のぱらつくなか、みのかさ被って苗をひとつひとつ手植えする、そんな懐かしい情景が浮かんで来ます。

もうそんな、風情ある情景はこの辺りでは見られなくなっちゃいました。

『ハッピーはしもとギター塾』校長の、ハッシーさんちも大きな農家。
子供の頃のこの時期、ほんと〜に大変だったと聞きます。
そんな、ハッシーさんが自慢のギター愛器を持って来て下さいました。

   『GRECO SA900S』さんです!

日本のGRECO社が、米国Gibson社のセミアコ代表機種 ES-335のコピー製品として作ったモデルであります。
実は、わっしも同機種のギターを持っていて、じゃあ2台を比較してみましょ!
ってことで、今回2台が初めて会うことになりました。

先ずは、2台を並べ正面からパシャ!
c0123295_19502590.jpg

左がわっしので、右のがハッシーさんのSA900Sです。
カラーリングとか含め、な〜んか違う印象の2台ですなぁ。
実は、わっしのSA900Sが『Project Series』というシリーズのモノで
ハッシーさんのSA900Sが『Super Real Series』というシリーズのモノなんですな。
なので、似て非なるもの!同じGibson ES-335のコピー製品なのですが
わっしのSA900が、1959年製を基にコピーして作られ、ハッシーさんのSA900が、1961年製を基にコピーして作られたモノになっています。

2台のSPECを比較してみると
        【わっしのSA900】    【ハッシーさんのSA900】
◆ネック    :メイプル3ピース    :マホガニー1ピース
◆指板     :ローズウッド      :ローズウッド
◆ペグ     :MH804ニッケル     :MH-EGS
◆インレイ   :白蝶貝         :白蝶貝
◆トップ    :カーリーメイプル    :メイプル・マホガニー三層
◆サイド・バック:カーリーメイプル    :スプールス・メイプル三層
◆P.U      :U-4000ニッケルプレート :PU-2
◆フィニッシュ :ラッカー        :ラッカー
と、パーツの違いが見られます。

ボディTOPで見ると、わっしのはタイガーアイ、ハッシーさんのはバーズアイと異なります。
c0123295_19511513.jpg

ボディBACKを見ると、わっしのはボディセンターでブックマッチが確認出来るのですが
ハッシーさんのはそれが確認することが出来ません。(ど〜なってんだろ??)
c0123295_19522369.jpg

互いに、キレイなタイガーアイとバーズアイですねぇ。
c0123295_19523475.jpg

こうして観ると、わっしの方が若干カッタウェイが深く作られているのが分かります。

ヘッドを比べて観ると
c0123295_19531831.jpg

わっしの方がヘッドが細身で若干ロング、これに合わせてロッドカバーもわっしの方がロング。
で、外観を印象づけるアイテムのひとつペグが、わっし:グローバータイプ、ハッシー:クルーソンタイプ。
c0123295_19534619.jpg

ヘッド裏側のシリアルNoから、わっしのは1977年4月製、ハッシーさんのは1980年製が分かります。

最後に、fホール内のネームプレートですが、
c0123295_19541074.jpg

わっしのは、SA900とシリアルNo,が手書き(赤ボールペン)で書かれ、“Sugahara”というサインがあります。
c0123295_19544568.jpg

ハッシーさんのは、SA900とシリアルNo,が手書き(黒ボールペン)で書かれています。

ね!同じ機種のギターなのに、3年間でこんな変化があったんですねぇ。ビックリ!!
2人して、夢中で魅入っちゃいましたぞ。
疲れたぁ〜!!でも、めちゃめちゃ楽しい!!

ハッシーさんのはオリジナル状態ですが、わっしのはPUをメインに電装系をほとんど変更しちゃった。
でもねぇ、ほんといいサウンド出してくれます♪
も〜ほんと手放せない1台ですよね。

また次回、こんな同機種によるジャパン・ヴィンテージ対決やりたいなぁ〜。
ん〜、きっと近々そんなチャンスが訪れそうな予感がしますぞ。
しかも、きっと内容濃いんじゃないかなぁ〜???

さぁ、ギターファンの皆さん、次回のギター対決もお楽しみに!!
んじゃ、まったねぇ〜!!

【おまけ】*当時のカタログです!
c0123295_2074014.jpgc0123295_2074316.jpg



[PR]

by crabcraft | 2012-06-13 20:14 | ◆GUITER'S | Comments(0)


<< シビレタヤツらが集まるんだ!【...      終わったな… >>