ヒノデカニ工房長の『おきらく日記』♫

crabcraft.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 21日

また巡り合えた!!


ブログアップが遅れて、今になって慌ててアップしてる工房長しぶです。
皆さんに撮らせて頂いたお写真、溜まってしまいました。
寒くてねぇ・・そんな、言い訳してられませんよね。
すみません・・・。
心入替え、がんばります!

珍しい車がいらっしゃってくださいました。
サンドベージュ?のボディカラーがお洒落な・・・
c0123295_107823.jpg

   『VW・TYPE-Ⅲ バリアント』さんです。

このクルマは1967年製で、空冷水平対向4気筒1.6Lエンジンを搭載。
VW・TYPE-Ⅲの車両自体が、今ではとっても珍しくなっちゃいましたよね。
そう言えば、当店にいらっしゃるVWもビートルさんがほとんど。
なので、このTYPE-Ⅲさんは当店では初めてのご来店です!!

サイド・ヴューもとってもわっし好みのデザイン。
c0123295_1074965.jpg

エンジンマウントがRR方式のため、リア・サイドにエアー取入れ口のスリットが。
このスリット、サイドのデザイン・アクセントになっていてステキです。

リア・ヴューもシンプルなデザインで、とても好印象なのであります。
c0123295_1081475.jpg

メッキ・バンパーにオーバーライダー、独立リフレクターに、しかもリアウィンカーがこんなに出っ張ってるクルマ、現行生産車には見られなくなっちゃった。
レトロチックで、とっても穏やかでステキなデザインだと思います。

車内のダッシュボードには、3連独立メーター。
c0123295_1084321.jpg

左側から、燃料、スピード、時計と、シンプルにレイアウトされています。
もちろん、全てがアナログメーターです!
きっと、走る事にこれ以上管理するメーターがいらなかったんですよね。
しかも、ウルフスブルグのホーンボタンを持つ、大口径のハンドル。
ノンパワステ時代のハンドル口径はこの大きさじゃなきゃ。
いいじゃないですか!!ステキじゃないですか!!アジがありますよねぇ。

実はオーナーさん、このVW・TYPE-Ⅲ バリアントさんが何と2台目!!
この前のバリアントさん、後から追突されてしまい残念ながらも廃車に・・・。
大好きだったバリアントさんが諦めきれず、とうとうまた1台捜してしまいました。
そして、こんなステキなバリアントさんと、また巡り合う事が出来ました。

ステキなオーナーさんで良かったね!バリアントさん。
ずっと大切に乗ってあげて下さいね!オーナーさん。


ひぇ~、まだまだブログにしてない写真残ってるやんけ!!
早くアップしなくては。
寒いけど、がんばります!!

んじゃ、まったねぇ~!!


[PR]

by crabcraft | 2012-02-21 10:12 | ◆CAR'S | Comments(0)


<< や、や、やっと会えたねぇ!!      シビレタヤツらが集まるんだ!【... >>